fbpx
Love

ホワイトデーは可愛くおねだり!人気のお返しランキングTOP3

Love
ホワイトデーにはお返しを期待してしまいますよね。相手にお任せで楽しみに待つのもいいけれど、欲しいものをリクエストしたほうがお互いに幸せになれるかもしれません。ホワイトデーに人気のお返しをランキング形式でまとめました。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
もうすぐホワイトデーです。お返し目当てでチョコを渡したわけではありませんが、少しも期待していないといえば嘘になります。果たして男性陣はホワイトデーにお返しをしてくれるのでしょうか!?

多くの男性にとって、女性が喜びそうなプレゼントを選ぶのは至難の技だと思います。中にはこちらが驚くほど素敵なプレゼントを準備してくれる男性もいますが圧倒的に少数派です。わたしたち女性が「男のロマン」をなかなか理解できないように、男性が「乙女心」を理解するのもまた難しいようです。

微妙なものをもらって気まずい作り笑いを浮かべるくらいなら、潔く女性の方からおねだりしてしまった方が賢明です。男性だってせっかく贈るなら喜んでほしいと思っているはずです。しかし、いざおねだりしようとしても「欲しいものがいまいち思い浮かばない…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、大手通販サイトなどで「ホワイトデーで人気のお返し」として掲載されているアイテムを元に、おねだりしたいプレゼントをランキング形式で解説していきます。世の女性達が望むお返しのTOP3と絡めて、ありそうでなかったお返しも併せてご紹介していきます。

第3位:チョコレート

引用元: https://pixabay.com/
「え?チョコレートってバレンタインのものじゃないの」と思ってしまいそうですが、バレンタインの時期に「自分用」と称して高級チョコを買ったことのある女子なら「ホワイトデーで再度チョコが楽しめる」という至福のチョイスに胸が躍るはず。

大手通販サイトの「楽天市場」では「ホワイトデーのお返し特集」として、マシュマロやフィナンシェなどとともにさまざまなチョコレートを紹介しています。実際、ホワイトデー向けに女性をターゲットにしたチョコレートの企画も年々増えています。ゴディバやジャンポールエヴァンといった高級老舗パティスリーも、ホワイトデーにむけて限定チョコレートを販売しています。

もしあなたが「スイーツなら、マシュマロやクッキーよりも断然チョコ!」と思うチョコ派なら、ホワイトデーのお返しには早めに欲しいチョコレートをアピールしておくとよいでしょう。

第2位:旅行・お出かけ

引用元: https://pixabay.com/
旅行総合サイトを運営する「エクスペディア・ジャパン」が20~30代の女性200人を対象に行ったホワイトデーに関するアンケートでは、「欲しいのに貰えていないプレゼント」に「旅行・ホテル宿泊」と「レストランでの食事」が同率2位にランクインしています。

この「欲しいのに貰えていない」というキーワードが気になりませんか?単純にスイーツや雑貨よりも貰える頻度が少ないという理由も考えられますが、手間や手配が必要なプレゼントは「欲しくても言い出しにくい」という女性側の気持ちも反映されていそうです。

おねだりできるプレゼントは、何もモノだけとは限りません。温泉やテーマパーク、パワースポットに予約が必要なレストランなど、たまには思い出に残る旅行やお出かけを選んでみてはいかがでしょうか。

縁結びの神社をお参りしてお守りを買ったり、テーマパークに行ってお揃いのマスコットやキーホルダーをお土産にするのもおすすめです。パワースポットやホテルからの夜景など、特別な場所で写真を撮れば思い出をデジタルデータで残すこともできます。SNS映えと思い出作りを意識するなら、ホワイトデーのお返しはお出かけ1択かもしれませんね。

第1位:アクセサリー

引用元: https://pixabay.com/
ホワイトデーに欲しいお返しランキングの第1位はやはり不動のアイテム、アクセサリーでした。株式会社カカクコムが全国2,400人以上の女性を対象に行った「女性が欲しいホワイトデープレゼントランキング」でアクセサリーは堂々の1位、先に挙げたエクスペディアジャパンの調査でも「アクセサリーや雑貨」として1位に輝いています。

ネックレスやブレスレット、指輪など、身につけられるアクセサリー好きな人からもらうのはとても嬉しいものです。いつでも一緒にいられるような気がしますし、守ってもらえる安心感のようなものも感じます。しかし長年交際していて既に色々もらっているカップルや、男友達にはおねだりしにくいアイテムでもありますね。
引用元: https://pixabay.com/
広い意味でのアクセサリーといえるネイルアートやヘアサロンの施術代をプレゼントしてもらうのもおすすめです。普段はなかなかできないオプションやヘアカラーをプラスしてもらえばアクセサリー以上に気分も上がり、美しさもアップして男性陣のテンションも上がるかもしれません。

男性側の気持ちを重視するなら、ゴテゴテしていない薄いピンク系のネイルや、明る過ぎないブラウンのヘアカラーといった上品で男性ウケする仕上がりを選ぶとよいでしょう。「施術代を出した」という、男性にとっては少し無機質な感のあるお返しを「俺が彼女を美しくしてあげた」「俺の彼女は最高に美人」という満足感や優越感に変える効果が期待できます。

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
お返しする気もない男性がいることを考えると、ホワイトデーを覚えていてくれるだけでも嬉しいですよね。お互いが気持ちよくすごすためにもカレの思いやりに感謝しつつ、相手の余裕も考えつつ可愛くおねだりしてみてくださいね。

<参考サイト>
White Day特集(楽天市場)
ホワイトデー特集2018:人気のお返し・プレゼントランキング(価格.com)
欲しいのに貰えないTOP3は「アクセサリー」「ホテル宿泊」「食事」 「ホワイトデー」に関する意識調査を発表(エクスペディア・ジャパン)
木村紫
ライター
木村紫(きむら・むらさき)
貿易業務、ゴスペルシンガーなどを経て、現在はライターとしても活動するナチュラル系バツイチ。得意ジャンルは恋愛・健康・ビジネス・受験やライフハックなど。ダメな人への優しいまなざしに定評がある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします