fbpx
キャッシュレス決済とスマホ
Lifehack

【2019年】平成→令和をまたぐGWは10連休!? ATM利用や支払いに要注意!

キャッシュレス決済とスマホ
Lifehack
新天皇の即位を記念して特別に2019年5月1日は祝日になります。祝日に挟まれた平日も祝日として扱われるため、2019年のゴールデンウィークの休暇は最長で10日間にも及びます。現金派もカード派もATMの稼働日や各種支払日のズレに注意が必要です。

2019年5月1日に新天皇即位

2019年正月の天皇家
引用元:http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/newyear/h31-0101-ph.html

御代替わりまで1ヶ月を切りました。2019年4月30日に今上天皇が退位され、5月1日に新天皇(現在の皇太子殿下)が即位されます。元号は「令和」に決定しました。

今回の御代替わりは「生前退位」ということでお祝いムード一色です。新天皇の即位の儀式が執り行われる5月1日は、今年だけ特別に休日(特例法によるみなし休日)に変更されました。当日は各種儀式が生中継される予定です。

本来の2019年のゴールデンウィークは、4月27日(土)~29日(月)+5月3日(金)~5月6日(月)が休みになる予定でした。3連休+3日勤務+4連休という形です。

5月1日は、連休に挟まれた3日間の平日のど真ん中にあたります。これで、3連休→平日→祝日→平日→4連休という飛び石連休になりました。

さらに「祝日法(国民の祝日に関する法律)」によって、祝日に挟まれている平日は「国民の休日」として扱われます。例えばすでにGW休暇として定着している5月4日は、憲法記念日とこどもの日に挟まれているため毎年休日になっています。

つまり2019年のゴールデンウィークは……

4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(月)昭和の日
4月30日(火)平日→休日
5月01日(水)新天皇即位
5月02日(木)平日→休日
5月03日(金)憲法記念日
5月04日(土)国民の休日
5月05日(日)子どもの日
5月06日(月)振替休日

……という風に10連休となるわけです!

といっても4月30日と5月2日の休日化は強制ではありませんので、飛び石連休になるのか10連休になるのか事前に確認しておきましょう。

日本でこれだけの長期休暇が実現するのは非常に珍しいことです。お出かけ予定の方も、自宅でのんびり過ごす予定の方も、普段のゴールデンウィークよりも医療と金銭関係に注意が必要です。

関連記事

クレカ・電子マネー派もある程度の現金は手元に置くべき?

スマホとクレカ決済
引用元:https://pixabay.com/ja/

皆さんは、日々の買い物の支払いに現金を使っていますか? それともクレジットカードや電子マネーを使っていますか?

いまだに現金派が根強く残る日本ですが、都心部では若い世代を中心にクレカ・電子マネー支払いが急増しています。スマホアプリを使ってお金の流れをすべてデジタルに統一している人もいれば、Suicaのような交通系ICカードと現金を併用している人もいます。

クレカや電子マネーならお会計に時間がかかりませんし、小銭も出ません。利用履歴も残るので家計簿をつける手間も省けます。デジタル機器や数字に強い人は現金より電子マネーを使う方が節約できます。

現金の信頼性と電子マネーの利便性

クレジットカードや電子マネーはメリットしかないように感じられます。実際に世界的にみるとクレカ・電子マネーが多数派になりつつあります。紙幣の物理的な質が低い国や貨幣価値が変動しやすい国の中には、ほぼ完全に電子マネーに置き換わっている国もあるくらいです。

紙幣の質が高く清潔で、貨幣制度と価値が安定している日本では、今のところ電子マネーの「利便性」よりも現金の「信頼性」が上回っている状態です。高齢者が多く、ITや機械に弱い人が多いという事情もあります。

確かに電子マネーはとても便利です。これからの時代を見据えれば使いこなせるようになるべきでしょう。ただし日本に住むなら、金銭の管理をすべて電子マネーやカードに集約するのはハッキリ言って危険です。

インフラが止まると使えなくなる!

日本は非常に災害の多い国です。地震や火山噴火、台風、豪雪など常に自然の脅威にさらされているといっても過言ではありません。

クレカや電子マネー支払いには「電気」が欠かせません。そしてどれだけ対策をしても、災害による停電は防げません。

実際、2018年の北海道地震では大規模な停電が起こり、完全電子マネー派で現金を持っていない人が何も買えないということが話題になりました。

電子マネーやクレカ派の人も、万が一のことを考えて数日暮らせる分の現金は持っておきましょう。1万円札は使いづらいので、1,000円札に両替しておくことをお勧めします。

10連休中、銀行やATMはどうなるの?

ATM
引用元:https://pixabay.com/ja/

連休のたびにお金が下せなくなる人が出ます。コンビニATMのおかげで24時間365日いつでもお金は下せるように錯覚してしまうんですよね。最近はみずほ銀行がシステム切り替えを行っているので、3連休でも油断はできません。

ATMは稼働予定、でも空になる可能性も…

さて、2019年のゴールデンウィークは最大10連休になるため、一般社団法人全国銀行協会からATM利用について注意喚起のお知らせが発表されました。

ネット銀行をのぞいた銀行や信金の営業日は、基本的にカレンダー通りです。つまり窓口業務は10日間ストップするということになります。GW前後は混雑するので銀行に用事がある方は早めに行動しましょう。

ATMは通常の休日と同じように稼働予定だそうですが、現金を引き出す人が多すぎる場合、ATMが物理的に現金切れを起こす可能性があります。口座の残高がいくらあっても、ATMが空ならお金は当然引き出せません。

支払い日や振り込み日がズレるかも!

皆さんの給料日や公共料金・カード等の支払日はいつですか? 月末に集中している方が多いのではないでしょうか。

2019年のGWは4月27日(土)~5月6日(月)の10日間です。この期間に支払日や振込日がある場合、例年より大きく前後にズレる可能性があります。例えば日本学生支援機構の奨学金は通常27日支払いですが、4月分は5月7日(火)です。連休明けの口座残高に注意が必要です。

非正規雇用の方はお給料の振込日も確認しておきましょう。基本的には前倒しで支払われるケースが多いのですが、口座が空になる→カード引き落としに失敗→カードが止まるという最悪の状況も想定しておいた方がいいと思います。

備えあれば憂いなしで嬉しいな!

海辺のバカンス
引用元:https://pixabay.com/ja/

2019年のゴールデンウィークは前代未聞の10連休です! 心置きなく休暇を楽しむためには、事前準備や連休後の心配事をあらかじめ片付けておくべきです。

現金派の方も電子マネー派の方も、ある程度の期間食べていける程度の現金は手元に用意しておきましょう。また銀行やATMが閉まる前に口座の中身を確認してください。

実家に帰省される方も多いと思います。田舎はATMが少なく、電子マネーにも非対応のお店が多いので、普段よりも余分に現金を持っておくと安心です。

関連記事
関連リンク
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします