image17

あなたはどれで白髪染めする?髪の毛をお手入れしながら白髪染めする方法を全部教えます!

image17
「白髪染めって、オシャレじゃない」というマイナスイメージ、持っていませんか?実は今、白髪染めもとってもオシャレなものになってるんです!白髪を染めるだけでなく、髪の毛をケアしながらできる方法や、カラーバリエーションもとっても豊富。今回は、より楽しく白髪を染められる方法をご紹介します。

老若男女問わず悩むからこそオシャレがいい

image07
引用元:https://welq.jp/27812
「白髪はおばさんの証」なんて思っていませんか?実は全くそんな事はないんです!

近年ストレスや体質など様々な原因で起きる「若白髪」に悩む人がとっても増えているんです!誰が抱えてもおかしくない悩みだからこそ、落ち込む必要はありません。

白髪に悩む人が増える中、白髪染めと急激に進化しているのをご存知ですか?なんと誰でも簡単に髪の毛をケアしながら白髪染めができちゃうんです。

更にその方法も様々。今回は白髪染めをより楽しくオシャレにする為の「白髪染めの種類」をご紹介していきます。

普通のカラー剤じゃだめなの?

image06
引用元:http://xn--t8jycvd434pvpusqtlv8ch1d.com/hair-color-treatment/
ドラッグストアに行くと、白髪染め用とヘアカラー用に分かれていますよね!

白髪染め用の商品を買うのに抵抗を感じている人も多く、「ヘアカラーじゃだめなの?」という疑問を持った事のある人も多いのではないでしょうか?

パッケージを見ていて、ヘアカラー用を購入したい気持ちもあるかとは思いますが、ヘアカラー用と白髪染め用は全く別物です。ヘアカラーは黒髪用として作られている為、白髪に塗っても綺麗に色は入りません。

白髪染めの方がヘアカラーを使うよりキレイに染まりますし、目立たなくなります。しかし、ヘアカラー剤が全く使えないというわけでもありません。

白髪の本数が少なく、ちらほらとある程度ならある程度目立たなくする事はできます。

そしてヘアカラー剤と白髪用はどちらも同じくらい髪へダメージを与えるのでダメージを考慮してヘアカラー剤を購入する、というのはやめましょう!

白髪染めするなら泡タイプがオススメ

image15
引用元:https://arine.jp/articles/3373
より確実に一回でしっかり綺麗に染めるなら、泡タイプの白髪染めがオススメです。

ドラッグストアやスーパーなどでも積極的に扱われてきているアイテムなので、気軽にすぐ染める事ができます。「明日急に予定が入ってしまった!」という時でも安心ですね。

更に通常の白髪染めより髪や地肌を傷めにくく、色も個人差はありますが長持ちする傾向にあり、何より泡がもこもこでとっても気持ち良いので染めている間癒される事間違いナシです。

サロンなどで販売されているものは、素手で染められて髪にダメージを与えない泡タイプの白髪染めもあるので、繰り返す白髪染めでの髪のパサつきが気になる人はサロンなどで相談してみてはいかがでしょうか?

シャンプーしながら白髪染めができる!

image05
引用元:http://angie-life.jp/beautyfashion/87973.html
毎日のシャンプーをするだけで白髪を染められたら、とっても理想的ですよね。その理想が、実は叶ってしまうんです!

いつものシャンプーを白髪染め効果のあるシャンプーに置き換えるだけで簡単に白髪染めができちゃいます。

使用方法はいつものシャンプーのように洗ってすすぐだけ。放置する時間も必要なく、忙しい人にとっても優しいアイテムです。

白髪染めの効果があるからシャンプーとしての洗浄力がないのでは?と思うかもしれませんが、しっかり洗浄効果は保たれているので安心です!

更に、伸びた白髪や色落ちの心配もなく自然な髪色に仕上がってくれるので、真っ黒になりすぎた…と失敗する事もありません。

しかし一回で染まるものではなく、繰り返し使う事で徐々に着色していく為、1週間~10日かかってしまう事もあるので、注意が必要です。

白髪染めトリートメントでヘアケアまでできる!

image08
引用元:http://opelautoboerse.net/
シャンプーだけでなく、トリートメントでヘアケアしながら白髪染めができるアイテムも存在します!白髪染めも繰り返すとパサパサになりがち。

髪がパサついていると老けて見えてしまうので、髪を労わりながら白髪染めができたらとっても素敵ですよね。

髪を傷めず白髪染めができてとっても便利なアイテムですが、シャンプーとの違いはずばり放置時間。

美容院やセルフでトリートメントをする時も放置時間を設けますよね!なので、白髪染めトリートメントもシャンプーと違って若干の放置時間が必要になります。

しかし、放置時間があるという事はその分カラーの定着もシャンプーより早いので、シャンプーより早く白髪染め効果が期待できます。

シャンプーとトリートメントを併用している人もいるので、より髪を労わりながら白髪染めをするなら同時使用もオススメです!

デトックス効果もある天然成分のヘナで白髪染め!

image11
引用元:https://medicil.jp/keywords/2/653
あのクレオパトラがマニキュア代わりに爪を染めていたといわれているヘナ。ヘナは化学薬剤が入ってない天然成分の染料です。

ヘナの粉をお湯でペースト状にしたら塗って、1時間程度放置して洗い流すという方法で肌や髪の毛に最も優しく白髪を染める事ができます。

敏感肌で白髪染めで肌がかぶれてしまう…という人もかぶれの心配がないので安心です!更に使用後の髪の毛はつやつやさらさら。仕上がりが美しいので、一気に見た目も若返ります。

傷んだ髪も健康にしてくれる効果があり、老廃物を除去する働きもあるので体全体のデトックスにも効果があると言われています。

敏感肌の人やより肌や髪に優しく白髪を染めたい!という人にオススメです。

白髪染めにはアッシュブラウンをチョイスしましょう!

image16
引用元:https://hair.cm/p/u842mr46uz
白髪染めをしたら真っ黒になって違和感が出てしまった…暗いのが嫌でダークブラウンに染めたら明るくなりすぎてしまった…という経験、ありませんか?

白髪染めは色味がはっきり出るので、黒くなりすぎて重くなってしまった…明るすぎる色味になってしまった…という失敗もよくある事なんです。

せっかく染めたのに失敗してしまったら、無駄にしてしまったような気持ちになりますし人目が気になりますよね。

そんな人は、ブラックやダークブラウンではなく、アッシュブラウンを選びましょう!日本人の肌色、年齢問わずどの髪形にも似合うのが「アッシュブラウン」。

アッシュは「灰色」という意味ですが、ヘアカラーでのアッシュは灰色を濃くしたような色になります。

このアッシュとブラウンが混ざる事で、自然なブラウンを残したまま大人な印象に染める事ができます!

全体的に白髪がある人から白髪の割合が少ない人まで、どんな人でも対応できるとっても万能なカラーなので、「絶対失敗したくない!」という人は是非アッシュブラウンを選んでみてくださいね。

まとめ

image14
引用元:www.kurashiru.com/tag/カール/page/8/
いかがでしたか?今や白髪は白髪染め専用のカラー剤だけでしか染められない時代ではありません。

より楽しく、美しく、健康的に染める事ができるようになったので、憂鬱な気持ちになっていた人も楽しんで白髪を染められるのではないでしょうか。

どの方法にも特徴があるので、自分に合ったものを選ぶ事が大事です。よくメリットとデメリットを把握して使ってみてください。

白髪染めでパサパサになった髪に悩む生活とは今日でサヨナラしましょう!より若々しく健康的な髪の毛になって、いくつになっても髪に自信が持てる女性になってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします