Beauty

補正下着はダメじゃない?効果がわかる正しい使い方とは

Beauty
補正下着といえば「着るだけでバストやウエストメイクの効果がある魔法の下着」というイメージがあります。その一方で「高い」「効果がない」といった評判も耳にしますね。補正下着を着用するのはスタイル改善に効果があるのか、正しい使い方やメリット、デメリットなどについてご紹介します。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
結婚式やパーティーへ出席するとき、久しぶりに友人と会うときなど、ドレスアップしたいときにはおしゃれなファッションアイテムと同じくらい、いやそれ以上に「おしゃれなボディ」が欲しくなるもの。引き締まったウエストにツンと上がったバスト、ほどよく丸みのあるヒップがあれば、シンプルな装いでも充分おしゃれに仕上がります。

とはいえ、忙しい毎日の中で運動する時間を確保したり、食事管理を続けるのは至難の業です。体質的に太りやすい人にとって、スタイルキープは永遠の課題です。せめてこの1日、数時間だけでも美ボディになれたら…そんな願いをかなえてくれるアイテムとして気になるのが補正下着です。

補正下着は着用することで脂肪をバストやヒップに集め、ウエストにくびれを作るだけでなく、毎日着け続けると姿勢も良くなり、運動することなくサイズダウンして美しいスタイルを手に入れられる、といわれています。

かなり魅力的な効果がうたわれる一方で高価な補正下着も多く、購入するのは二の足を踏んでしまいますね。ここでは、補正下着を着用すれば本当にスタイルが良くなるのか、毎日着け続けないと効果がないのか、体に悪影響があるのでは?といった疑問について見てみましょう。

補正下着の効果について

引用元: https://pixabay.com/
結論から言ってしまうと、補正下着は長期間着けなくても、着けた瞬間から効果を実感することができます。この場合の効果とは「補正下着を着けていないときよりもスタイルをよく見せる という効果です。これは過去に補正下着を着用したことがある人なら、納得されることと思います。

補正下着には太ももからヒップ、ウエスト、バストまで一体になったボディスーツをはじめ、ガードルやストッキングなど、さまざまなタイプの下着があります。補正下着専門のメーカーでは、実際に来店してサイズを測り、その人の体に合った下着の購入をすすめられるケースが多いのです。

サイズの合った下着を買うだけでなく、ホックの留め方やぜい肉の寄せ方など、着用方法に細かいルールがあり、正しく着用することによって背中やわき腹に流れたお肉をバストやヒップに集め、メリハリボディを作れるように開発されているのです。

補正下着は着け続けないとダメ?

引用元: https://pixabay.com/
補正下着メーカーの多くは、補正下着を常に着け続けることにより、柔らかな脂肪を動かして定着させ、最終的に下着を着けていなくても美しいボディラインになれると宣伝しています。どうやらナチュラルなスタイルをよくするためには短期間ではダメで、長期間補正下着を着けなくてはならないようです。

指輪をしている指が細くなるように、中世ヨーロッパ時代の女性がコルセットを巻いてウエストを細くしていたように、締め付けの強い下着を着け続けることで、その部分を細くする効果があるのでしょう。メーカーによっては、補正下着で姿勢もよくなり、骨盤や骨格の矯正もできると説明しているものもあります。

補正下着の説明だけを聞いていると、普段美容に構う時間のない女性でも興味をそそられてしまいますが、本当にそんな効果があるのでしょうか。補正下着をつけることによるデメリットはないのでしょうか。

補正下着をつけ続けることで起こるメリット・デメリット

引用元: https://pixabay.com/
補正下着を着けることでやわらかい脂肪を集め、一時的にメリハリのあるスタイルにすることは可能です。また、強く締め付けることでその部分を細くすることも可能であるといえるでしょう。

しかし、締め付けの強い下着を長期間つけ続けることで体の血流をさまたげたり、もともとある筋力を弱めてしまうリスクもあるようです。体温計や体脂肪計メーカーであるオムロンのホームページでは、日常生活の冷え対策として、体を締め付ける下着などの着用は避けた方がよい、と紹介されています。また、腰痛用のコルセットなども、つけ続けることで筋力が弱まることを防ぐため、本当に痛むときだけ着用するのがよいとされているのです。

補正下着で体を締め付けることで体のめぐりが悪くなったり、筋肉が減って代謝を落とすと、健康的な体から遠ざかってしまいかねません。また、補正下着でサイズダウンした場合、新しいサイズで新たに補正下着を購入する必要があり、もともと高額な補正下着を何セットも購入し続けなければならない、というデメリットもあるのです。
引用元: https://pixabay.com/

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
補正下着でボディメイクするには、コストもリスクもあることを理解したうえで、地道に運動や筋トレで美ボディを目指した方がよさそうですね。パーティーや勝負時など、どうしても体のシルエットを整えたいときにだけ利用してみてはいかがでしょうか。

参考サイト: 「冷え」への対処は、原因を突き止めることから始まる(オムロンヘルスケア株式会社)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします