Lifehack

熱中症に注意!ディズニーランドは子連れ客が多いので休憩場所を確保して

Lifehack
ゴールデンウィークの東京ディズニーリゾート(TDR)は超大混雑します。でもどんなに人混みが凄まじくても、ディズニーリゾートの魅力は衰えないんですよね。TDRのうち東京ディズニーランド(TDL)へ行く際に注意すべきことをまとめました。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
2018年4月15日、東京ディズニーリゾート(内の東京ディズニーランド)が開園35周年を迎えました。当日はあいにくの雨でしたが、屋内で記念パレードが行われました。

東京ディズニーリゾートといえば国内最大のテーマパークです。毎日国内外からゲスト(入場客)が大勢訪れます。なにせディズニーパークは世界に6つ(カリフォルニア、フロリダ、東京、パリ、香港、上海)しかありませんからね。

ここ数年、アプリのツムツムが流行ったり、『アナと雪の女王』『ズートピア』などディズニー映画が大ヒットした影響で、東京ディズニーリゾートの利用者数は急上昇しています。

当然このゴールデンウィークも大変な人手が予想されます。本記事では東京ディズニーリゾートのうち、東京ディズニーランドへ遊びに行くときに注意したい点をまとめました。

ランドは子連れ客(ゲスト)中心

引用元: https://pixabay.com/
東京ディズニーリゾートの園内は、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2つにわかれています。ランドは子供向け、シーは大人向けとよく言われますが、エレクトリカルパレードが行われるのはランドなので敢えてランドに行く人も多いと思います。

しかしやはりアルコールの提供があり、大人をターゲットとしたシーと比べると子連れ客が多いのは間違いありません。特に連休にあわせて来園する家族連れが多いので、子供が苦手だという方にとってはあまり嬉しいことではないかもしれません。

小児用トイレも十分に設置されていますが、場所によっては大人用トイレも混雑することも覚悟してください。子供に譲ってあげざるを得ないこともあります。

水分補給を忘れずに

引用元: https://pixabay.com/
例年ゴールデンウィークごろになると夏日(最高気温25度)になる日が増えます。水分補給を忘れないようにしましょう。園内には売店や自動販売機、ワゴン販売がたくさんあります。ペットボトル飲料の値段はサイズに関わらず一律210円です。

アトラクションの待ち時間に具合が悪くならないように、早めに飲み物を買っておくことをオススメします。ちなみにペットボトルと水筒の持ち込みは認められているので、現地で買うだけでなく自宅からもお茶などを持っていったほうがいいでしょう。

また暑い中、日差しにさらされたまま長時間立っていると疲れてしまいます。休憩場所やレストランの席は早めに確保しておきたいですね。

パレードの場所取りは早めに

引用元: https://pixabay.com/
ランドの楽しみといえばパレードですよね。ランド初心者にとっては最もわくわくする瞬間だと思います。

しかし実は最前列でパレードを見るのは難しいんです。ランド上級者と一緒ならオススメのポイントに連れていってもらえると思いますが、初心者だけで行くとあまりいい場所は取れないと思います。

パレードをじっくり見たいときは、ギリギリになってから移動するのではなく、アトラクションの利用を早めに切り上げ、休憩を兼ねて早めに場所取りをしましょう。軽食を食べながら待つのも楽しいですよ。

シンデレラ城での結婚式が見られるかも!

引用元: https://pixabay.com/
ときどき話題になるディズニーランドでの結婚式。一番豪華な、1日1組しか利用できないという、シンデレラ城を利用するプランは何百万もかかるとか…。

ゴールデンウィーク期間中もディズニー挙式は行われているので、日取りによっては豪華な結婚式やパレードが見られるかもしれません。王子様の格好をした新郎と、ディズニーキャラに傅かれる新婦。もし見られたら盛大に拍手して祝ってあげましょう!

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
GWのディズニーは大混雑します。それでも行きたい方や、地方の親戚の案内を頼まれた人などは、水分補給と休憩場所のチェックを忘れないように楽しんできてくださいね。

<参考サイト>
【公式】東京ディズニーリゾート
【公式】東京ディズニーランド
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします