Beauty

これさえマスターすればOK!崩れにくい夏のベースメイクのやり方

Beauty
汗や皮脂の多くなる夏はベースメイクが崩れやすく、女性にとっては悩みの種の一つです。
夏には夏のベースメイクのやり方があり、ポイントをマスターすれば、時間がたった肌を見ても愕然とすることはありません!夏でもベースメイクが崩れにくい、快適肌を目指しましょう。

はじめに

https://pixabay.com/ja/%E5%A4%8F-%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9-%E6%97%A5%E7%85%A7-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC-%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8-635247/
夏に女性を悩ませるものの一つ、ベースメイクの崩れ。朝から念入りに肌をつくっても、気温の上昇とともに汗でべたついて、あっという間に崩れてしまいますよね。また、屋内にいても冷房によって肌は乾燥し、皮脂の分泌が多くなるので、いつの間にかテカリやヨレていることがほとんどです。

皮脂を取ろうとあぶら取り紙を使って、再びファンデーションを重ねて…という繰り返しを何度もしている方もいるのではないでしょうか。でも、この繰り返しは厚塗りになって、余計にメイクが崩れてしまうのであまりおすすめできません。

どうしたらメイク崩れをしないベースメイクがつくれるのか、そのやり方を紹介します。

崩れないベースメイクは肌の土台を整えることから!

http://girlydrop.com/beauty/4952
夏のメイク崩れを防ぐには、ファンデーションをのせる前のスキンケアで肌をしっかり整えることが大切です。洗顔後は化粧水のあとに乳液などの油分で蓋をしますが、ポイントはたっぷりの化粧水で肌内部に水分を補ってから、少量の油分で保湿をすることです。

冷房や紫外線の影響で肌が乾燥すると、保湿を重視して油分を多く与えたくなりますよね。でも、汗や皮脂が多くなる夏に油分の多いスキンケア化粧品を使うと、余計に肌がべたついてメイクが崩れやすくなります。

夏は汗や皮脂で油分は十分に足りているので、必要以上に補うことはありません。油分とのバランスをとるために、水分を補うことを心がけましょう。

夏のベースメイクは下地を重視

https://pixabay.com/ja/%E5%94%87-%E7%9A%AE%E8%86%9A-%E7%99%BD%E3%81%84%E8%82%8C-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%81%82%E3%81%94-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E9%A1%94-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-468915/
ベースメイクというと、肌の質感や毛穴、色むらなどのカバー力のあるファンデーションに重点をおきがちです。確かに、ファンデーションだけできれいな肌になれますが、カバー力を求めるほどに厚塗りになってしまうので、メイクが崩れやすくなります。

夏のベースメイクではファンデーションよりも、高機能な化粧下地に重点をおきましょう。化粧下地には皮脂崩れ防止機能のあるものや、色補正力のあるもの、ツヤ感がアップするものなど、たくさんの種類があります。

化粧下地だけでも十分肌がきれいに見えるので、ファンデーションを厚塗りする必要がありません。でも、いくら化粧下地が優れているとはいえ、欲張って色々な機能の下地を組み合わせて使うと、厚塗りになってメイクが崩れやすくなります。化粧下地を選ぶ際は、自分がどんな肌になりたいか、目的を一つに絞りましょう

そして、夏は紫外線量が多いのでUVカット効果を兼ね備えた化粧下地かどうかもチェックしてくださいね。ただし、長時間屋外で過ごす場合は、UVカット効果が弱いことがあるので、日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗るようにしましょう。

崩れにくいベースメイクのやり方

http://girlydrop.com/landscape/3918
ファンデーションは、大きくパウダータイプとリキッドタイプの2つに分けることができます。リキッドタイプは油分の多いイメージがありますが、最近では皮脂を押さえる機能があったり、水を主体としてつくられていたりと、一概に夏に不向きとは言えません。

ファンデーションを選ぶ際は、自分が使いやすい方を選んだら良いと思います。では、それぞれのファンデーション別・崩れにくいベースメイクのやり方を紹介しますね。

崩れにくいベースメイク~パウダーファンデーション編~

http://gahag.net/008023-foundation-cosmetics/
1.化粧下地を手にとり、両手に馴染ませてからスキンケア感覚で均一に伸ばします。両手で密着させるように手の平で押さえましょう。 2.ファンデーションのつけ方には、スポンジとブラシを使う2通りのやり方があります。 スポンジの場合:スポンジにファンデーションをつけて、顔の内側から外側に向かって伸ばします。スポンジを裏返して、ファンデーションのついていない面で押さえて密着させます。
ブラシの場合:ファンデーションをブラシに馴染ませて、顔の内側から外側に向かってクルクルと回しながらつけます。一度、ブラシをティッシュオフしてから肌の余分なファンデーションを落とします。

崩れにくいベースメイク~リキッドファンデーション編~

https://pixabay.com/ja/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3-%E9%BB%92%E3%81%AE%E8%83%8C%E6%99%AF-%E6%B6%B2%E4%BD%93%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-1142094/
1.化粧下地のつけ方は、パウダーファンデーションと同じです。
2.リキッドファンデーションは化粧下地のように、手にとって両手に馴染ませます。
3.頬などの広い部分をスキンケア感覚で均一に伸ばし、小鼻など細かい部分は指で馴染ませます。
4.手の平で押さえて密着させたら、フェイスパウダーを顔全体につけます。ブラシを使ったパウダーファンデーションのつけ方と同じように、ブラシに馴染ませて、顔の内側から外側に向かってクルクルと回しながらつけましょう。

リキッドファンデーションを使う場合は、必ず最後のフェイスパウダーを忘れないようにしてください。フェイスパウダーは皮脂を吸着して、サラサラな肌にしてくれる役目があります。目の周りにもつけておくと、アイメイクの崩れも防ぐことができますよ。

まとめ

https://pixabay.com/ja/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%8F%8B%E6%83%85-%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%84-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%B9%B8%E7%A6%8F-%E5%B9%B8%E3%81%9B-1853958/
夏のベースメイクは土台である肌がべたついていては、どれだけ高機能な化粧下地やファンデーションを使っても崩れやすくなります。スキンケアでは、肌内部の水分を補うことを重視してくださいね。

大人女子は少なからず、何らかの肌悩みを抱えていると思います。シミや毛穴を隠したい気持ちは分かりますが、ファンデーションで隠そうとすればするほど厚塗りになって、ベースメイクが崩れやすくなるので注意してください。

使用するファンデーションはパウダーでもリキッドタイプでも構いませんが、崩れにくいやり方でつけてくださいね。崩れにくいベースメイクで、快適な夏の肌を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします