fbpx
Beauty

ふんわりスカートとぴったりキャミ! ボーダーとストライプで細見えするのはどっち?

Beauty
ドット模様と並んでボーダーは定番の柄です。たいていの人が似合うので、1枚も持っていないという人は少ないでしょう。ただし2018年の夏シーズンは同じ縞模様でもボーダーではなくストライプが流行しています。ボーダー(横)とストライプ(縦)、どちらが細く見えるのでしょうか?

ボーダー&ストライプは無難で着やすい

引用元: https://pixabay.com/ja/

無地の布だと寂しいけれど、ロゴや記号も微妙。そんなときに便利なのがボーダーとドットです。ボーダーとドットはセンスが皆無でも失敗しにくい万能選手です。特にボーダーは、シマシマの太さと間隔が「普通」のものを持っておけば、多少流行が変わっても違和感なく着られます。

あまりに万能なので、筆者のワードローブはいつの間にかボーダーだらけになってしまいました。家族に「シマウマ」と呼ばれるレベルです(笑)だって、便利なんですもん。ボーダーのトップス+無地のボトムス、時間がないときはこれで決まりです。

小さいドットや小花柄が似合わないこともあって、ボーダー派を貫いているのですが、なんと2018年夏の流行は「ストライプ(縦)」! 残念ながらストライプは1着しか持っていません。

ボーダーとストライプ、同じシマシマの縞模様ですが印象は大きく違います。どちらも便利な柄ですが、一歩間違えると太って見えます。ボーダーとストライプの違いや、細見せのための使い分けをご紹介します。

関連記事

ボーダーとストライプの違いとは

とっても便利なシマシマ模様。そもそもボーダーとストライプはどう違うのでしょうか。

ストライプ:縦じま

引用元: https://pixabay.com/ja/

「ストライプ」はしま模様のことです。2色以上の色でしましまになっているものはすべて「ストライプ」です。そう、横じまも斜めじまも全部ストライプなんです。しかし現代日本では、ストライプ=縦じまで定着しています。

ストライプ柄にも縞模様の太さや色数で様々な種類があります。2018年流行っているのは、シャツの細いストライプと、スカートの大胆なストライプ&繊細なストライプ模様です。

ボーダー:横じま

引用元: https://pixabay.com/ja/

もともとは「フチ」という意味でしたが、いつの間にか日本ではボーダー=横じまとして定着しました。

女子大生の定番だの、ボーダー服女はモテないだのさんざんな言われ方をすることがありますが、それだけ定番の柄ということです。

シャツ&スカートならストライプ(縦)が細見せ

引用元: https://pixabay.com/ja/

2018年春夏シーズンに流行しているのは、丈の長いスカートやワイドパンツです。どちらも身体のラインが出にくいファッションですね。

ストライプは視線を縦に誘導してくれるので、縦のラインを強調できます。具体的に言うと足が長く見えるし、背も高く感じます。そして横幅を短く錯覚するので、身体のラインに沿わずボリュームのある服にはうってつけの柄なんです。

また爽やかなシャーベットカラーが流行していますが、ストライプシャツと相性がいいんです。カラーシャツは色が濃くなるほど着こなしが難しくなりますが、淡いブルーやピンク、ラベンダーやミントグリーンと白のストライプなら、甘さを抑えて女性らしさを演出できます。

ストッキングはボーダー(横)が細見せ

引用元: https://pixabay.com/ja/

ボーダーは横方向に視線を流してくれるので、ストッキングなど身体にぴったり張りつく素材にもってこいです。また胸が大きい人もストライプシャツより、ボーダーシャツのほうが向いています。

ストライプは縦のラインを強調してくれますが、物理的に横に膨張するとしま模様の間隔が広がってしまうので、足が太い人や胸が大きい人はよりドッシリと見えます。ボーダーなら横向きのしま模様の幅が変わらないので、体型を選びません。が、全身に満遍なくふっくらしている人は、ストライプのほうが細く見えます。

まとめ:シーンや体型に合わせたチョイスが重要

引用元: https://pixabay.com/ja/

ボーダー(横じま)にもストライプ(縦じま)にもそれぞれ特徴があり、細見せできるシーンが違うことがわかりました。細いストライプシャツはオフィスカジュアルに取り入れやすいアイテムです。ボーダー派の人もストライプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ほかにも、ボーダーやストライプ以外にも細見せできるファッションはいくつもあります。自分に似合う細見えファッションがみつかるといいですね♡

女性を美しく見せるファッションについての記事はコチラ
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします