Beauty

メイクだけじゃなくて保湿も直したい! 保湿スティックで楽ちん潤いプラス

Beauty
秋冬はお肌が乾燥し、余分な皮脂が大量に分泌される季節です。メイク直し前に保湿することである程度ヨレを防げますが、保湿用アイテムを持ち歩くのが面倒ですし、職場や外出先ではメイク直しに時間をかけられません。そんな女性のお悩みに答えてくれるのが保湿スティックです。これからの季節、化粧ポーチに1本常備しておきたいマストアイテムです。

メイク直し前の保湿って地味に面倒

引用元: https://pixabay.com/ja/

台風が列島を縦断したり、夏の陽気が戻ってきたり、なかなか天気が安定しません。まさに「乙女心と秋の空」です。おまけにブタクサ花粉が飛散していますから、刺激に弱い敏感肌の持ち主には辛い季節です。

肌が乾燥すると表皮の肌細胞が縮んでちりめん小じわができ、メイクのノリが悪くなります。

しかも肌に乗せたコスメが水分を吸収してしまうので、余計に乾燥が酷くなります。乾燥肌が進行すると、表皮を守るために皮脂が大量に分泌され、ヨレや白浮きの原因になります。完全に悪循環です。

午後や夕方からの化粧崩れを防ぐには、メイク直しの前に保湿もしなおす必要があります。

しかし外出先ではあまり化粧直しに時間をかけられません。洗面所を占領するのは迷惑ですし、厚化粧をしているみたいで恥ずかしいです。

リップを塗りなおすように時間をかけず手軽に保湿をしたい。仕事もおしゃれも頑張りたい女性の願いをかなえてくれるのが、保湿スティックです。

保湿スティックなら乾燥している部分にピンポイントで潤いを与えられます。メイクの上から使えるタイプもあるので、トイレに立ったついでに直すこともできます。

関連記事

保湿スティックで潤いもお直し♪

引用元: https://pixabay.com/ja/

メイク後の保湿アイテムといえば、ミスト化粧水が定番です。顔に触れずに化粧水をスプレーできるのでとても便利です。しかし吹きつけた化粧水の吸収に時間がかかると、肌細胞が保持している水分まで奪い取って一緒に蒸発してしまい、かえって乾燥が悪化することもあります。

保湿スティックはリップスティックのようなアイテムです。保湿成分や美容成分が油分とともに練りこまれています。保湿するのと同時に油分で蓋ができるので、ミスト化粧水のように乾燥しません。

メイク直しの下地に

目元や口元をお直しするときはいったんポイントメイクを落としますよね。塗りなおす前に保湿スティックを下地として肌に滑らせましょう。

保湿スティックはオールインワンジェルのようなものです。保湿成分や美容成分を適量の油分で閉じこめられます。

有効成分が乾燥してシワシワになった角質層の隙間に浸透すると、肌細胞が潤ってふっくらし、触り心地もすべらかになります。コンシーラやパウダーを乗せても崩れにくくなります。

メイクの上から潤いプラス

肌が乾燥しているなと感じても、メイク直しに立つ時間が取れないこともあります。そんなときは乾燥している部分にピンポイントで保湿スティックを使いましょう。

保湿スティックの有効成分は微粒子サイズで配合されています。メイクの上からでも角質層の奥深くまで成分が届きます。

軽く塗るだけでお肌の状態が改善され、メイクのノリも持ち直します。力を加えずに塗ればメイクがヨレることもありません。乾燥小じわ対策にぴったりです。

オススメの保湿スティック3選

保湿スティックはリップや口紅とそっくりで持ち歩くのにとても便利です。いつでも取り出してサッと使えます。外出用のメイクポーチには必ず1本入れておきたいスペシャルアイテムといえます。

さまざまなコスメブランドが保湿スティックを開発・販売しています。この記事では特に人気の高い3アイテムをご紹介します。

IPSA ザ・タイムR デイエッセンススティック

引用元: https://www.ipsa.co.jp/

保湿スティックといえばコレ、という人が多いと思います。IPSAの「ザ・タイムR デイエッセンススティック」(9.5g/税込3,132円)です。非常に人気が高く、公式通販ではおひとり様1本限りと購入制限がしかれています。

イプサ独自の技術で、スティックに約65%の保湿成分を配合しています。柔らかいテクスチュアが乾燥肌をふんわり覆い、みるみる潤いが浸透していきます。メイクの上から塗ってもべたつかず、ヨレません。

メイク直し前に塗ると乾燥肌がすべらかになります。長時間メイクがヨレないので、時間が経てば経つほど効果が実感できるでしょう。

関連リンク

MiMC ビオモイスチュアスティック

引用元:https://store.mimc.co.jp/products/detail79.html

自然派コスメファンから圧倒的な支持を受けているのが、MiMCの「ビオモイスチュアスティック」です。2.2gで税込3,564円とやや高価ですが、ホホバオイルやシアバターなどが配合されていて、保湿だけでなく美肌効果も期待できます。

透明なモイスチュアタイプと、ほんのりサーモンピンクのAC&UV(エイジングケア&UVケア)タイプがあります。どちらも界面活性剤や合成着色料は使われていません。

目元や口元の潤いプラスにはモイスチュアを、チーク部分にはAC&UVがオススメです。

関連リンク

GIVANCHY イドラ スパークリング アイ スティック

引用元: https://www.givenchybeauty.com/jp

GIVANCHYの「イドラ スパークリング アイ スティック」(5ml/税込5,292円)は、目元専用の保湿スティックです。上でご紹介した2アイテムと違って、幅広なのが特徴です。

目の周囲は皮膚が薄く、乾燥しやすい特徴があります。アイメイクやPC仕事で負荷もかかります。目元の渇きを自覚したらすぐに塗りましょう。あっという間に潤いが浸透します。目元がふっくらすべすべしていると、とても若々しく見えます。

ひんやりしたテクスチュアは疲れ目も癒してくれます。これ1本でクマや目尻のシワとはサヨナラできそうです。夕方の肌質に差がでるアラサー世代にオススメです。

関連リンク

まとめ! スティックでいつでもどこでも保湿ケア

引用元: https://pixabay.com/ja/

お肌がみずみずしく潤っていると若く見えます。逆にカサカサに乾燥していると実年齢よりもずっと老けて見えます。乾燥はさまざまな肌トラブルの原因にもなります。一日中明るい顔色で過ごすためにも、保湿スティックを持ち歩いて常に潤いを追加しましょう! 乾燥が酷くなる秋冬シーズンも、保湿スティックがあれば思いきりメイクを楽しめます。オススメです。

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします