image16

わかってるけど都合がいい。ダブル不倫には向き不向きが存在する!?

image16
ここ最近、芸能人のスキャンダルなどで特に注目されているダブル不倫。旦那や妻にドキドキしなくなったけど離婚するほどでもない…そしてダブル不倫の深みにハマってしまう既婚者って意外と多いそうです。そんなダブル不倫、実は向き不向きが存在するんです!今回はダブル不倫の向き不向きをや注意点などをご紹介します。

いけないってわかっているけど都合がいい。

image10
引用元:https://welq.jp/49502
不倫はとってもリスキー。バレてしまったら双方の家庭や人生が滅茶苦茶になる上、賠償問題にもなり兼ねません。

危険だとわかっているけど、わかっているからやめられない。結婚と違って永遠ではないけど、いつ終わるかもわからずズルズル…

そんな関係を続けてしまっている既婚者って意外と多いんです。

≪ダブル不倫はお互いに一番じゃないし理解があるから都合がいい≫。確かに、お互い家庭を持っているからこそわかって欲しい所は理解し合える…

都合がよく気楽に愛し合える関係ではありますが、バレずにこのまま続けられるのか心配になりますよね。

この≪ダブル不倫≫、実は向き不向きがあるのをご存知ですか?今回はダブル不倫のメリット・デメリットや、向き不向きについてご紹介していきます。

ダブル不倫とはどういう状態を指すの?

image17
引用元:https://welq.jp/17747
ダブル不倫が話題になっていますが、意外とダブル不倫を間違えた意味で捉えている人が多いのも事実です。本当の意味の≪ダブル不倫≫とはどういう状態を指すのでしょうか。

答えは≪自身が既婚者であり、不倫相手もまた結婚している状態≫を指します。

≪一組の夫婦が公認でお互い別の異性(未婚既婚問わず)と不倫関係である状態≫をダブル不倫とは一般的に言いません。

基本的に自身のパートナーも不倫相手のパートナーも不倫されている事を知らない状態です。

その為発覚した時に修羅場化しやすく、その修羅場も通常の不倫よりずっと大きい騒ぎになりがちです。

ダブル不倫をする事で得られるメリットとは

image11
引用元:https://welq.jp/15403
ダブル不倫をする理由は「そこにメリットがあるから」です。ハイリスクであるという事に喜びを感じる人もいますが、メリットがないのにハイリスクな事はなかなかできません。

それでは、ダブル不倫のメリットとはどのようなものなのでしょうか。

・デートが終わっても寂しくない、帰る場所がある
・恋愛のドキドキを味わう事ができる
・ストレスを溜めずに生活ができる
・魅力的な自分でいられる

独身の頃のデートは、デートが終われば一人きり。寂しい思いをして眠りにつきます。しかし、ダブル不倫の場合はデートが終わっても旦那や子ども、家族がいます。

デート中も、デート後も幸せを満喫できる事を喜ばしく考えている人が多いそうです。また、パートナーと一緒に暮らしていると、どうしても不満など溜まりがち。

家事や仕事でのストレスも、不倫相手と会う事ですべて吹き飛んでしまいます。そうする事で家族やパートナーに対して優しい気持ちで接する事ができるという人もいます。

恐ろしすぎる!ダブル不倫のデメリット

image15
引用元:https://jooy.jp/13703
・莫大な慰謝料を請求される
・脅迫される可能性がある
・世間体が悪くなる
・お互いの家庭を壊し、実の両親にも見放される事もある
・無意識に凄まじいストレスを感じる
・別れを切り出した時に家庭を巻き込んだ修羅場になりやすい

嘘がいつかバレるように、小さな綻びから不倫がバレるケースが非常に多いです。そうなったらもう大変、恐ろしい現実が一気に押し寄せてきます。

相手の家庭の配偶者から慰謝料を請求される事が基本的ではありますが、その額はなんと数百万~数千万と莫大な金額を請求される事になります。

更にそれがきっかけで離婚になった場合、パートナーからも数百万~の慰謝料を請求され、子どもがいる場合は親権剥奪、養育費の請求などとても払いきれないお金を払い続けなければならなくなる可能性があります。

また、不倫が他人に知られてしまった場合、それをネタに脅迫される可能性も浮上します。社内で不倫がバレてしまった場合世間体も悪く、退職に追い込まれるケースも少なくありません。

そして何より恐ろしいのは、不倫相手との別れを切り出した時。

「全てバラす」「家庭を壊す」と言われ不倫相手に不倫の真実だけでなく、根も葉もない事を打ち明けられたりひどい嫌がらせをされて家庭諸共滅茶苦茶にされるというケースも近年非常に多いそうです。

ダブル不倫に向いている人ってどんな人?

image14
引用元:https://welq.jp/17747
「結婚に向いていない」「恋愛に向いてない」と聞くように、不倫にも向き不向きが存在します。

≪不倫が向いている≫というのは、≪不倫をしてもバレにくい人、精神的に病まない人≫を基本的には指します。

それでは、不倫に向いている人というのは、どういう人なのでしょうか?

・上手く嘘がつける人
・きちんと割り切れる人
・我慢強い人
・感情的にならず冷静に考えられる人
・しっかりと覚悟を持てる人

恋愛にのめり込みやすい恋愛体質の人は向いていないと言えます。相手にも家庭があり、それを理解し合う事で成立している関係です。

自分が一番になる事はなく、パートナーの一番であり不倫相手の一番でもありたいという願望は叶う事がなく、単なるワガママでしかありません。

お互いにとって、≪家庭が一番≫でなくてはなりません。会う約束をしていても、家庭の都合でいくらでもキャンセルできてしまいます。

すぐに会いたい!と思っても会えません。そういった状況で「不倫だし」と割り切れなければ、不倫の関係は維持できません。

不倫とは≪倫理に反した関係≫です。いつか必ず別れが来ます。

綺麗に別れられるのか、修羅場になるのか、バレて滅茶苦茶になるのかは運と自分次第です。

ダブル不倫で注意すべき事とは?

image08
引用元:http://saras-media.com/36255
ダブル不倫をして、バレてしまったら一貫の終わり。そこからは修羅の道です。お互い、自分の家庭を壊したくないという気持ちは一緒ですよね。

それではダブル不倫がバレる前に注意しなければいけないポイントをご紹介します。

・会う時はなるべく遠くで会うようにする
・二人の間でしかわからない隠語を使う
・言い訳をしっかりと事前に作っておく
・物的証拠は処分を忘れずに

人の目はどこにあるかわかりません。自分の家族だけでなく、パートナーの友人、ご近所さん、会社の人間などたくさんの目があります。

普段全く話さない人でも、不倫の現場を目撃してしまったらあっという間に噂が広がって大変な事になります。自宅や職場の近くは避け、なるべく遠くで会う事をオススメします。

それでも周りからの情報提供があるケースも少なくありません。そういった時のために、≪なぜお互いが仲が良いのか≫など、説明できる≪もっともらしい関係性≫を作り上げておく必要があります。

また、万が一携帯をチェックされた時にバレないように、約束事でも仕事の内容に見えるようにお互いの間で隠語を作っておきましょう。

ダブル不倫をやめるためには?

image13
引用元:http://www.papodebuteco.org/entry15.html
ダブル不倫にもいつか終わりがやってきます。

≪パートナーと同じようにドキドキしなくなった≫≪罪悪感に耐えられない≫など理由は様々。

しかしダブル不倫というのはなかなか終止符の打ちにくいもの。終わりがあるとわかっていながら、終わらせ方がわからないと悩んでいる人も多いのです。

ダブル不倫をなるべく綺麗に終わらせる事はできるのでしょうか。

・連絡頻度を減らして自然消滅
・将来の話をする
・完璧に相手との関係を絶つ
・家族や周りにバレたとウソをつく

単なる自然消滅というのは、時間もかかる上相手も同じ気持ちでいないと難しいのが現実です。つい流されてずるずる…という事にもなり兼ねません。

それでも自然消滅で別れたい場合は、連絡を減らしていく事から始めると良いでしょう。連絡を減らして行き、素っ気ない態度で返事をする事で≪冷めた≫という感情をアピールできます。

そこで不安がって相手が押してきても、別れると決心したのなら会ってはいけません。今までの事もすべて無駄になってしまいます。

別れると決めたなら、最後まで貫きましょう。

将来の話をする、これはお互いを冷静にさせるいいきっかけになりやすいです。お互いに家庭があり、二人の関係にゴールがないという事。

ゴールがない故、リスクを負い続けてまで一緒にいるメリットデメリットを話し合えば、綺麗に別れられる可能性も高くなります。

そして完璧に相手との関係を絶つ、という方法で別れられなくもありませんが、急に何の話し合いもなしにシャットアウトしてしまうと、相手が逆上するきっかけにもなり兼ねない為、一度話し合ってから関係を絶つようにしましょう。

まとめ

image12
引用元:https://gunosy.com/articles/RLsPq
いかがでしたか?
なかなか終わりの見えない不倫関係を続けるのも終わらせるのも、根気や精神力が必要になります。

不倫を楽しんでいる間はとても満ち足りた生活を送っていられますが、未来のない恋愛には必ず別れがあります。

そして不倫に関して幸せな結末というものは訪れません。倫理に反した行為だからです。

泥沼にならないように、覚悟と強い精神力を持って不倫と向き合ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします