Beauty

目元メイクのお直しは古いメイクを落として保湿からやり直そう!

Beauty
目元はリップと双璧をなす大事なパーツです。一点豪華主義メイクの人は、目元に力を入れることが多いでしょう。アイメイクは顔の印象を大きく左右します。だからこそアイメイクをお直しするときには細心の注意が必要です。夕方以降もしっかり映えるアイメイクの直し方をまとめました。

アイメイクのお直しで華やかに

引用元: https://pixabay.com/ja/

美女の条件とは肌が美しいことです。厚化粧に見えないように美肌を作りこむことは、ナチュラルメイクの基本です。美肌メイクは素顔(と見なされる部分)の偏差値を底上げするためのメイクです。マイナス点を消すのが目的です。

一方、アイメイクは目元に華を添えるメイクです。素の目元を0として、アイメイクを施すことでプラスにしていきます。もし仮にアイメイクが少なくてもマイナスにはなりませんが、人目を引き付ける「目」とその周辺を彩ることで、強い印象を残すことができます。

目力が弱い人にとってアイメイクは欠かせないものです。しかし朝施したアイメイクは、仕事をしているうちに次第によれたり、こすれて落ちたりします。目薬をよく使う人ならにじむこともあるでしょう。

また仕事中は最低限のメイクで過ごして、帰宅前にアイメイクをグレードアップする人もいますよね。夜用のアイメイクは濃いので、仕事中は控えるのが大人の女性としてはスマートです。

昼休憩や夕方以降にアイメイクをお直しするときはどのような点に注意すればいいのか見ていきましょう。

関連記事

ポイントメイクは落としてやり直す

引用元: https://pixabay.com/ja/

顔のパーツの中では、目元はよく動く部位です。瞬きをするのでアイメイクはどんなに強力でも次第に崩れていきます。うっかり目をこすってしまったり、汗をかいたり、目薬を入れたりすると確実にヨレます。

アイラインやアイラッシュがにじむとパンダのようになります。夕方が近づいて目の下にクマができやすくなったうえに、アイメイクが中途半端に取れると、必要以上に疲れて老けて見えます。

きっちりアイメイクをお直しする人も、あっさりアイメイクに付け足す人も、いったんアイメイクを落とした方が、仕上がりが美しくなります。

よれたメイクはしっかり落とす

瞼や目元はよく動くので、乾燥しやすい部位です。特に目のフチに近いほど皮膚が薄いので、ちりめん状の細かいしわができやすくなっています。

朝からつけていたメイクは時間がたつと、乾燥でできた細かいシワに入り込んでしまいます。アイラインなどの濃い色がにじむと肌質の悪化がより目立ちます。

一見酷く崩れていない場合でも、いったん落として一からアイメイクを施した方がノリが良くなります。

メイクを直す前に保湿

アイメイクを落としたらすぐに直すのではなく、保湿タイムを設けましょう。お肌が乾燥するとメイクのノリが悪くなる上に、崩れやすくなります。かさついたお肌にコスメをつけると乾燥が強調され、老けて見えます。

短時間でもいいので保湿タイムを設けることでお肌が回復し、アイメイクがキレイに乗るようになります。

保湿するとメイクが長持ち

肌細胞が乾燥するとお肌の表面がデコボコになります。水分が不足している肌細胞はシワシワにしぼむからです。

目元に限ったことではありませんが、お肌にしっかり水分を与えて保湿してやると、肌がピンと張ります。シワが消え、乾燥を防ぐために大量に分泌されていた皮脂が適切な量に戻ります。皮脂の量が落ち着くと、メイクが崩れにくくなります。

ピンポイントのお直しは綿棒と化粧水・オイルで

引用元: https://pixabay.com/ja/

いったんメイクを落として保湿し、再びアイメイクを施すとなると少し時間がかかります。いつまでも洗面所を独占するのはNGです。マナー的にも問題ですし、周囲の人に厚化粧をしていると思われたら恥ずかしいですよね。

というわけで目元のメイク直しは効率的に行いましょう。

コットンに化粧水やオイルを染み込ませる

目元のメイクで主に直したいのは、アイホールや瞼のフチのアイラインでしょう。眉毛やまつ毛のメイクには触れないように、コットンに化粧水やオイルを染み込ませて一気に拭き取ります。

拭き取った後はコットンを新しくして、軽くコットンパックをします。瞼や目元に潤いを与えている間に、唇や頬のメイクを直しましょう。

アイラインや細かい部分は綿棒で

二重ラインの内側、目のフチに近い部分はアイラインやまつ毛が集中しているので、いったんにじむと修正が難しくなります。綿棒を化粧水につけ、メイクを落としたい部分だけピンポイントでつつくように拭き取りましょう。

ちょっとヨレただけならまつ毛に影響を与えずに汚れが取れます。まつ毛がダマのようになっているときも、綿棒で固まっている部分を溶かしてください。

綿棒を使えばにじみが広範囲に広がるのを防げます。メイク直しセットの中に綿棒は入れておきましょう。100円ショップで売られている安物で十分です。

まとめ:よれたメイクは直さず落とそう

引用元: https://pixabay.com/ja/

アイメイクをいったん落とすことで、メイクのノリが良くなります。やみくもに塗り重ねると厚化粧になるわりに、崩れやすくなるので、古いメイクを落として保湿しなおすことで、薄付きながら華やかなアイメイクができます。瞼の状態をよくすることで、ラメ入りシャドウもキレイについてくれます。目元の疲れやクマも同時にケアできるので、老けた印象になるのを回避できるでしょう。

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします