Lifehack

電車内で足を踏まれてケガをしたときにとるべき対処法まとめ

Lifehack
首都圏の電車はいつ緊急停止するかわかりません。混雑時に揺れでぶつかるのはある程度お互い様でしょう。しかし「お互い様」で済まない時もあります。サンダル履きで晒している素足をピンヒールで踏まれたら、甲に穴があいて血まみれになったり骨折して病院通いする羽目になります。足を踏まれて怪我をしたときの対処法を見ていきましょう。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/ja/

夏の電車って不快指数が高いですよね……みんな汗だくだから、できる限り触れ合いたくないです(苦笑)ただでさえ都心部の電車は混雑しているのに、夏休み期間になると子供たちや旅行客まで乗り込んでくるので、ギュウギュウ詰めになります。

とにかく全員が消耗しているのでしょっちゅう緊急停止ボタンが押されます。一度電車が止まると、別の人まで具合が悪くなって玉突き事故的に遅延が広がっていくこともあります。

緊急停止ボタンはいつ押されるかわかりません。自分が乗っている電車は何事もなくても、緊急停止ボタンが押された場所から半径1km圏内にある電車はすべて強制的にストップします。ターミナル駅に近いほど急ブレーキがかかる確率が高くなります。

急ブレーキがかかって転んだり押されたりという経験は、首都圏で電車通勤をしていれば誰しもあると思います。そういうときにうっかり足を踏む・踏まれるというのもよくあることですよね。

血の気の多い男性同士で、踏んだ踏まないの喧嘩が勃発することもたまにはありますが、ほとんどの人はお互い様の精神で謝りあって終わりでしょう。しかし謝罪だけでは済まない場合があります。ピンヒールで踏まれたときです。

1点に体重が集中するので、どんなに体重が軽い人でも(それこそおませな小中学生程度でも)ヒールは凶器になります。我々女性は加害者にならないよう気を付けなくてはいけませんし、被害者になる場合も想定しなくてはいけません。

ヒールで踏まれて怪我をしてしまったときの対処法を見ていきましょう。

関連記事

怪我の状態を確認し、病院へ行く

引用元: https://pixabay.com/ja/

ヒールの場合、革靴の上から軽く踏まれただけでも爪が割れたり皮膚が裂けたりして血まみれになることがあります。筆者はピンヒールではなくそれなりに幅のあるヒールで踏まれたことがあるのですが、それでも踏まれた爪が全部剥がれて血まみれになりました。素足にピンヒールは正直想像したくないです……。

夏場はサンダル履きで素足をさらしている人が多いので、ヒール靴で踏まれると被害が大きくなります。

ヒールで踏まれたら、まず悲鳴を堪えることは難しいでしょう。足の甲や指をアイスピックでブスッと刺されるようなものです。痛みのあまり血の気が引く人もいると思います。

骨折や腱が切れるなどの重症の場合は救急車を呼んでもらうしかありません。そこまで重症ではない場合は加害者と第三者を交えて怪我の具合を確認しましょう。自分で手当てして済む程度か、駅の医務室行きか、病院行きかを判断します。

加害者を過剰に刺激しないように連絡先を交換する

引用元: https://pixabay.com/ja/

傷の具合を確認したら、加害者と連絡先を交換しましょう。

加害者に踏んだ自覚があって、必死に謝罪してくれたり怪我の手当てをしてくれる場合は後回しでも構いませんが、踏んだ自覚がない場合は加害者には事の重大さが呑み込めない場合があります。

悪気なく「すみませんでした、それじゃあ」と行ってしまいそうな場合は、丁寧な口調で「忙しいときに引き留めて申し訳ないけど、怪我をしていて、病院へ行かなくてはいけないかもしれないので待ってください(連絡先を教えてください)」と呼び止めましょう。

ものすごく痛いので、加害者に当事者意識がないと腹が立つと思いますが、そこで相手を刺激するのは得策ではありません。ヒールは接地面が少ないので本当に踏んだ自覚がない人もいるのです。

痛みで八つ当たりしていると取られないようにふるまえればベストです。

加害者が外国人の場合は少しややこしくなります。相手の国の言葉がわからない場合は周囲に助けをもとめ、駅員や警備員を呼んでもらいましょう。英語が通じる相手なら、話しかけるときの「すみません」は「ソーリー」ではなく「エクスキューズミー」です。

加害者が逃げそうなら捕まえてもらうか通報する

引用元: https://pixabay.com/ja/

残念ながら世の中には非常識な人が大勢います。舌打ちされるくらいならまだマシで、明らかに自分の非がわかっていながら人混みに紛れて逃げる人もいます。

逃げられそうなときは大声で「ケガさせられました、捕まえてください」と助けを呼びましょう。駅ホームには必ず駅員や駅職員がいるので捕まえてもらえる可能性が高いです。

また怪我が重症で話が通じなさそうな相手の場合は、敢えて逃がすのもアリです。下手に絡まれて時間を無駄にするより、一刻も早く応急手当てをして病院に行くべきです。重症の場合は相手のヒールに「証拠」が残りますし、監視カメラもあるので通報して被害届を出しましょう。

最近、ちょっと変な人が多いですよね。「誰でもよかった」系の凶悪犯罪が増えています。無敵の人(家族や友達と縁遠く、お金も仕事もなく、失うものが何もない人)が増えると治安が悪化します。

加害者と話し合うことは大事ですが、明らかに相手がヤバい雰囲気の人なら、命の危険を冒してまで話す必要はありません。

通勤中なら労災を申請する

引用元: https://pixabay.com/ja/

電車の揺れというのは不可抗力です。加害者も故意に踏んだわけではありません。状況によっては加害者にも落ち度が発生しますが、急ブレーキでよろけた場合はどうしようもありません。

常識的な落としどころは加害者と話し合って治療費などを払ってもらうことで示談、という形になるでしょうが、被害者・加害者が通勤中なら「労災」に認定される可能性があります。

労災とは労働災害の略で、勤務中だけでなく通勤中の怪我にも対応しています(通勤災害)。速やかに会社に報告し、労災が下りるか確認しましょう。労災が下りると、治療費や欠勤分のお給料、万が一障害が残った場合の見舞金などがもらえます。

労災がおりれば加害者が払わなくてはいけない治療費なども少なくて済むので、意思疎通がうまくいくよう、最初から加害者を責めすぎないようにしましょう。

逆に自分が加害者になる可能性だってあるんですから、気をつけましょうね。

まとめ

引用元: https://www.photo-ac.com/

いかがでしたか?踏まれた場合は痛みで泣く羽目になりますが、踏んだ側は案外気づかないものです。そのままスルッと電車を降りていってしまいそうになっても、無視しているとは限りません。穏便に加害者に声をかけ状況を説明し、適切な対処を一緒にとってもらいましょう。

venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします