Beauty

はやめの対処で定着を防ごう! 秋に増えやすい乾燥小じわとは

Beauty
秋は他の季節に比べてファッションの幅が広く、さまざまなおしゃれが楽しめます。しかしお肌の調子が安定せず、普段より目立つ小じわが気になっている人も多いのではないでしょうか。夏は高温多湿な日本ですが、秋冬は同じ国とは思えないくらい乾燥します。乾燥が原因の小じわは、正しいスキンケアと徹底的な保湿で回復させることができます。秋に行うべきスキンケアとエイジングケアについて解説します。

ちりめん小じわが目立って老け見え…

引用元: https://pixabay.com/ja/

日に日に秋が深まりつつあります。日中はほどほどに温かく、朝晩はかなり冷え込みます。ときどき暑さがぶり返すので、服装に悩みますよね。羽織ものが手放せませんね。

おしゃれを楽しむにはお肌のコンディションを整えることも重要です。しかし鏡をのぞくと顔全体がなんだかくすんでいませんか? よく見るとちりめん状の小じわが広がっていて、驚いた方もいるのではないでしょうか。

日本は温帯湿潤気候の中では夏と冬の差が大きい国です。夏は高温多湿ですが、冬はカラカラに乾燥します。

気温が低いほど空気中に含める水分量は減っていきます。気温も湿度もどんどん下がっていく秋は、ものすごいスピードで空気が乾燥していく季節でもあります。

夏に受けたダメージから回復しきっていないお肌は保湿能力が低下しています。夏と同じ保湿ケアでは、秋の乾燥肌を防げません。

関連記事

秋冬にかけて増える乾燥小じわ

引用元: https://pixabay.com/ja/

歳を重ねるにつれしわは増えていきます。お肌や筋肉がたるみますし、表情によってできるしわも次第に取れなくなっていきます。これらはエイジングケアによって多少マシになりますが、いつかは受け入れなくてはいけないしわです。

一方、秋冬になると増加するちりめん状の小じわの大きな原因は乾燥です。20~30代ならまだ回復力が十分にあります。適切なケアをすれば元の若々しいお肌を取り戻せます。

入浴やスキンケアの後に消えるのは乾燥小じわ

年齢が原因のしわは一度できると消えることはほぼありません。しかし乾燥が原因の小じわは、入浴やスキンケアでお肌が一時的に潤うと消えたり目立たなくなったりします。

そのまま水分を保持できればいいのですが、夏のダメージでボロボロになったお肌は保湿力を失っています。保湿を徹底しつつ、お肌のコンディションを整えてあげる必要があります。

水分が失われた肌細胞はしぼむ

乾燥小じわやちりめんじわと呼ばれる細かいしわは、お肌が乾燥すると現れ、保湿すると消えます。

細胞は内部に大量の水分(細胞液)を含んでいます。生まれたばかりの赤ちゃんの細胞は、約50%が水分です。大人になると水分の割合は30~40%程度まで減ります。水分量が50%に近いほど細胞がふっくらと膨らみ、お肌にハリとツヤが生まれます。

細胞が水分を失うと、元のサイズよりもしぼみます。私たちのお肌はたくさんの肌細胞で構成されています。細胞がしぼむと肌の表面が凸凹になり、細かいしわができます。また光をあまり反射できなくなるので、くすんだ印象になります。

皮膚が薄い場所に注意

乾燥が原因の小じわが目立つのは、皮膚が薄い場所です。肌細胞の水分不足の影響が表れやすいからです。

具体的には目尻から下まぶたにかけてや、唇の近くです。上まぶたは下まぶたよりも脂肪が多いので小じわはできにくい傾向にあります。

目元も口の周囲も、たるみしわや表情しわが刻まれやすい場所です。お肌の乾燥を放置するとしわが定着するのが早まります。乾燥小じわが出たら要注意です。

徹底保湿で肌年齢を回復させよう

引用元: https://www.photo-ac.com/

乾燥してしぼんだ肌細胞に水分を与えると、小じわは改善します。しかしお肌の保湿力が低いままだと与えた水分が蒸発し、小じわが復活する上により乾燥が酷くなります。

化粧水で水分を与える

とにもかくにも、乾ききった細胞に水分を与えなくてはいけません。洗顔後のスキンケアは丁寧に行いましょう。

お肌は温まると毛穴が開き、水分や美容成分を吸収しやすくなります。洗顔は必ずぬるま湯で行いましょう。化粧水は手のひらで体温に馴染ませてからつけてください。乾燥が酷い方は収斂タイプの化粧水は避けてくださいね。

美容液で傷んだ細胞を回復させる

保湿成分や、保湿能力を高める成分が配合された美容液でお肌の状態を整えましょう。ビタミンBやビタミンCは、お肌のターンオーバーを促してくれます。

お肌は適量の皮脂で覆われていないとちょっとした刺激でダメージを受けます。シミが増える原因となるので、肌質改善と同時に美白ケアも行いところです。

乳液で蓋をして保湿する

化粧水と美容液の成分が浸透したら、蒸発してしまわないように、乳液を塗って蓋をしましょう。乳液は皮脂と同じ働きをします。水分を長時間閉じ込めておくうちに、肌細胞が本来持つ保湿能力を取り戻すはずです。

身体の内側からも水分補給する

急激に気温が下がるので、自然と水分摂取量が減ります。体内が水分不足になると、肌細胞から水分が奪われます。いくらお肌の外側から保湿をがんばっても、内側が乾いているといつまでたっても乾燥肌が改善しません。

喉が渇きにくく汗もかかないので、秋冬シーズンは水分不足を見落としがちです。意識的に水分を摂るようにしてください。冷たい飲み物は身体を冷やすので、ハーブティーや白湯がおすすめです。

飲み物だけで水分を補うのは難しいので、食事に汁物を増やしましょう。味噌汁や野菜スープを必ず飲むくせをつけると、デトックス効果も得られます。インスタントのスープでもかまいません。

まとめ! 定着する前にはやめのケアを

引用元: https://pixabay.com/ja/

20~30代のお肌は、いま乾燥していたとしても、ケアすれば保湿力を取り戻します。ただ漫然と化粧水をつけるだけでなく、傷ついた肌細胞を回復させるように努めましょう。お肌は約28日周期でターンオーバーします。お肌の内部まで届く保湿ケアで乾燥小じわは解消できます。目元や口元のしわが定着してしまう前に対策して、若々しいお肌を取り戻しましょう!

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします