fbpx
Lifehack

【2018年】満開が間近に迫る!中目黒のお花見情報(3月23日)

Lifehack
急激に気温が上がったため、桜の満開日が早まりました。都内は24日~25日ごろの予定です。本記事では非常に人気の高い目黒川(中目黒)の桜の開花状況や、出店をご紹介します。

はじめに

3月17日に東京の桜が開花宣言されました。それから6日経った今日、3月23日。目黒川沿いの桜はまもなく満開を迎えようとしています。上の写真は、大橋ジャンクションの隣から、中目黒方面へ下る目黒川を撮影したものです。

桜の下を歩く

中目黒駅そばの東急ストア裏手で撮影しました。この辺りは夜遅くまで明るいので、池尻(上流)側よりも満開に近いです。2017年、中目黒高架下に多数の飲食店がオープンしました。目黒川でお花見散歩を楽しんだあとに立ち寄るのも楽しいでしょう。

撮影禁止だったのですが、東急ストア前にロバの花売りがいました。湘南の方から出張してきたそうで、ロバの背にたくさんの花を乗せていました。こんな都会のど真ん中でロバを見るとは思いませんでした。

橋は絶好の撮影スポット

目黒川にはたくさんの橋がかかっています。橋は絶好の桜撮影ポイントです。自撮りをしている人が多いです。セルフィー棒を使うときは周囲に気を付けてください。また歩行者天国ではないので、警備員の指示に従って、車が通るときは道をあけるようにしましょう。

目黒川沿いの桜は川に向かって枝が伸びています。橋から写真を撮ると、桜が自分より下に写ります。桜のトンネルが美しいです。
橋の中で特に人気なのが、この赤い橋。「中の橋」という名前です。よくドラマなどのロケに使われているので、目にしたことがある方も多いと思います。ドン・キホーテのある交差点よりさらに一つ上流側の橋です。

ソメイヨシノ以外もあります

ソメイヨシノやヤマザクラ以外にも、この写真のような珍しい桜もところどころに植えられています。こちらはオーパスブリッジ(大橋ジャンクション)のすぐ近くにあります。池尻大橋駅から徒歩5分くらいでしょうか。

フルーツ入りワイン・サングリアが相変わらず人気

中目黒からドン・キホーテのあたりまでは左右に多くの屋台が展開されます。すべて目黒川沿いの店舗が出店しているものです。目黒区青葉台という土地柄でしょうか、アルコールを提供する屋台が目立ちます。

しかも「お祭りの屋台」から想像されるような、ビールや発泡酒ではありません。ほとんどがワインやシャンパンです。特にここ数年は、サングリアやイチゴ入りのスパークリングワインが人気だったのですが、今年はさらにパワーアップしました。
去年までははイチゴ一強で、複数のフルーツといえばサングリアぐらいしかみなかったのですが、2018年はイチゴ以外のフルーツを揃えている屋台ばかりです。わたしは毎年目黒川でお花見をしているのですが、この数年で、アルコールのおしゃれ度がインフレしています(値段も…笑)。
ちなみに店舗によっては、コーラやジンジャーエールなどのノンアルコール飲料を注いで貰うこともできます。取材中なので今日はジンジャーエールで我慢…美味しかったです!

ちなみにこちらは、「Helianthus」(ヘリアンタス)というベビー用アパレルショップで買いました。キッズカフェが併設されているお店で、子連れのお母さんが息抜きできます。妊娠している人でもおしゃれな飲み物が楽しめる配慮が嬉しいですね。

屋台の種類はさまざま

本格的な出店はおそらく週末以降なのでしょう。まだ今日は屋台の数が少なかったのですが、それでも異国情緒あふれる店舗や、自然派食品店などがオープンしていました。作り立てのケバブサンド、とても美味しいです。

目黒川の近くには外国の大使館があるので、自然と外国風の屋台が多くなっています。
こちらは準備をしながらオープンしています。子供連れの家族が楽しめるスペースですね。やきいもも気になりますが、紫色のバンで販売されているどんぐりクッキーが気になります…あく抜きをすれば食べれるそうですが…本格的にオープンしたら食べに行こうと思います。

お気に入りの牛串屋さんはまだ準備中でした。インド料理や東南アジア系の料理、韓国料理のお店も並んでいます。普段は食べられないものに惹かれます。
ハイカラすぎる屋台だけでなく、昔ながらの粉物系屋台もちゃんとありますよ!
花より団子というわけで、お花見団子やみたらし団子、五平餅なども売られています。

まとめ

駆け足で紹介しましたがいかがでしょうか?食べ物の写真が多すぎるって?目黒川に出かければ、誰でもあの屋台の引力に負けると思いますよ(笑)今日は昼間に行ったのでライトアップは見れませんでしたが、日が暮れてから21時まではずっと提灯に灯りがともっています。会社帰りに立ち寄る人もたくさんいます。目黒川(中目黒)は一生に一度は遊びにいきたい、素晴らしいお花見スポットです!

<参考サイト>
ヘリアンタス
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします