fbpx
笑顔の女性01
Beauty

私の頬、垂れすぎ…!? 鼻と頬骨、顎を結んだハートマークで老け顔回避♡

笑顔の女性01
Beauty
シワの有無は顔の印象を大きく変えます。加齢に伴い、シワは誰にでも増えていくものですが、PC・スマホの使用時間が多い現代人は表情筋が衰えやすく、まだ若い20代~30代の方でも突然頬肉が垂れてほうれい線ができてしまうことがあります。理想的な頬肉の位置を知って、表情筋を鍛えましょう!

ショック! 気付かないうちに垂れる頬肉

帽子をかぶった笑顔の女性
引用元:https://pixabay.com/ja/

お肌の曲がり角は20代後半に訪れますが、その年齢になったからといって急激に老け込むわけではありません。老化していることは確実ですが、肌質の違いがはっきり浮き彫りになるのは若い女の子と並んだときくらいでしょう。

一方、同じ老化現象でも表情筋の衰えは、誰かと比較しなくても明らかにわかります。特に頬肉が垂れてほうれい線やマリオネットラインができると、一気に老けて見えます。

現代の大人は紫外線にさらされる機会が減ったので、20世紀以前の大人に比べるとずっと若々しい見た目をしています。しかしデスクワークの増加やスマホの登場によって表情筋は衰えやすくなっています。

油断していると20代や30代でも頬肉は容赦なく垂れます。

肌のハリが失われていく30代以降は、一度シワができると回復が難しくあっという間に定着してしまいます。つまり日頃から頬肉を鍛えて、ほうれい線を作らない・深くしないことが大切です。

老け顔にならないために、理想的な頬の位置を学びましょう!

関連記事

顔の中に潜むハートマークが目印!

鼻・頬骨・顎を結ぶとハートマークに
引用元:https://pixabay.com/

ほうれい線は厳密にはシワではなく頬の境目なので、若い人でも笑ったり大きく口を動かしたりすると現れます。若いうちは真顔になれば目立ちませんが、中年に差し掛かるころには定着して非常に目立つようになります。

頬肉が垂れるとブルドッグ顔に!

加齢とともに頬肉が垂れると、頬の境目に肉が食い込んでほうれい線が強調されます。その状態が続くと、ほうれい線は深く顔に刻まれていきます。

表情筋が衰えるのは頬肉だけではありません。口の周囲が衰えると、口の端が下がってへの字になり、口の端から顎に向かって「マリオネットライン」というシワができます。ほうれい線は若くても痩せていれば目立ちますが、マリオネットラインは本当に年を取った証拠です。

頬肉と口周囲の肉が支えられなくなると際限なく垂れて、まるでブルドッグのような顔になってしまうこともあります。ぽっちゃりしていて頬肉も分厚い人は、痩せている人よりも将来ブルドッグ顔になりやすいので注意が必要です。

鼻と左右の頬骨と顎を結んでみよう

それでは頬肉が本来あるべき位置とはどの辺りなのでしょうか。顔の中に隠れているハートマークを探してみましょう。

頬骨は鼻の頭よりも高い位置にありますよね。鼻の頭と左右の頬の高い部分、そして顎を結んでみてください。頬骨の位置に頬肉があればキレイなハートマークになるはずです。頬肉が下がるとこのハートマークが崩れてしまいます。

笑顔を作ったときに、ハートマークの左右(頬肉の位置)が大きく変わる人は、オバサン顔予備軍です。ほうれい線が深く定着する前に表情筋を鍛えて頬肉をしっかりキープしなおしてください。

表情筋を鍛えてハート型の若見え顔をキープ♡

大きく口を開ける女性
引用元:https://pixabay.com/

表情筋は目や口元の筋肉と深いつながりがあります。表情筋が衰えるということは、まぶたや唇を動かす力も衰えているということです。

頬肉=口を動かすための筋肉と心得るべし

話したり食事したりするとき、口とその周辺はとても複雑に動いています。高齢者がなんでもないときに噎せたり、飲み込むのが難しくなったりするのは、噛む力、舌を動かす力、飲み込む力が著しく低下するからです。

筋肉というのは相互に関わり合っていますから、口の動きをよくするためには口周囲だけでなく隣接している頬の筋肉も鍛えなくてはいけません。逆に普段から口をよく動かしていると、頬の筋肉も自然と鍛えられます。

現代人は常にスマホをそばに置いて生活しています。コミュニケーションの主体が、声に出しての会話から、ネット越しの文章のやりとりに変化しました。またスマホを見ているときは(多少笑うことはあるにしても)基本的に無表情です。

そのため若くして顔全体の筋力が低下する傾向にあります。

いつもニコニコ♡運気と若さを呼び込もう

そうは言っても「おしゃべりな人だ」と思われずに会話量を増やすのは難しいですよね。マスクをつけたままでも構いませんので、隙間時間に口を思い切り「あ」「え」「い」「お」「う」の形に動かすトレーニングをしましょう。

口を閉じた状態で唇の裏側を舌でぐるりと舐める運動も効果的です。左右10回ずつが目安です。

積極的なトレーニングも大事ですが、日ごろからできることがあります。意識して「笑顔」を作ることです。唇の両端を上げ、歯を見せないよう上品に笑ってみてください。微笑みをキープするのは案外難しいですよね……。しかし笑顔で口の左右を鍛えることで、マリオネットラインができにくくなります。

しかも笑顔は周囲の人からの印象がよくなります。「笑う門には福来る」ということわざは、いつもニコニコしていて明るい人ほど好かれやすく、性格のいい人が集まってきて、結果的にいいことが起こりやすくなるということを表しています。

また脳みそは単純なので、笑顔を浮かべているとだんだん「いま自分は楽しいんだ」と誤解してくれます。笑顔を作ると考え方もつられてポジティブになるのです。

笑顔キープなら場所を選べずいつでもできます。笑顔が苦手な方や恥ずかしがりの方は自宅だけでも試してみてください。

要ダイエット! 余分な肉は頬垂れの原因

生まれつき頬骨が出ていてやせ型の人は、若い頃からほうれい線が目立ちます。しかし大人になってから一気に老けて見えやすいのは、垂れる肉がたっぷりあるぽっちゃりさんです。

なぜ童顔の人は急に老けるの? 実年齢よりも若く見えるからシワが目立つ」でもご紹介したように、若い間はお肉がたっぷりついていてもお肌にハリがあって、正しい位置に頬肉がパツンとはりついているので問題ありません。

しかし必要以上に頬肉が分厚いと、加齢とともに衰えていく表情筋では支えきれなくなって、ある時期を境に急にズシっと垂れてしまいます。二重顎になっている方は黄色信号です。筋肉が支えきれなくなる前に痩せましょう。

普段から気を付ければ急な老化は防げます

白い服の若い女性
引用元:https://pixabay.com/

生きている限り誰でも歳を取ります。加齢は悪いことではありません。老化も自然現象です。しかし無表情でほとんどしゃべらずに過ごしていると、実年齢以上に老け込んでしまいます。せっかくならキレイに歳を取りたいですよね。

年齢が上がるほど身体を鍛えるのは難しくなっていきます。20代や30代のうちに頬肉の垂れやほうれい線対策をしておけば、本当に歳を取ってからの生活が楽になりますよ。

美容と健康を維持するために、笑顔で生活することを心掛けましょう。

関連記事
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします