Beauty

白黒どっち? 着るだけで美白効果があるファッションコーデ

Beauty
肌への美白効果を高めるものといえば、コスメやエステなどを思い浮かべますが、普段着ている服や小物の色にも結構左右されるものです。色白に見える服選びや着こなしなど、美白効果のあるファッションコーデについてまとめています。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
秋になって日差しが柔らかくなってくると、夏の直射日光に晒されてうっすらと日焼けした肌が気になってきます。美白効果が高いといわれるコスメや日焼け防止グッズを使って気をつけていたのに、いつの間にか腕や顔だけワントーン暗くなっていたりしますよね。

パックやピーリングなどの美白ケアを行っても、その効果を実感するのに1ヶ月近くはかかってしまいます。秋のコーデを楽しみたいのに、肌だけが夏の雰囲気のまま。これはおしゃれ女子としてできれば避けたい事態です。

肌自体を白くする美白ケアも大切ですが、実は選ぶ服の色によっても顔映りを白く見せる効果が得られます。実際に白くなるわけではないですが、合わせる服や小物の色によって美白に見えるコーデがあるなら、積極的に取り入れたいですね。

乾燥やシミなど、季節の変わりめには何かと肌トラブルを抱えることも多いもの。毎日のケアを丁寧にしつつ、少しでも美白効果が感じられるファッションコーデについて調べてみました。

白と黒、美白効果があるのはどっち?

引用元: https://pixabay.com/
シチュエーションを選ばず、定番カラーとして活躍できる白い服と黒い服。肌の色を白く見せる、美白の効果が高いのはどちらでしょうか。

日本人の肌色は黄色味のあるベージュに近い色をしています。ピュアなホワイトと比べると当然肌の色の方が暗く、逆に黒と比べると肌色は明るいため、黒い服を着ている方が色白に見える気がします。そのため、肌が白く見えるように黒い服を選ぶ人も多いかもしれませんが、実際は少し違うようです。

色が持つ特性として、淡い色は濃い色の影響を受けやすいということがあります。白やベージュなど、淡い色のそばに黒や白といった濃い色を置くと、淡い色単体で見るよりも黒っぽく見えたり、白っぽく見えたりします。 肌の色にも同じ効果があると考えると、黒い服を着ているときは肌の色は実際よりも暗く、白い服を着ているときは実際よりも白っぽく見えることになります。美白に見せたいなら、黒い服よりも白い服を選んだ方が肌は明るく見えるのです。

暖色系と寒色系、美白効果があるのはどっち?

引用元: https://pixabay.com/
では、赤やピンク、黄色やオレンジといった暖色系の色とブルーやグリーン、グレーといった寒色系の色ではどちらが美白効果があるのでしょうか。

日本人の黄色がかった肌に黄色やオレンジの服を合わせると、肌の上に黄色やオレンジの色みがプラスされることになります。肌の黄色感が強くなるということは、より焼けた肌のように見えてしまう可能性があるわけです。

逆にブルーやグリーンの服を着ると、肌の上に寒色系の青みがプラスされます。そうすると肌に青みが増すことになり、暖色系より肌が白っぽく見えるのです。美白効果をねらうなら、暖色系よりも寒色系の色を選んで着る方が肌はより白く見えることになります。
引用元: https://pixabay.com/
暖色系の色は女性らしく見えるので、デートや合コンでは着る服にピンクやルビー色などの暖色系を選びたくなりますが、美白見せを考えるならクールな青みを感じさせる寒色系の服の方がいいんですね。

秋コーデに美白効果をプラスする方法

引用元: https://pixabay.com/
白やブルーのコーディネートの方が美白効果があったとしても、どちらもなんとなく夏を思わせる色みですね。秋色コーデにはえんじ色などの深みのある色や、黒を使ってシックに見せたいもの。秋らしい雰囲気を出しつつ、美白に見せる方法はあるのでしょうか。

秋になると長袖やタイツなど、肌を覆う服装に変わってきます。美白の効果を出すのは肌が1番大きく露出している部分、つまり顔周りが明るく白っぽく映ればよいわけです。黒や暖色系の服を着る時に、襟の部分だけ白いトップスを選んだり、白いストールやマフラーなど、顔の近くに明るい色の小物を持ってくることで、秋色の服を着ても肌を明るく見せられます。

髪の色も黒っぽいよりは、少し明るくした方が美白効果がアップします。カラートーンも赤みや黄色みのあるヘアカラーより、アッシュ系などの寒色系が美白見せには効果的です。就業規則などで髪をあまり明るくできない場合は、帽子やピアスにホワイト系やブルー系のものを選ぶと色白っぽく演出できます。

ここで注意したいのは、美白コーデにはいわゆる「イエベ」「ブルべ」といった肌の色味の違いが考慮されていないことです。美白見せ効果のある色が自分に似合う色とは限りません。たとえ色白に見えなくても、鏡の前で色を当てて顔映りがよい色を選ぶのが最終的には正解だといえます。
引用元: https://pixabay.com/

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
秋になるとニットやベロアなど選べる素材も広がって、レイヤードする楽しみも増えてきます。本当の美白ケアも続けながら、色白に見えるコーデや顔映りが華やぐ色みの服を探して、秋らしく自分らしいおしゃれを楽しみたいですね。
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします