image04

引っ越しの掃除をしないと大損!身も心もスッキリ引っ越ししよう!

image04
引っ越しでクローズアップされるのは荷造りや手続、不要品の処分などが多く、掃除にはあまりスポットが当たっていません。しかし、サボって汚いまま退去すると後から敷金がかえって来ない、あるいは実費で弁償などの手痛い経験をする羽目にもなります。そうしたことを避けるためにも、気持ちよく新居へ移るためにも、引っ越し独特のお掃除ポイントを押さえておきましょう。

はじめに

image21
引用元:http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%97&qt=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all
引っ越しが決まった!新居での楽しい生活を期待してウキウキ…したいところですが!
ちょっと待って!今のおうちの掃除、片付けできていますか?

あなたの次に借りる人もウキウキするだろうに、汚いお部屋にガックリ…そうならないように早めに準備してスッキリ綺麗に旅立ちましょう!

引っ越しの掃除はどこまでするべき?

image24
引用元:http://www.photo-ac.com/main/detail/218619?title=%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%98%E7%94%A8%E5%85%B7&selected_size=s

敷金の返金は掃除がカギ!

どうしても、新居にばかり神経が集中して引き払うお部屋の方はおざなりになってしまいがち。

大掃除は確かにしなきゃいけないけど、今ある家具を一人では動かせないし、でも引っ越し業者の人に溜まったホコリや汚れを見られるのも恥ずかしい…

そんなジレンマに襲われますが、掃除の重要性はそれだけではありません。

入居時に払った敷金をしっかり返金してもらうためにも必須なのです。退去時、いかに減点を防ぐかは掃除にかかっているとも言えるでしょう。

現状復帰と経年劣化の違いとは

賃貸借契約では、現状復帰と経年劣化の違いを理解するのが大きなポイントとなります。

1.現状復帰
入居時と変わらぬ状態に借り主が責任を持って戻しておくことを指します。

以下の行為は現状復帰の反対で下手をすると契約違反に問われ、敷金以上のお金を要求されることもあります。

・キャスター付きの椅子などによるフローリングのキズ、へこみ
・カーペットや壁紙のシミ、カビ(タバコのヤニ汚れ、臭い含む)
・壁などの目立つクギ穴、ネジ穴(下地ボード交換を要するもの)
・台所の油汚れ、据え付けコンロなどの焦げ付き
・飼育ペットによる柱などのキズ、汚れ、臭い
・風呂・トイレ・洗面など水回りのウロコ汚れ、水垢、カビなど

2.経年劣化
こちらは年月で自然と傷んだり退色、劣化してしまうものや事柄を指します。

大家さんの負担で壁紙の張り替え、ガス給湯器などの備品修理や場合によっては大がかりな工事をするなど、金額も張るため、敷金や礼金で充当しています。

・日照・建物構造欠陥による雨漏りでなどで発生したフローリングの色落ち、場合によってはワックスかけ直し
・家具設置による床・カーペットのへこみ、設置跡
・壁などの画鋲、ピンの痕(下地ボードの交換不要レベル)
・据え付けのエアコン、給湯器などの設備点検、修理
・業者による部屋の大掃除、消毒(次の入居者負担になるケースもあり)

引っ越しの掃除のコツが知りたい!

image25
引用元:http://bonjinshufu.com/archives/237
さて、現状復帰という意味からも、掃除がいかに大事なポイントであるかが分かってきましたね。

でも限られた日数や時間、梱包のタイミングなどで効率良く掃除するのは大変なこと。コツをうまくつかんで最大限に綺麗に気持ち良く退居しましょう。

掃除のコツは「汚れ落としに時間がかかるかどうか?」がポイントになります。頑固なひどい汚れは数日前から取り組み、家具の跡汚れなどは引っ越し次巻のは出来

・水回りの黒カビ
数日前からカビ取り洗剤+ペーパタオルなどで湿布しておくと格段に落ちやすくなります。

・台所の油汚れ
重曹やセスキ炭酸ソーダなどの超アルカリ性のものが効果は高いと言えるでしょう。

引っ越しの掃除で便利なお道具たち

image20
引用元:http://topicks.jp/35784
荷造りやいろいろな手続で忙しい引っ越し準備のさなか、平行して掃除をするのは一苦労ですね。

そんな大変な掃除をサポートしてくれる便利グッズや、お道具を市販のものから探したり、手作りしてみましょう。

1.針金ハンガーホコリ取り
image07
引用元:http://spotlight-media.jp/article/215964846805508183
上の写真に出ていますが、伝線した古ストッキングを曲げた針金ハンガーにかぶせるだけ!

冷蔵庫や洗濯機など引っ越し当日まで動かせない家具・家電の隙間や底面のわずかなスペースに潜り込ませて、静電気でホコリや汚れを掻き取ります。

激しく汚れても石鹸で手洗いしたり、洗濯機に放り込めば何度でも使えます!材料費もタダ同然!作らない手はありませんよ!

2.電解質水で手荒れしにくいお掃除を!

image17
引用元:http://shindo.exblog.jp/18727637/
強い洗剤だと手荒れしてしまう人も多いと思います。また赤ちゃんやペットがいるお宅では床のフローリングの水拭きやワックスも気になりますよね。

そこで便利なのがアルカリ電解水です。スプレーや濃縮タイプなど、様々なものが市販されていますが、重曹並の油分解ができるけれども、跡が残らず二度拭き不要で楽々です。

一本用意しておくと新居でのちょこちょこ掃除にも役立ちます。

3.カットソーや古タオルでウエスを大量生産

image23
引用元:http://smileuesu.ocnk.net/phone/
引っ越し前の衣類の断捨離、ただ捨てたり資源ゴミに出すのはもったいない!

どんどん刻んでウエスにしてしまいましょう!使い捨てぞうきんにすれば心身ともにスッキリ、罪悪感もなくなります。

2番でおすすめしたアルカリ電解水の溶液をジップロックに少し入れ、ウエスをたくさんつけ込んでおきましょう。

びしょびしょにならない程度に湿り気があると、バケツに水を入れて取り替える手間が省けてお掃除が効率よく進みます。

また頑固な汚れには、重曹やセスキ炭酸ソーダ水、あるいは火気のないところ(冷蔵庫など)にはエタノールをジップロックに入れてウエスを漬け込んでおくと色々使い分けができます。

ただし、塩素系漂白剤はやめておきましょう。中毒症状を起こす危険性がありますので、やめておきましょう。

4.片栗粉やコーンスターチでペースト作り

image14
引用元:https://cafy.jp/
お掃除グッズになるの?と思われますが、これが大変便利!塩素系のカビ取りスプレー、吸い込むと危険だし気分も悪くなりますよね。マスクにめがねもうっとうしい。

そこで!塩素系漂白剤と片栗粉、コーンスターチといったデンプンを混ぜてペーストを作ると、お風呂場の壁のカビなどにパテ状にくっつけられるのでラップもしやすく密着度が高まります。スプレーだけでは垂れ下がる、ペンタイプのジェルもイマイチ!と不満だった方にも朗報かも?

5.ワイヤレスイヤフォンやヘッドフォン

image16
引用元:http://www.e-earphone.jp/wireless-earphone
スマホやMP3などの音楽プレーヤーでテンションを上げてお掃除したいところですが、有線のイヤフォンだと掃除中にひっかかって再生が中断したり、引っ張られて耳が痛くなったりしますよね。

そこでBluetoothなどのワイヤレスデバイスで身軽に音楽を楽しみながらお掃除もすすめましょう。

また、語学を勉強している人ならばシャドーイングは何よりも掃除の時に効率よくできます!黙々とするのが好きな人も多いかもしれませんが、好きな音楽でストレス発散しながらご近所にも迷惑をかけない方法で行きましょう。

引っ越しで掃除しないままだとどうなるの?

image15
引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC-mju-%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B00967ISIY
先ほどもお話しましたが、退去の時は管理会社や不動産会社、大家さんによる「減点方式」が一般的です。

目立つ汚れや傷、シミなどができている場合、しかも程度がひどいと実費精算の憂き目ににあってしまうことになります。

あるいは内緒でペットを飼っていてそれがバレてしまい、契約違反で敷金返還がフイになる可能性だってなくはありません。

余計なトラブルを招かないためにも、おおまかでも良いので必ず退去の際は掃除をしておきましょう。

ちなみに据え付けのエアコンや換気扇、フードパネルなどは結構汚れていたとしても、さほど減点にはならない傾向にあります。

どのみち大家さんが敷金や礼金のプールした予算から清掃業者を呼ぶパターンが多いようです。

引っ越しの掃除は代行業者に任せてみる!

image18
引用元: http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%8E%83%E9%99%A4&srt=dlrank
ここまでの話で、「なるほど、引っ越しの掃除が重要だと言うことはわかったんだけど、やっぱり仕事が忙しすぎて時間がない!」とか、「引っ越し自体もお任せパックで荷造りすら自分では無理!」という人も多いはず。

お任せパック同様、少々予算を出してもいいので自分の時間には代えられないという人のために様々なお掃除サービスが用意されています。

総合的な一家全部のプランから、水回り、台所だけ、などや、エアコン、換気扇などの単品メニューも多いです。

ただ、エアコンは自分のものなら頼んでもいいと思いますが、台所の換気扇ならばそこまで気を遣う必要もないと思います。

決して安くはないのですから上手にポイントをかせぐところだけ押さえて代行業者は使いこなしましょう。

まとめ

image19
引用元:http://www.photo-ac.com/main/detail/420881?title=%E6%8E%83%E9%99%A4&selected_size=s
思っている以上に大事な引っ越しの掃除。

たかが掃除、されど掃除で、サボってしまったために何万円も損することだってありえます。

何より新居へ旅立つ際に気持ちよく出て行きたいもの。部屋の汚れは心の汚れともいいますので、忙しい中でも無心に効率よく掃除をしてストレスもついでに発散しちゃいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします