Beauty

目元のしわを改善する方法を大公開!エクササイズやクリームなど

Beauty
まだそんな年じゃないはずなのに、ふと鏡を見ると気になる目元のしわ。一度見つけてしまうと、ずっと気になってしまいますよね。そんな目元のしわを改善する方法について、自宅で簡単にできる方法を調べてみました。

はじめに

引用元:https://pixabay.com/
まだ若いのに目元のしわが目立つ人と、そうでない人がいます。目元のしわは遺伝なのでしょうか。目元のしわが目立たない人は、何か特別なケアをしているのでしょうか。

目元にしわが目立つ理由とは

引用元:https://pixabay.com/
顔の中でも「ほうれい線」と呼ばれる、口の両サイドにできるシワと、目元にできるシワの2つは、取りたいシワとしてよく話題に上ります。今回はその2つの中でも目元のしわに焦点をあてたいと思います。

目元の皮膚はとてもデリケート

体の他の部分の皮膚に比べると、顔の皮膚はデリケートですが、特に目の周りの皮膚は薄く、よりデリケートなため、ちょっとしたダメージがシワになりやすい部分でもあります。「目は口ほどにものをいう」ということわざがありますが、目の周りは皮膚が薄いのに、瞬きをするなど、非常によく動く部分でもあるのです。

1度できたシワをなくすことはできる?

結論からいうと、1度シワが出来てしまっても、ケア次第で目立たなくすることは可能です。机にうつ伏せて寝ていたりして、顔に変なシワが寄ってしまうことがありますが、時間が経つと元通りになりますよね。同じように、目元のシワもできたばかりの段階なら、正しいケアで改善させる方法はあります。

目元にシワができる原因とは?

引用元:https://pixabay.com/
皮膚が薄くデリケートなせいで悪目立ちしてしまう目元のシワ。目元にシワができる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

表情のクセでシワができやすくなる

顔の彫りが深いなど、シワができやすい顔の作りというのもありますが、たとえば眼鏡やコンタクトが合わなかったり、パソコンに長く向かって作業をしていると、自然と眉を寄せていたり、しかめっ面をしていることがあります。

このような顔のクセ、表情やしぐさのクセを持っていると、無意識に目の周りにシワができてしまう状態が長く続き、彫りが深くなくても眉間や目元にシワができる原因になってしまいます。

二重まぶた用のアイテムには注意

まぶたを接着して折り畳み、人工的に二重まぶたにするための接着剤やテープが市販されていますが、使い方を間違えると、目元に不自然なシワができる原因になります。また、接着剤やテープを取るときに強くこすったり、爪を使ってはがしたりすると目元の皮膚がダメージを受け、シワの原因になることがあります。

肌が乾燥していると目元のシワの原因に

肌が乾燥しがちで保湿が足りていなかったり、アトピーや日焼けなどで肌が乾燥した状態の人は、肌に弾力が少なく、角質が厚くなりやすいため、しっとりしている人よりも目元にシワができやすく、できたシワも残りやすくなります。

また、環境が変わって乾燥する地域や日差しの強い地域へ引っ越したり、エアコンの強い部屋に長時間いるようになると、それまでのスキンケアでは保湿が追い付かずに乾燥してシワになることもあります。

目元のシワを改善する方法:スキンケア

引用元:https://pixabay.com/
目元のシワができる原因がわかったところで、できてしまった目元のシワを目立たなくしたり、改善する方法について見ていきましょう。

目元のシワには治るものと治らないものがある?

目元のシワには、大きく分けると2種類のシワが存在します。1つは乾燥や角質が厚くなることによって目元の肌の表面にできる、いわゆる「ちりめんシワ」と呼ばれる、細かいシワです。ちりめんシワは肌の表面に起こっているだけなので、たっぷりと保湿をして、肌のターンオーバーを促すサポートをしていけば、やがて目立たなくなり、シワは改善していきます。

もう1つは、目尻や眉間など、肌の奥深くまで折りたたまれてしまったシワです。顔の筋肉に対して垂直に刻まれたシワは治すのに時間がかかったり、治ったと思ってもまたできてしまったりしますが、しっかりとしたケアで目立たなくすることは可能です。

目元のシワを改善する保湿ケア

目元のシワを改善するために、まずはしっかりと保湿を行いましょう。高価な化粧水よりも、リーズナブルで大容量のものをたっぷりと、たくさん使って保湿することが大切です。浸透圧を利用して肌へ水分を引き込むシートマスクは使いやすくて便利ですが、シートをつけっ放しにすると、逆に乾燥してしまうので注意しましょう。

目元のシワを改善するアイクリーム

引用元:https://pixabay.com/
たっぷりと水分を補給した後は、アイクリームなどで肌に蓋をして、水分が逃げないようにケアしましょう。特に乾燥が気になるときは、日に何度か塗り直した方がよいかもしれません。まぶたのエクササイズをするときにもクリームやオイルを塗れば、ダブルのシワ対策になるのでおすすめです。

目元のシワを改善する方法:その他

引用元:https://pixabay.com/
スキンケア以外にも、目元のシワを改善するのに取り入れたい方法がいくつかあるので、ご紹介したいと思います。

目元のシワを改善するエクササイズ

しっかり保湿を行ったら、目元のシワを改善するために表情筋のエクササイズをしましょう。アイクリームや美容液を薄く塗り、眉毛を上げたまま、ゆっくりと下まぶたを引き上げるようにして、眩しいときのような感じで5秒ほどキープします。

今度は、両手の中指を眼頭に、人さし指を目じりに軽く当て、まばたきを繰り返します。強く引っ張ったり、こすったりしないように注意しながら、10回程度行いましょう。目の疲れを取ったり、近くを凝視していた目の周りの筋肉をほぐすのに役立ちます。

目元のシワを改善する食べ物

引用元:https://pixabay.com/
スキンケアと同じくらい、食事も目元のシワを改善するのに見直したい部分です。肌を活性化するためには、こまめな水分補給と、肌を作るもととなるたんぱく質やアミノ酸と、ビタミン類を意識して食べるようにしましょう。コラーゲンを作るはたらきを助ける鉄分も、海藻類から摂るようにします。

たんぱく質は卵白やゼラチン、煮魚などがおすすめです。ビタミンCやB群などは野菜やフルーツのほか、忙しい場合はサプリメントで補給してもよいですね。手間をかけ過ぎるよりも、無理なく続けられることの方が大事なので、できるだけ続けやすい方法を選ぶようにしたいものです。

まとめ

引用元:https://pixabay.com/
目元のシワが気になりだしたら乾燥していないかチェックして、目が疲れたら筋肉をほぐし、バランスの良い食生活でシワを撃退してしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします