fbpx
Beauty

重ね塗りと落として塗り直しどっちがいいの? 食後のリップのお直しのコツとは

Beauty
塗ったときはうるツヤで発色がよかったはずのリップも、食事が終わったころには落ちてしまいます。いっそ全部キレイに落ちてくれればいいのに、中途半端にまだらになるからみっともないですよね。食後にリップをお直しするときのコツをまとめました。

リップのお直しは素早さ重視で

引用元: https://pixabay.com/ja/

私たちの生活に関わる様々なものが年々改良を加えられていますが、コスメも毎年進化しているものの1つです。

よりお肌に優しく、より発色がよく、より使い勝手がいいもの。消費者のニーズにこたえるためにコスメ開発会社は日夜研究を続けています。その結果、現代のリップメイクはただ口紅を塗るだけではなくなりました。

2018年に発売されているリップ(口紅)はどれも昔に比べるとずっと落ちにくくなっています。お茶の一杯ぐらいではびくともしない商品もあります。しかしやはりしっかりとした食事をすれば落ちてしまいます。

落ちにくくなった分、中途半端にはげやすくなった最近のリップメイク。食事が終わったら手早くお直しするのがデキる女のたしなみというもの。

この記事では午後からも唇を明るく演出してくれるリップメイクのお直しのコツをご紹介します。

関連記事

なぜリップメイクは落ちるのか

引用元: https://pixabay.com/ja/

どうしてリップメイクは落ちやすいのでしょうか。「食事をするからに決まってるじゃん」とおっしゃるかもしれませんね。でも、最近はプールに入るときにも使える強力なスポーツ用ウォータープルーフ日焼け止めが売られているんですから、リップメイクだってもっと強力になれそうだと思いませんか?

リップメイクというのは唇に施すメイクを総称したものです。私たちの母親世代が若かったころは、口紅ぐらいしかありませんでした。私たちが子供のころ~10代のころには、唇がツヤツヤになるリップグロスや、ほんのり色づくリップクリームがたくさん発売されました。

そして2018年現在口紅やリップはさらに進化し、唇そのものを染める「ティント」タイプや、重ね塗り前提のアイテム、チークやシャドウと兼用できるリップ、質感もマットからラメ入りまで好みに合わせていくらでも選べるようになりました。

コスメの進化の中で確実に口紅は落ちにくくなっています。最新のアイテムでは油分の少ない食事1回分なら、色がほんのり薄くなる程度のものもあります。

しかしそもそも口紅は食事や唾液に触れると落ちなくてはいけないものなのです。お肌に直接つけるコスメ類はどれも、体内に入っても問題のない成分で作られています。

口紅をつける唇は周囲のお肌にくらべて表面の皮が非常に薄く、コスメ成分の影響を受けやすいです。簡単に落ちすぎるのも困りますが、ある程度簡単に落とせるものでないと唇の表面がボロボロに荒れてしまいます。

唾液も消化液の一部です。胃液ほど劇的な作用はありませんが、唾液だって食べ物を消化する手助けをしています。体内に入っても問題ない、つまり食べても問題のない口紅と唾液が触れ合えば、溶かしてしまうのは当然のことと言えるでしょう。

素の唇を回復させるためにもワセリンですべて落とす

引用元: http://www.vaseline.jp/

午後になるとなんとなく顔がくすんで見えると感じている人は多いと思います。それは気のせいではありません。メイクをする前(したばかり)の顔色と、午後をすぎたころでは素のお肌の透明感が全然違うんです。

働く女性のお肌にとって、オフィスの環境は厳しいものです。エアコンで身体が冷えると血行不良になり、老廃物が溜まるにつれて顔色がくすみます。またお肌が乾燥すると細胞がシワシワになり肌理が荒くなります。さらに汗や皮脂など表皮から分泌されたものが酸化するのもお肌のくすみの原因です。

唇だって例外ではありません。いくらリップで色をつけるといっても、地の唇が黒っぽい紫になっていては色が映えません。2018年はマットよりも透明感や潤いが重視されるから余計にそうです。薄付きタイプのリップを決めるには、保湿して唇の色つやを取り戻さなくてはいけません。

食後のメイク直しは保湿をするいいチャンスです。ワセリンを指に取り、唇をマッサージするように撫でてリップメイクを一度すべて落としましょう。すべて落として血色がよくなってから、改めてリップを塗りなおすと朝と同じ鮮やかな色味を取り戻します。

重ね塗りしやすいお直し用のリップを持つ

引用元: https://pixabay.com/ja/

リップメイクを一度すべて落とすとなると、メイク直しに余分に時間がかかってしまいます。すべて落とさなくても急いでいるときはサッと手早く直してしまいたいですよね。

従来、チークやシャドウは粉タイプが主流でしたが、最近は練りチークのようなクリームタイプのコスメも増えつつあります。

そうすると1本で、アイシャドウ・チーク・リップの3ヶ所で使いまわせる、スティックタイプのコスメの人気も高まっています。3ヶ所とも1本で同じ色を乗せる人は少ないと思いますが、チークとリップ、シャドウとチーク、シャドウとリップのように2ヶ所に使いまわすには便利です。

持ち歩くコスメが限られているほど出したりしまったりの時間が短縮できるので、メイク直しも早く終わります。お直しだけならしっかり顔を作りこむ必要がないので、ほんのり色をつけるための使いまわしリップを持ち歩くのをオススメします。

下地はティントタイプでしっかり着色

引用元: https://pixabay.com/ja/

落ちにくいコスメの中で最も進化しているのが、「ティント」タイプの口紅(リップ)でしょう。

口紅とは唇に乗せる紅のことです。唇を被膜で覆うことで発色していました。しかしティントタイプは根本的に考え方が違います。唇を覆うのではなく、塗った染料が唇に浸透して染まるのです。

唇が荒れにくい人はぜひティントタイプの口紅(リップ)を使ってみてください。ティントタイプ1本だけでもかまいませんが、塗り重ねるとより唇の色が長持ちします。

朝のメイクでリップの下地にティントを使っていると、たとえ食後でもティントで染まった色味が残っているので軽くリップグロスを重ねるだけで塗りたての輝きやツヤを取り戻すことができます。

結論! 横着は厳禁

引用元: https://pixabay.com/ja/

リップメイクが時間の経過や食事などで落ちるのは仕方のないことです。中途半端な状態で塗りなおすのではなく、いったん全部落とすことで唇が潤い、縦シワも目立ったなくなります。ティントタイプも利用すれば帰宅するまでツヤツヤの美しい唇をキープできるでしょう!

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします