fbpx
Lifehack

【2018年】桜満開、春らんまん!5月の北海道旅行は少し時期を外して

Lifehack
ゴールデンウィークに北海道旅行を計画している人も多いハズ。5月の北海道は本州よりも気温が低くて過ごしやすいです。本州では散ってしまった花も見られるでしょう。ゴールデンウィークの北海道についてご紹介します。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
沖縄と並んで国内旅行で根強い人気を誇る北海道。東京よりもかなり緯度が高いので、5月になってもまだ「春」が感じられます。

GWの真っ最中は交通機関も宿泊施設も非常に高騰します。しかしGWを過ぎれば徐々に元通りの値段に落ち着いてくるので、北海道に行くなら少しだけ時期をずらすことをオススメします。

本記事では5月の北海道の気温や気候、GWに限らず5月に楽しめる場所やイベントをご紹介します。

最高気温は15度程度、朝晩は冷え込む

引用元: https://twitter.com/jiwajiwaneta/status/369267552444108801
一口に北海道と言ってもとても広いので道南と道北では全然気温が違います。比較的暖かい、西岸海洋性気候・温暖湿潤気候(※都内はこれ)は道南の一部沿岸地域だけで、大部分が亜寒帯湿潤気候に属します。

北海道の中央を南北に山脈・山地が貫いていて、東西南北それぞれの地域に気候的な特徴があります。が、5月は夏でも冬でもないので極度に暑い・寒いということはありません。

5月になると札幌などの都市部や、北海道の南部は最高気温が15度~20度まで上がります。北部は15度くらいまでしか上がりません。すでに夏日が訪れている本州より過ごしやすいですが、朝晩はかなり冷え込み、最低気温が10度を切ることもザラなので必ず上着など防寒具を持っていくようにしましょう。

北海道内の移動は、飛行機や電車、高速バスが利用できますが、レンタカーを借りるのが無難といえます。とにかく広いのでアチコチめぐるより、ポイントを決めるほうが観光を楽しめると思います。

桜は5月が本番!

引用元: https://pixabay.com/
本州ではすっかり散ってしまった桜ですが、北海道では5月が本番です。ちなみに4月23日(月)の時点では、青森・岩手・山形が7分咲き~満開で、秋田はまだ5分咲き以下です。

2018年の桜開花予測は、札幌が4月25日、道南及び西部が4月30日、東部は5月5日~10日ごろとなっています。満開日は+4~7日なので、ゴールデンウィークはちょうど桜が見ごろになっているでしょう。

北海道にも桜の名所がたくさんあります。各地で桜祭りが開催されているので、行き先に併せてチェックしておきましょう。

五稜郭公園

記事下部の新選組の項目で詳しく紹介しますが、函館市内の五稜郭(ごりょうかく)には約1600本の桜が植えられていて、星形の土地が柔らかい色彩に包み込まれます。城内ではジンギスカンのバーベキューが楽しめ、夜間にはライトアップされます。

芝ざくら滝上公園

北海道の桜で有名なものといえば、芝桜でしょう。紋別群滝上町にある芝ざくら滝上公園は、甲子園球場7つ分もの面積に芝桜が咲き誇ります。濃いピンクと甘い香りが印象的です。2018年5月5日~6月10日は芝ざくら祭りが開催されます。北海道のなかでもかなり北部にあるので、ゴールデンウィークを過ぎてからの方が楽しめます。 他にも複数の名所がありますが、北部の名所はゴールデンウィーク過ぎが本番です。また自動車免許があったほうがより楽しめるでしょう。

富良野のラベンダー畑は夏

引用元: https://pixabay.com/
ドラマ『北の国から』で一躍名をあげた富良野のラベンダー畑。なかでも「ファーム富田」は世界的にも有名で観光地として大人気です。北海道に行くならぜひ見物したい場所ですね。

しかし残念ながらラベンダーの旬は夏なんです。早咲きの品種でも花をつけるのは6月中旬・下旬以降。つまり5月に行ってもあの一面の薄紫色は楽しめないんです。

しかしラベンダー以外の花も栽培されているので、行って損はありません。ファームに併設されているショップやカフェでは、ポプリやドライフラワーが購入できますし、あの有名なラベンダーソフトも食べられます。

百合が原公園(花博会場)

残念ながらラベンダーは季節が違うのですが、雄大な花畑を見たいなら富良野に限定する必要はありません。例えば花博覧会で有名になった百合が原公園(札幌市)です。

様々な品種の草花が植えられていますが、ゴールデンウィークの時期は水仙・ムスカリ・チューリップがちょうど見ごろになります。

新選組が好きなら5月末に五稜郭へGO

引用元: http://www.goryokaku-tower.co.jp/index.html
桜の名所でもご紹介した史跡・五稜郭(ごりょうかく)。現在は五稜郭公園として開放されています。名前の通り、五芒星(☆)型の城塞が特徴的です。☆の下の部分に突起があるので、お堀の形は六芒星(ダビデの星)です。

五稜郭といえば函館戦争です。歴女ならピンとくるはず。新選組副長・函館新選組局長の土方歳三が散った場所です。「たとひ身は 蝦夷の島根に 朽ちるとも 魂は東の 君やまもらん」という辞世の句が有名ですね。

土方歳三は天保6年5月5日(1835年5月31日)に生まれ、明治2年5月11日(1869年6月20日)に亡くなりました。享年34歳です。う~ん、若い。しかもイケメン。五稜郭では土方歳三だけでなく新選組グッズがたくさん販売されています。ファンなら一度はめぐりたい聖地です。

2018年の五稜郭のイベントは、
4月28日(土)~5月13日(日):五稜郭公園 夜桜花見電飾
5月11日(金):函館戦争戦没者供養祭
5月19日(土)~20日(日):函館五稜郭祭
などが予定されています。

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
いかがでしたか?広い北海道の大地に降り立てば、身も心もストレスから解き放たれて軽くなるでしょう。ゴールデンウィーク中は観光客が多く、交通機関や宿泊施設の料金が高くなります。ゴールデンウィーク後に休暇が取れる人にオススメです。

<参考サイト>
函館・五稜郭タワー
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします