Beauty

お尻はニキビができやすい場所?ニキビの種類と原因を知って正しく治そう!

Beauty
ニキビは女性の大敵。顔などの見える場所に出来るのもショックですが、お尻などの見えない場所でも座った時に感じる違和感は何とも言えませんよね。実はお尻は、にきびが非常に出来やすい場所なんです!今回は、お尻にできるニキビの種類と原因についてご紹介していきます。

ニキビはお尻にもできる!

image01
引用元:http://www.youpark-forest.com/lesson.html
ニキビと聞くと、どこを想像しますか?代表的なのはやはり顔ではないでしょうか?顔にニキビができてしまうとメイクで隠すのも難しいので、イライラしてしまいますよね。

しかし、ニキビは顔にしかできないというわけではありません。むしろ全身のどこに出来てもおかしくないんです!

お尻にぷちっとできものが出来てしまって焦ってしまっている人も多いかと思いますが、それはお尻ニキビかもしれません。

実はお尻はニキビの出来る原因が沢山詰まった部位と言われているんです。今回はお尻ニキビの種類とその原因についてご紹介していきます。

お尻ニキビができる原因はこんなにある!

image09
引用元:http://motekawaii.com/archives/511
お尻に突然できた小さいニキビのようなもの。

「えっどうして!?」と驚いてしまうかもしれませんが、お尻は実はニキビのできやすい環境なんです。

他の場所にニキビができていなくても、お尻だからこそできてしまう原因も存在します。
それではまず、ニキビができてしまう原因をご紹介していきましょう!

蒸れが原因に

image05
引用元:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161018-55345149-tokyods
デスクワークが多い人などはお尻ニキビが発生しやすいと言われています。その理由は「蒸れ」。

お尻は汗をかいて非常に蒸れやすい場所なんです!

ニキビにならなくても、近年ではこのお尻の蒸れが気になって通気性の良いチェアークッションを購入する女性も少なくない程、お尻は誰もが悩んでしまうくらい蒸れやすい場所なんですね。

元々蒸れやすい場所ではありますが、原因はそれだけではありません。

通気性の悪いポリエステル繊維を使用した下着を身に着けている事や、汗をかいてもすぐに拭けない事、生理中のナプキンを身に着けている事などからお尻と衣類の間では湿度が非常に上がってしまい、結果お尻ニキビができやすい環境になってしまっている事が多いんです!

脇の下と違って、常に清潔でいる事が難しい部位だからこそニキビができやすく、更に悪化しやすいと言われています。

血行の状態が悪いとニキビができやすい

image16
引用元:http://free-photos.gatag.net/tag/pc-%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3
長時間座っている事が多い場合は蒸れだけでなく血行の悪化が原因でニキビができやすくなってしまっている事もあります。

座っている時はお尻に体重をかけている状態になるので、血行が悪くなりがちです。

ニキビは血行の悪い場所にできやすいので、定期的にお尻を圧迫から解放してあげる必要があります。

長時間座っているだけでなく、キツい下着を身に着けている事も血行を悪くする原因になるので、程よいフィット感の物を選びサイズの小さい下着はなるべく避けるようにしましょう。

また心が緊張状態だと血流を悪くしてしまうので、なるべくリラックスするように心がけると良いですね。

摩擦や刺激もお尻ニキビの原因!

image03
引用元:http://lbr-japan.com/2014/06/30/47308/
お尻は体のどの場所よりも常に衣類などの布とぴったり接触しています。

そういった布などの接触により摩擦や刺激を受けてしまうと、ニキビの原因になってしまうと言われています。

特にお尻は他の部位に比べてケアを怠ってしまいがち。その為乾燥していてもなかなか気づきにくい場所です。

お肌が乾燥していると摩擦などのダメージを大きく受けやすくなり、角質が分厚くなってしまうので同時に毛穴も小さくなってしまいます。

そうなるとすぐに毛穴詰まってしまうので、そうなった状態はまさに「ニキビができやすい環境」と言えます。

そうならない為にも、保湿をしっかりしてあげる事が大事ですね!保湿の他にも、スキニーパンツなどのぴったりしたボトムスの着用を控えると尚良いでしょう。

痛いお尻のできものはニキビじゃない事も

image15>
引用元:http://lar-japan.com/archives/19785
お尻はニキビの出来やすい場所だと先述しましたが、痛みの伴うお尻ニキビの場合は注意が必要です。今悩んでいる痛いお尻ニキビは、もしかしたらニキビではないかもしれません。

次に、痛みを伴うお尻のできものと対処法をご紹介します。

赤ニキビ

image17
引用元:http://otona-jyoshi.jp/articles/dLgC8
赤ニキビとは、出来始めの皮脂や汚れが詰まった白ニキビなどが悪化して炎症が起きてしまっているものを指します。
炎症が起きてしまうと、痛みやかゆみが発生し辛いのが特徴です。

更に先述した通り、お尻は非常に蒸れやすく座る事で圧迫から逃れられない為、悪化しやすく治りにくいのも特徴です。

痛くて気になるかと思いますが、絶対に潰してはいけません。潰してしまった場合、炎症がひどくなったり治癒が遅くなったり跡に残ってしまう可能性があります。

なるべく触らず、清潔に保ち、早めに専門医に相談するようにしてくださいね。

粉瘤(アテローム)

image21
引用元:http://www.biranger.jp/archives/151229
赤ニキビの他に、痛みを伴うできものとしては粉瘤が挙げられます。

これは良性の腫瘍で、本来なら痛む事はありません。もしも気にならないようならそのままにしていても問題ないできものです。

しかし、この粉瘤は一度炎症を起こしてしまうとひどい痛みを伴う事もあるので、あまりにも痛みがひどい場合やできものが大きく感じる場合は、粉瘤の可能性がある事を疑いましょう。

粉瘤は全身どこにでもできる可能性があり、主に顔や頭、背中、脇の下、お尻に出来やすいと言われています。

出来てしまう原因は現在でも詳しくわかっていないようですが、粉瘤は何らかの原因で皮膚の下に袋ができてしまいその中に角質や皮脂がたまっていく事でしこりのようになった状態を指します。

この粉瘤はしこりの真ん中辺りに小さい黒い点のようなものがあるのが特徴で、この点は皮膚にあいた小さな穴です。

この粉瘤が座るなどして強く圧迫された時に、中に溜まっていたものが出て来る事があります。そしてこの小さな穴に細菌が入り込んでしまった時炎症を起こし痛みを伴います。

痛みがある状態を放っておくと更に痛みが増してしまう可能性があるので、早めに専門医に相談するようにしましょう。

改善が見られない場合は皮膚科へ

image20
http://saras-media.com/86196
お尻ニキビやニキビ跡が一向に直らない場合は、皮膚科で検診を受けることをおすすめします。ニキビの専門家に治療してもらうことで治りも早くなりますし、正しい対策法なども教えてもらうことができます。

すぐに治したい場合や治らなくて悩んでいる人は、一度、皮膚科へ足を運んでみましょう。

まとめ

image11
引用元:http://hada-karte.com/archives/1384
今回はお尻にニキビができてしまう原因についてご紹介しました。

顔ニキビなどは話題になりやすいですが、お尻ニキビってなんだか恥ずかしくてなかなか相談できませんよね。

しかし、実際お尻ニキビに悩んでいる女性は非常に多いんです!

どんな人でもお尻ニキビのできやすい環境を作りがちなので、「自分だけ…」と悩む必要はありません。

痛みが伴う場合は炎症になってしまっている可能性がありますが、特別大きな病気というわけではないので怖がらずに専門医に相談してくださいね。

原因をなるべく排除して、美尻を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします