Beauty

美白コスメより身近なアレ? 肌にうれしいビタミンCが豊富な食材とは

Beauty
美白になるためのコスメはたくさんありますが、コスメだけに頼って美肌になるよりも、食生活にも気をつけて、体の内側からも美白をサポートしたいものです。身近で手に入る自然派食材のうち、美白のサポートをしてくれるビタミンCを多く含んだ「食べるコスメ」をご紹介します。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/
美容液にクリーム、ホワイトニングマスク。美白用のコスメは種類もたくさんあって、どれを選んでいいか迷うほどです。どのコスメが1番効果があるのか、詳しく調べれば調べるほど、同じような成分や美白効果が書いてあって、1つに絞って選ぶのは難しいですよね。

美白を目指すためにコスメに頼るのもいいですが、本当に肌のことを考えるなら、毎日の食事にも気を使いたいもの。ジャンクフードばかり食べて美白コスメを使うよりも、健康的な食材を摂り入れつつ肌のケアを行う方が、より美肌に近づくのは明らかです。

実際に、自然由来の成分や植物エキスなどが配合された美白用コスメも多いのです。美白や美肌をサポートする食材は、いってみれば「食べるコスメ」。みずみずしい肌を保つための水分を化粧水だけで補うのは無理がありますよね。

美白のケアには外側からだけでなく、内側からも取り組みたいもの。ここでは、メラニンの生成を抑えるはたらきのあるビタミンCを豊富に含んだ食材について調べてみました。

ビタミンCを豊富に含む食品の第1位は赤いアレ

引用元: https://pixabay.com/
文部科学省が公開している食品データベースでは、特定の成分を多く含む食品をランキング形式で確認することができます。多くの美白コスメに配合されているビタミンCが100g中にもっとも多く含まれている食品を調べてみると、1位にランクインしていたのは「生のアセロラ」でした。

生のアセロラ100gに含まれているビタミンCはおよそ1,700mg。31位にランクインしているレモンの17倍にもなります。アセロラには酸味種と甘味種の2種類があり、このうち酸味種に多くのビタミンCが含まれているようです。

こう聞くと「すぐにアセロラを買いに行こう」と思いたくなりますが、アセロラの酸味種は生食用に流通しているものは少なく、主に加工用として使われています。甘味種の生アセロラも収穫後日持ちがしにくいため、スーパーなどでもあまり見かけません。ちなみに甘味種のアセロラになると、ビタミンCの含有率は半分以下の800mgとなります。

では、加工したアセロラドリンクはどうかというと、10%の果汁入りアセロラドリンクのビタミンC含有率は120mgまで下がります。レモンよりは多いですが、1位の量からはずいぶん遠くなってしまいますね。

2位以下に続くのはおなじみの緑の野菜たち

引用元: https://pixabay.com/
続いて、第2位にランクインしていたのは「ケール青汁」で1,100mg、第3位は「乾燥パセリ」で820mgとなっていました。ケール入りの青汁や乾燥パセリはスーパーでも手に入れやすく、普段の食事でも気軽に摂り入れることができそうです。

でも、「さっそくケール青汁を買わなきゃ」「乾燥パセリってネットで売ってるかな」とすぐに探し出すのは待ってください。ここで注目したいのは「食品100g中に含まれているビタミンCの量」であることです。

厚生労働省が推奨しているビタミンCの必要摂取量は、成人女性で1日あたり75mgです。美白のために2倍は摂りたいと考えるなら、ケール青汁は15g程度、乾燥パセリは20g程度摂る必要があります。
引用元: https://pixabay.com/
ケール青汁1杯分の粉末は大体3g程度ですし、乾燥パセリに至っては、ガラス瓶1本で6g程度です。実際には他の食材も食べるため、これだけに頼るわけではありませんが、ジャンクフードやスナックがメインの場合、青汁と乾燥パセリだけで必要摂取量を補おうとすると、ちょっと大変ですね。無理をせず、気軽にビタミンCが摂れてしまう食品はないのでしょうか。

ストレスなくビタミンCを摂れるのは「身近な緑の飲み物

引用元: https://www.photo-ac.com/
日に何回も青汁を飲まなくても、ピラフやオムライスに乾燥パセリをかけまくって緑色の物体にしなくても、気軽に簡単にビタミンCが補える飲み物があります。それは「煎茶」です。

緑茶類100gあたりのビタミンC含有量は260mgで、食品成分ランキングでも5位にランクインしています。煎茶のビタミンCは熱で壊れにくいため、150mlでおよそ6mgのビタミンCが摂れます。ケール青汁1杯に含まれるビタミンCが約3mgなので、飲みやすさ、摂りやすさ共に煎茶に軍配が上がることになりますね。

市販のペットボトルなどに入った緑茶は加工や抽出など、製造過程で壊れてしまうビタミンCも多く、酸化防止剤として合成ビタミンCが入っています。天然のビタミンを摂りたいなら、煎茶の茶葉を買ってきて、自宅で淹れたものを飲むのがおすすめです。
引用元: https://www.photo-ac.com/

まとめ

引用元: https://pixabay.com/
ここではビタミンCを含む食材しかご紹介していませんが、ビタミンEやリコピンなど、美白をたすける成分は他にも色々あります。とりあえずは普段の飲み物を煎茶に変えつつ、美白作用のある成分を含む食材を探して、上手にメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。
肌のターンオーバーにかかる期間はおよそ1ヶ月。その頃には、食べるコスメの威力に驚いているかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします