Beauty

白髪は馴染ませて。パーマとハイライトカラーでナチュラル見せできる

Beauty
白髪は老化現象の一種です。いずれは誰もが白髪になるとはいえ、20代後半や30代前半で白髪を見つけるとやはりショックですよね。白髪染めはもっとも有効な対処法ですが、髪が伸びると生え際の染まっていない部分が目立ってしまいます。白髪染めだけに頼らずに、上手に白髪と付き合っていきたいですね。

アラサーは白髪が頻発しやすいお年頃

引用元: https://www.shutterstock.com/

「最近急に白髪が増えたなぁ」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

ヒトの髪の色はメラニン色素(ユーメラニン、フェオメラニン)の量によって決まります。人種差や個人差が大きいのですが、日本人の多くは黒に近いこげ茶色が地毛です。子どものころはやや色が薄く、栗色に近い人もいます。

年を取るにつれメラニン色素が正常に分泌されなくなり、白髪が増えていきます。一般的に30代ごろから生えはじめ、40代になると程度の差こそあれ白髪があるのは当たり前になります。

おしゃれ染めやパーマで毛根や頭皮にダメージを与える機会が多く、なにかとストレスがかかる現代社会では、20代のうちから白髪に悩まされる人が増えています。日本人の場合、地毛の色が濃いのでたとえ1本でも白髪があると非常に目立ちます。

白髪染めで一時的に隠すことはできます。しかし髪は1ヶ月に1cm程度伸びるので、定期的に染めるのが難しい人は、かえって生え際が目立ってしまいます。

髪型や染め方を変えることで、白髪を自然と地毛に馴染ませられます。白髪染めだけに頼らない白髪隠しを学びましょう。

関連記事

「白髪染め」は何歳から何歳まで?

引用元: https://pixabay.com/ja/

白髪といえばお年寄りを連想しますよね。実際には子供のころから白髪がある人もいるのですが、加齢とともに増えていくものなので、イメージが「老い」と結びついているのは仕方のないことかもしれません。

白髪とはどのような仕組みで増えるのでしょうか。

メラノサイトの働きが低下

髪の毛はタンパク質からできていて、頭皮にある毛根から伸びます。毛根部には「メラノサイト」というメラニン色素を生み出す色素細胞があります。メラノサイトが正常に活動していると、髪は色素で染まって、地毛の色で伸びます。

メラノサイトは様々な理由で働きが悪くなります。最大の原因は加齢です。歳を取るとメラノサイトの働きが自然と低下し、メラニン色素が分泌されなくなり、髪が染まらずに白いまま伸びるようになります。

30~40代になるとメラノサイトの働きが低下するのは当たり前のことです。また遺伝的に若いころから白髪が出やすい人もいます。

ストレスや血行不良も原因に

遺伝以外には、ストレスや血行不良もメラノサイトの働き低下に関わっています。

ストレスがかかり続けると自律神経の働きが悪くなり、メラノサイトの働きも阻害されることがあります。苦労していると白髪が増えるのはこれが原因だと考えられます。

20代後半や30代前半なら、ストレスを取り除くことで再びメラノサイトが活性化することがあります。急に白髪が増えた人は、ストレスの多い生活をしていないか確認してみましょう。わたしも深夜残業が続いた時期に白髪が増えましたが、転職したら元に戻った経験があります。

頭皮が血行不良だと毛根に必要な栄養が行き届きません。頭皮マッサージは白髪防止にも役立ちます。血流が十分でも病気だったりそもそも栄養が不足していたりすると、頭皮に栄養を回す余裕がなくて白髪になってしまうこともあります。

白髪染めを使い始めるとキリがない

白髪が増え始めると白髪染めで対処する人が多いと思います。一度白髪染めをはじめると、伸びた部分が目立つので、ずっと染め続けないと違和感が出ます。

黒髪に白髪が混じっているとだらしない、老けた印象になりますが、ある程度の年齢になると逆に総白髪がかっこよく見えるようになります。極端な例ですが草笛光子さんは2018年現在84歳ですが、きちんとスタイリングされた総白髪がとても素敵ですよね。

将来のことを考えて清潔感を保ちつつ、白髪と上手につきあっていきたいという人も多いのではないでしょうか。

白髪をナチュラルになじませよう

引用元: https://pixabay.com/ja/

ストレスや体調不良が原因の場合をのぞいて、白髪は年とともにどんどん増えていきます。白髪染めをした直後は目立たなくなっても、少し伸びると生え際を中心に逆プリン状態になります。白髪が増えるほど、染めた部分と地毛のギャップが大きくなるでしょう。

最近は自宅で簡単にできる部分染めやヘアマニキュアも販売されていますが、忙しいとメンテナンスが難しくなりますよね。将来のことを考えると、ただ白髪を染めるのではなく、白髪と地毛を自然と馴染ませたほうが楽です。

ハイライトでメリハリをつける

白髪染めをするときは通常のカラーリングと同じように、髪全体を同じ色で染める人が多いと思います。

白髪が増えるとき、一か所に固まって生えることがしばしばあります。その性質を利用して、髪を一色ではなく複数の色で染めましょう。ハイライト(メッシュ)を入れるように、部分ごとに髪色に差をつけると、白髪が増えても目の錯覚で目立ちにくくなります。

ウェービーなスタイルで馴染ませる

髪にパーマをかけてうねらせると、白髪が目立ちにくくなります。ストレートにすると色が揃っていてキューティクルで天使の輪ができていないと「傷んでいる」「ボサボサのまま放置している」という印象が強くなりますが、パーマがかかっていると光の反射が一定ではなくなるので少々の粗なら見えなくなります。

肩より上程度のショート~ミディアムで、パーマとハイライト染めを組み合わせれば、おしゃれなヘアスタイルでありながら白髪をうまくごまかすことができます。髪をアップでまとめるときも、ストレートじゃない方が隠れ白髪が目立ちません。

ボブカットにしてパーマをあてるのは、白髪隠しの観点からみても合理的です。

まとめ! 白髪と上手に付き合おう

引用元: https://pixabay.com/ja/

いかがでしたか? アラサー世代になれば白髪が出てくるのは当然のことです。ましてストレスの多い現代人に若白髪が増えているのは、ある種仕方のないことだと言えるでしょう。もう回復できなくなった白髪とはこの先一生付き合っていくしかありません。

白髪を染めて黒く見せるだけでは限界があります。白髪が目立ちにくい髪型や染め方も組み合わせることで、新しく増えた白髪がナチュラルに馴染み、違和感なくキレイに年を重ねていくことができるでしょう。

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします