Beauty

古いコスメは汚肌の原因!買い替えのタイミングは半年を目途に

Beauty
あなたが使っているコスメ、いつ買い替えたものですか?古いコスメは想像以上に不潔で、汚肌や肌荒れの原因になります。新年度を迎える前にコスメポーチの中を大掃除しましょう!

はじめに

引用元: http://girlydrop.com/
Twitterで「#化石コスメ」というハッシュタグが流行しています。思い出があって捨てられないものや母や祖母にもらったものなど、懐かしくてかわいらしいコスメの写真がたくさんアップされました。

コスメのデザインは凝ったものが多いので、コレクションしている人も多いのではないでしょうか。わたしも学生時代にバイトして初めて買った香水のボトルはなかなか捨てられませんでした。

ところでコスメの替え時をあなたは把握していますか?毎日メイクをしていても、コスメは案外なくならないものです。特にあまりメイクをされない方は、何年も前のファンデーションを使い続けている、なんてことはありませんか?

コスメにも使用期限は存在します。そして古いコスメを使うと、わたしたちが想像するよりもずっと肌に悪影響があります。春の装いを準備するだけでなく、コスメポーチの中も大掃除してみませんか?

コスメの使用期限はだいたい半年

引用元:http://girlydrop.com/
一般的に新品未開封のコスメの使用期限が3年とされています。購入した日ではなく、製造した日からカウントします。使用期限が書いてある場合もありますが、あくまで「未開封」の場合の期限です。

食べ物と同じで、開封したコスメはなるべく早く使うようにしましょう。使い切るのは難しいと思いますので、開封して半年が使用期限だと考えてください。オーガニックコスメは添加剤が含まれていないことが多く、使用期限も2~3ヶ月と短めに設定されている場合がほとんどです。

化粧品メーカーは季節ごとに新作を発表します。そんなにたくさんは買えないと思っていましたが、使用期限のことを考えると、季節ごとの新作は理にかなっているのかもしれませんね。

以下に、コスメごとの使用期限の目安をまとめたので参考にしてください。

マスカラ:2~3ヶ月

マスカラは目元で使用するので雑菌がつきやすい特徴があります。さらにブラシをボトルの中に出し入れするので、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。ですので2~3ヶ月を目安に新しいものを買うようにしましょう。

リキッドアイライナー:3ヶ月以内

マスカラと同じように雑菌が繁殖しやすいので3ヶ月を目安に買い替えてください。

リップ・口紅:半年

皮膚より薄い唇に塗るものなので、使用期限は半年程度です。半年たっていなくても汗をかいている口紅は油分が溶け出している証拠なので、使わないようにしてください。

下地、ファンデーション:半年

肌に直接塗る下地やファンデーションもだいたい半年が目安です。

シャドウやチークなどのパウダーコスメ:1年

肌や粘膜に直接触れにくいパウダーコスメは、1年を目安にしてください。

古いコスメを使うとどうなるの?

引用元: https://pixabay.com/
コスメが空気に触れると酸化し、雑菌が繁殖します。古いコスメを使うということは、雑菌を肌に塗りたくるのと同じことです。

吹き出物(ニキビ)ができる

酸化した油脂が毛穴につまると、吹き出物(ニキビ)の原因となります。特に皮脂が多い人は毛穴のつまりを起こしやすいので要注意です。

ものもらいができる

古くなったアイライナーやマスカラが目の粘膜につくと、雑菌が入ってものもらいの原因になることがあります。

唇の荒れ・口唇ヘルペスの原因に

唇は口腔内の粘膜とつながる部位で、通常の皮膚よりも薄い皮に覆われています。リップや口紅は雑菌が繁殖しやすいので、古い製品を使うと唇の荒れや口唇ヘルペスなどの病気の原因になります。

くすみ・しみ・色素沈着の原因に

酸化した製品を肌に塗ると、肌が刺激されてメラニン色素を分泌するようになります。くすみやしみ、色素沈着の原因になります。肌を刺激せず負担をかけないためにも、なるべく新しいコスメを使わなくてはなりません。

古くなったコスメの見分けかた

引用元: https://pixabay.com/
すでに持っているコスメの中には、使用期限がわからなくなっているものもありますよね。簡単な見分け方をご説明します。

まず分離しているものはNGです。リキッドファンデーションだけでなく、乳液やネイル関係も、分離しているものはすぐに捨てましょう。

変色しているものも、酸化が進んでいる証拠です。変な臭いがする場合やツンとした刺激臭がある場合も、酸化が進んでいるか雑菌が繁殖しています。

コスメを長持ちさせるコツ

引用元: https://pixabay.com/
雑菌の繁殖と酸化がコスメをダメにする原因です。ではどうすれば長持ちするのでしょうか。

直接指につけない

時短メイクやなじませのテクニックに、指や手を使うものがあります。しかしわたしたちの皮膚にはさまざまな雑菌がいるので、コスメのボトルに直接指をつけるのは避けるようにしましょう。ブラシやパフ、ヘラなど専用の道具で出してから指につけるようにしてください。

道具を清潔に保つ

パフやブラシは最低でも週に1回は洗うようにしましょう。専用の洗剤も売られていますし、特にパフやスポンジは100円均一で大量に購入できます。何度も洗うのが面倒なら、使い捨てることも検討してください。

リップブラシを使う

口紅やリップを直接唇に当てると、唾液がついてしまいます。雑菌が繁殖しやすくなるので、絶対にリップブラシを使うようにしてください。指ですくってつけるのもNGです。ブラシの洗浄も定期的に行わなくてはいけません。

大量に出たら戻さず捨てる

大量に化粧品が出てしまい、もったいなく感じることがありますよね。そういうときは元のボトルに戻さず思い切って捨てましょう。どのみち使用期限があります。あきらめも肝心です。

まとめ

引用元: http://girlydrop.com/
いかがでしたか?コスメの寿命は意外と短いですね。コスメポーチの中身をチェックしてみてください。きっと買い替えのタイミングを迎えているものもあるはずです。古いコスメとさよならして、透明感のある美肌をキープしてくださいね。
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします