image04

もしかして病気?誰にも聞けないデリケートゾーンのかゆみの疑問を解決します!

image04
聞きたいけど誰にも聞けないデリケートゾーンの悩み。実は女性の2人に1人がデリケートゾーンに悩みを抱えているんです!かゆみやにおいなど、デリケートゾーンの悩みは女性にとって、とても深刻な問題ですよね。今回はそんなお悩みの中から、デリケートゾーンのかゆみにスポットを当てて、原因や対策をご紹介していきます。

デリケートゾーンの悩みって誰にも言えない…

image21
引用元:https://roudou-pro.com/columns/sexualharassment/

デリケートゾーンの悩みはきっと誰もが抱えている悩み。わかってはいるけど、誰にも相談できない…そんな女性って、とっても多いんです。

婦人科に行くのもなんだか恥ずかしい、だけどこのデリケートゾーンのかゆみって病気なんじゃ…と不安になりますよね。

今回は、デリケートゾーンのかゆみにスポットを当てて、原因と対策方法をご紹介していきます。

病気?デリケートゾーンのかゆみの原因とは

image19
引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/010517/

デリケートゾーンにかゆみを感じると、「もしかして…病気?」と思いがちですが、かゆみの原因は様々です。

蒸れによるかゆみ

image11
引用元:http://www.womaninsight.jp/archives/158992

デリケートゾーンは赤ちゃんの時からとっても蒸れやすいので、蒸れが原因でかゆみや湿疹が出る場合があります。

おりものやナプキンかぶれ、汗によってかゆみが出る事が多く、この場合は深刻な病気ではないので安心してください。

下着やストッキングなどで締め付けられている事が多い上、ナプキンはデリケートゾーンの湿度を一気に上げるので生理中にかゆみを感じるケースも少なくありません。

ナプキンをこまめにかえて、お手洗いに行く時はウォッシュレットやビデを使うと軽減されます。

アレルギーやストレス、疲れが原因の場合も

image07
引用元:http://antiaging-care.com/tired-stress/

アレルギー体質の人や肌が敏感な女性はかゆみが起こりやすくなっており、蒸れなどで悪化する可能性があるので、なるべく専門医に相談する事をオススメします。

急にかゆみが出た場合、疲れやストレスで体の免疫が下がったことが原因でかゆみやかぶれが発生している可能性があります。

かゆみを感じた時に、環境の変化の有無や生活リズムが崩れていないか、疲れが溜まっていないかなど振り返ってみてくださいね。

感染病によるかゆみには注意を

image17
引用元:http://free-photos.gatag.net/2013/12/03/000000.html

カンジタなどの常在菌は、風邪や疲労、ストレスなどが原因で増殖し、かゆみなどの諸症状が起こります。おりものが液体状ではなくポロポロとした固形になっている場合は膣カンジタの可能性があるので要注意です。

その他のデリケートゾーンのかゆみの原因は、感染性外陰炎やトリコモナス膣炎、コンジローマなどがあります。

病院で処方された薬でないと治癒しないケースもあり、悪化するとただれが起きたり、痛みを伴う場合があるので早めに専門医にかかりましょう。

デリケートゾーンのかゆみに市販の薬は効果があるの?

image09
引用元:http://infy.life/articles/SYHBi

デリケートゾーンのかゆみに代表的な薬といえば、フェミニーナ軟膏がメジャーですね。かゆみを感じた時に購入を考えていても、効果があるかわからなくてなかなか手を出しにくいのではないでしょうか。

実際、フェミニーナ軟膏はかゆみを抑えてくれる効果があり、愛用している女性も多いです。

蒸れや生理中のかゆみなどに効果がありますが、カンジタ膣炎やトリコモナス膣炎などの細菌やウィルス性が原因のかゆみには効果が出ません。

根本を治すこともできない為、上記のような場合はフェミニーナ軟膏などの市販薬ではなく、お医者さんに処方してもらった薬を使ってくださいね。

デリケートゾーンのかゆみにオロナインは使っていいの?

image15
引用元:http://kurozumitalk.net/face/oronain-sengan/

家庭用の塗り薬としてメジャーなオロナイン。一人暮らしでもオロナインを置いている女性は多いのではないでしょうか。

なるべくデリケートゾーンのかゆみは手軽に解消したいですよね。もしかしてデリケートゾーンのかゆみにも効くのでは…と思ってしまうのですが、オロナインはあまりオススメできません。

Vライン付近のかゆみなら問題ないのですが、外陰部や小陰唇などの粘膜には刺激が強い為、かゆみが増す可能性があるので避けましょう。また、オロナインには殺菌消毒効果があるので、膣内には絶対に塗らないでください!

膣内の悪い菌だけでなく良い菌まで殺してしまいます。それが原因でカンジタ膣炎などの病気になってしまう可能性があるので、皮膚以外のデリケートゾーンにはオロナインは使用しない方が良いですね。

デリケートゾーンのかゆみは毛が原因だった!?

image12
引用元:http://googirl.jp/biyou/1408under_hair426/

デリケートゾーンのかゆみが出る原因に、ナプキンや下着、ストッキングなどの締め付けによる蒸れなどがありますが、その他にも≪毛≫が原因で蒸れることがあります。

デリケートゾーンはお肌が薄く、お肌を守るために太い毛が生えてくるのですが、この毛の密度が濃いともちろん湿気もこもってしまうので、かゆみが出てしまうんです。

この湿気によってもわっとしたにおいや汗疹、湿疹などが出る場合があります。デリケートゾーンのかゆみが定期的に発生して辛いという場合は脱毛などをオススメします。

デリケートゾーンがかゆみだけでなく腫れてしまったら

image13
引用元:https://www.banpuku.jp/contents/worries-of-women/

かゆみを我慢していても、睡眠中に我慢できずに無意識にかいてしまう事があります。そうすると朝になってデリケートゾーンが腫れていたり、痛みを伴うかゆみが発生し、排尿時に激痛を感じる事も少なくありません。

その他にもデリケートゾーンにかゆみと腫れを感じる場合、外陰炎やカンジタ外陰炎などの病気になっている可能性がある為、早めに専門医にかかってくださいね。

フェミニーナ軟膏を使用して数日経っても改善が見られない場合も同様です。悪化してしまうと必要以上に医療費がかさんでしまうので、早めの治療を心がけましょう。

まとめ

image18
引用元:http://www.skincare-univ.com/article/015246/

いかがでしたか?

デリケートゾーンのかゆみは誰しもが経験するもの。現在は下着の種類も増えたので、通気性の悪いショーツも多くなりがちです。

蒸れが原因でかゆみだけでなくにおいまで出てしまうと辛いので、なるべく通気性の良い絹や綿、麻の素材の下着をチョイスする事をオススメします。

デリケートゾーンは女性特有の悩みですが、なかなか人に相談できませんよね。ぜひ記事を参考にしていただき、デリケートゾーンの悩みとサヨナラしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします