Healthcare

性病検査をするなら病院?保健所?かかる費用や信頼性を知ろう!

Healthcare
「性病検査」...この言葉だけで少し不安になりませんか?友達やパートナーには相談できずに悩んでいる方や検査してみたいけどどうすればいいの?という方のために、今回はその不安を少しでも払拭でき、簡単に検査できる方法をご紹介させていただきます。

はじめに

image09
引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PB110414-Edit_TP_V.jpg

性病・性感染症は、感染しても気づかない方が多いです。言葉は聞いたことあるけど、検査はどこですればいいの?費用はいくら?という不安要素が多いと思います。

ということで今回は、検査方法や検査ができる場所、費用などをご紹介させていただきます。

自宅で簡単に検査してみよう!

image11
引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA20160818043414_TP_V.jpg

病院などに行くのが恥ずかしい、知り合いがいたらどうしようという方におすすめしたいのが、『自宅で簡単』にできる性病検査キットです。丁寧な説明書がついているので自分で手軽に調べることができます。

◎性病検査キットの流れ◎

インターネットなどで申し込み
     ↓
自宅に検査キットが届きます
     ↓
説明書を読みながら採取(採取に失敗しても相談できます)
     ↓
検査会社に返送
     ↓
結果報告(封書・WEB・電話・メールなど)

検査会社によって報告の方法などは様々ですが大体がこのような流れとなります。金額は大体5,000円~20,000円前後で、検査項目や検査内容で金額が変わります。

匿名で検査できるところもあるので、自宅で簡単に検査したいという方にはオススメです。

家族に知られたくないといいう方には、送り主が性病検査の会社ということや、中身を記載する欄にも性病検査キットと記載しないようにできる会社もあります。自分の身の回り・項目数・費用と相談しながら探してみてください。

また、自己検査キットという自分で検査の判定までするキットもありますが、こちらは海外から輸出されているものが多く、品質や安全管理などに問題があることから厚生労働省の関連サイトでは使用のおすすめはできないとされています。

性病検査キットの信頼性は?

image10
引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/E146_mikomihanaine_TP_V.jpg

性病検査が自宅で簡単にできる!とはいっても、本当にその結果正しいの?安全なの?どこで検査するの?という不安がありますよね。

しかし、前述で紹介させていただいた性病検査キットはそのほとんどが日本の会社が提供しているものですし、医療機関などと同じ登録衛生検査所(国の認可を受けている施設)にて検査していますので信頼性が高いです。

海外から輸出されているものは、品質や安全管理に問題がある可能性があるためおすすめはできません。注文する際は注意してください。

性病検査キット以外に調べる方法はあるの?

image15
引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/14121438_TP_V.jpg

ここまで自宅で簡単に検査できる方法をお伝えしましたが、自分でできるか心配という方には、お近くの病院(主に男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科)や保健所で検査することができます。

◎病院での検査◎

・診療時間内なら検査可能(要病院に確認)
・検査の種類に制限がない
・費用がかかる
・保険証やカルテ作成のため問診票の記入などが必要

病院という安心感はもちろん、医師や看護師と自分が不安に思っていることを話すことができます。結果がでるまではドキドキですが、話すことによって不安を取り除くこともできます。

◎保健所の検査◎

・無料なおかつ匿名検査
・日時や検査の種類が限られている

保健所での検査は病院と同じくカウンセリングもあるので安心です。検査は無料ですが、項目はHIV検査のみという施設が多いので注意です。

県や市によっては他の検査も無料のところがあります。日時が決まっていたり、人数制限がある施設もあるのであわせて確認してみましょう。

検査の費用っていくら?

image14
引用元:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MOK_ichimanensatu2mai_TP_V.jpg

◎検査キット◎

5,000円~20,000円前後です。
※検査会社・項目数によって異なります

◎病院◎

初診料(診察)+検査料となります。検査項目は1つだけではなく、性病検査として複数の項目をまとめて検査することが多いです。

自費診療なので金額は10,000円~30,000円ぐらい必要です。金額を抑えたい方は、保健所で受けることをおすすめします。

◎保健所◎

無料

保健所であれば無料で検査してもらえるので、お金に不安のある方はこちらがおすすめです。

病院なのに保険診療使えないの?

image01
引用元:https://pixabay.com/ja/包帯-最初援助-医療-傷つける-痛み-治療-医学-傷害-傷-1235337/

保険診療とは、すでに症状がある場合に適用されます。そのため、検査を受けるだけという場合は保険適用されず、自費診療となります。

すでにかゆみや痛みがある方は一部保険診療が適用される可能性があるので医師に相談してみましょう。また、検査結果が陽性(感染している)場合は、その後の治療は保険診療になる場合が多いです。

検査結果はすぐわかる?

image13
引用元:https://pixabay.com/ja/バナー-質問マーク-質問-記号-シンボル-感嘆符-1183408/

◎検査キット◎

翌日~1週間前後かかります。検査結果はWEBで閲覧できる検査会社もあるので便利です。万が一感染していた場合は、近くの病院で診察を受けましょう。

◎病院◎

1週間~2週間ほどの日数がかかります。検査結果は聞きに行く必要があるところが多いです。感染していた場合はその場で治療してもらえます。

◎保健所◎

すぐ結果が知りたいという方は保健所の即日検査対応の所ですと1時間ほどで結果がでます。

保健所は匿名検査のため、封書での郵送などはできません。感染していても保健所では治療できないので、病院に行って治療を受けましょう。

まとめ

image12
引用元:https://pixabay.com/ja/カップル-花嫁-愛-結婚式-ベンチ-残り-260899/

いかがでしたでしょうか。

性病検査は気軽に受けられ、場所によっては無料で受けることができます。

私は検査しなくても大丈夫!と検査せずに放っておくと万が一感染していた場合、自分だけではなくほかの方にも移してしまう可能性があります。

自分だけではなくパートナーの方と一緒に検査を受けるとなおいいですね。可能であれば、2年に1回は検査しましょう。

これを読んで、検査してみようかなと思ってくれる方が1人でもいたらいいなと思います。最後になりましたがここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします