Beauty

シミでお悩みの方必見!種類別・シミを確実に改善する方法

Beauty
いつの間にかできているシミは、一度できると改善しにくい厄介なものです。シミには種類があり、まずはセルフチェックであなたのシミを特定することから始めましょう。種類に合った改善方法を行うことがシミを改善する近道です。

はじめに

https://www.photo-ac.com/main/detail/221101?title=%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%B5%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%9D%E3%81%90%E5%A4%8F%E3%81%AE%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A&selected_size=s
そもそもシミは、メラニンという色素によるものです。紫外線を浴びると、表皮の最も下の層である基底層のメラノサイトからメラニンが産出されます。

正常な肌は約28日周期で生まれ変わると言われており、ターンオーバーが正常なら下の層からどんどん細胞が押し上げられていくのでメラニンは自然と排出されていきます。

しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れ、メラニンが排出されずに残ってしまい、シミとなってしまうのです

一概にシミと言っても種類があり、シミの種類に合った改善方法をしなければ、いつまでたってもシミを改善することはできません。

自分のシミはどの種類なのかをセルフチェックし、シミの種類に合った対処法を行って確実に改善していきましょう!

老人性色素斑

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2-%E5%B8%82%E6%B0%91-%E9%A0%AD-%E9%AB%AA-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85-%E5%8F%A4%E3%81%84-208723/
老人性色素斑は、シミの中でも最も多いと言われています。紫外線によってダメージを受けた細胞が年月をかけて老化し、メラニンが増殖することでシミになります。老人性という名が付きながらも、20代後半の若い世代でも現れます

セルフチェック

・こめかみや頬にシミができやすい
・数㎜の大きさから1cmを超える大きさのシミがある
・シミは平らで薄茶色の輪郭がはっきりしている
・紫外線を浴びることが多い
・年を重ねるにつれ、大きくなり、色が濃くなっている

対処法

ピーリング作用のある洗顔や化粧品、強力な美白作用のあるハイドロキノンの化粧品でも効果は期待できます。ただ、色が濃くなるとセルフケアで改善するのは難しく、医療機関で治療を受けることが最も良い改善方法です。

最も早くシミを消したい場合はレーザー治療が効果的で、メラノサイトを破壊するとかさぶたのようになって一時的にシミは濃くなるものの、しばらくすると剥がれ落ちてきれいな肌が現れます。

ソバカス

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E8%B5%A4%E6%AF%9B-%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%81%99-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E7%BE%8E%E5%AE%B9-%E5%AD%90-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E8%8A%B1-1252739/
ソバカスは老人性色素斑同様、紫外線によってメラニンが増殖することでシミになります。他にも喫煙や間違ったスキンケア、ストレス、遺伝的素因なども原因と考えられています。

セルフチェック

・鼻や両頬を中心に小さな薄茶色の斑点が散らばっている
・子どものころからソバカスが気になっている
・親や兄弟もソバカスが多い
・思春期には濃くなったが、大人になるにつれ色が薄くなっている
・夏になると色が濃くなり、冬になると色が薄くなる

対処法

ソバカスはセルフケアでも薄くすることができ、ピーリングでターンオーバーを促進後、美白成分であるトラネキサム酸やシクロアミノ酸誘導体、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用することがおすすめです。

医療機関でレーザー治療を受けることも可能で、肌の状態によってはハイドロキノンや、ターンオーバーを促進するトレチノイン外用薬を使用するだけでも十分に改善することがあります。

肝斑

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E8%B5%A4%E6%AF%9B-%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%81%99-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E7%BE%8E%E5%AE%B9-%E5%AD%90-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E8%8A%B1-1252739/
女性ホルモンが関係していると言われ、妊娠やピルの服用によってできることがありますが、閉経と共に薄くなるようです。

直接紫外線が関係しているものではありませんが、紫外線量によって色の濃さが違うこともあります。

頬やおでこ、鼻の下など左右対称にできることが多いのですが、なぜか目の周りにはできないのが特徴です。

セルフチェック

・頬やおでこ、鼻の下などに左右対称のシミがある
・輪郭のはっきりしない濃淡なシミが広範囲にわたってある
・妊娠したことがある
・ピルを飲んでいたことがある
・ストレス過多や睡眠不足になることが多い

対処法

肝斑はピーリングやトラネキサム酸配合化粧品などによる外側からのケアに加え、内側からもトラネキサム酸のサプリを飲むと良いでしょう。

肝斑はレーザー治療を行うと濃くなる可能性があり、レーザー治療を行っても簡単には改善しません。

主に内服薬と外用薬による治療がメインとなります。外用薬ではハイドロキノンとトレチノインの外用薬が最も肝斑に効果的と言われています。

太田母斑

https://www.photo-ac.com/main/detail/16732?title=%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%93&selected_size=s
真皮にメラノサイトが異常に増殖するためにできます。原因は明らかになっていませんが、遺伝的素因が関係していると言われ、加齢やホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアや紫外線の影響が考えられています。

セルフチェック

・あざのようなシミがある
・シミの色は青みがかった灰色や茶色である
・輪郭がはっきりとしない大きなシミがある
・鼻やおでこ、目の周りにできている
・美白剤を使っても効果が現れない

対処法

シミが真皮に及ぶとセルフケアでの改善が難しくなります。レーザー治療が最も効果的な方法ですが、他のシミのような波長では届かないため、Qスイッチレーザーという強い波長のレーザーを使用します。

1回の照射で消えるわけではなく、3回以上は行う必要があり、保険適応がされている医療機関もあります。

炎症性色素沈着

https://pixabay.com/ja/%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%81%B3-%E6%AF%9B%E7%A9%B4-%E7%9A%AE%E8%86%9A-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%A1%94-%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%82%A2-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87-%E6%B2%BB%E7%99%82-%E7%97%85%E6%B0%97-1606765/
普通のシミは紫外線が関与していますが、炎症性色素沈着は傷やニキビなどが原因です。

やけどや傷は一時的なものなので自然と薄くなりますが、ニキビやアトピーなど繰り返す皮膚の炎症はなかなか消えず、シミとなって残ります。

セルフチェック

・シミがある部分は以前ニキビができていた
・アトピーができていた部分がシミになった
・シミの形は様々で茶色や黒っぽい色をしている
・肌が敏感で荒れやすい
・タオルでゴシゴシ擦る癖がある

対処法

炎症性色素沈着はピーリング作用のある洗顔料や化粧水を使用し、ターンオーバーを促進することで徐々に薄くなっていきます。

ただし、炎症を起こすほどの肌状態なのでデリケートになっている可能性があります。マイルドなピーリングから始めるようにしましょう。

ピーリングの後は、美白作用のある化粧品でスキンケアをします。炎症を起こしやすい肌であることから、コウジ酸やエラグ酸といった肌に優しい天然の美白成分がおすすめです。

また、ニキビがよくできる場合、美白に加えて炎症を鎮める効果もあるビタミンC誘導体やカモミラETなどが配合されたものが良いでしょう。

セルフケアだけで改善されなければ、医療機関でイオン導入やピーリング、フォトフェイシャルを行うことも一つです。

まとめ

https://www.pakutaso.com/20150157029post-5112.html
できてしまったシミは改善するしかありませんが、セルフケアでは時間がかかり、治療を受けるにしてもほとんどが保険適応外なので費用がかかります。

小さなシミと侮っていたらどんどん濃く、大きくなることもあるので、早めの対処を心がけましょう。

そして、シミをなるべく作らないよう日頃から紫外線対策をすると共に、シミの種類ごとに考えられる原因についても改善していくことが、シミを予防する第一歩です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします