Beauty

秋から使える美白クリームを選ぶ3つのポイント

Beauty
美白のために選ぶクリームとして、夏の間は「とにかく日焼けをしない」ことが目的になり、できるだけ紫外線をカットするタイプのものを選ぶことが多いですが、日ざしが落ち着く秋から使う美白クリームは、どのようなポイントで選べばいいのかを調べてみました。

はじめに

ひとくちに「美白クリーム」といっても、肌を白く保つためにはたらきかけるポイントがいくつかあります。美白クリームを選ぶときに知っておきたいポイントを3つに分けてご紹介します。

1.メラニン色素にはたらきかけるタイプ

肌が黒くなる主な原因の1つとして、紫外線などによって肌の内部にメラニン色素が生成されることが挙げられます。市販の美白クリームの中には、このメラニンにはたらきかけるタイプのものがあります。
https://pixabay.com

メラニンの生成を抑える

メラニン色素にはたらきかける成分としては、メラニンを作る細胞の活動を抑えたり、メラニン生成を促す原因となる物質をブロックしたりする効果のある成分で、市販されている美白クリームのうち、医薬部外品として販売されているものには「有効成分」としてその名称が記載されています。

認可されている成分はおよそ20種類

厚生労働省がメラニン抑制に有効であると認めている成分は、アルブチンやトラネキサム酸などおよそ20種類ほどあります。医薬部外品の美白クリームには規定量の有効成分が配合されており「メラニンを抑えてシミを防ぐ」といった効能を謳うことができます。

医薬部外品と化粧品の違い

医薬部外品でない商品にも有効成分が配合されているものがありますが、規定よりも少ない量だったり、逆に規定以上配合されているものもあります。規定以上の有効成分が配合されているからといって、その分効果が高まるとは限らないのですが、メラニンを抑えるタイプの美白クリームに限らず、医薬部外品よりも有効成分が多く配合されている化粧品もあることは知っておくとよいかもしれません。

2.肌のターンオーバーを促すタイプ

できてしまったメラニン色素が蓄積されると、シミやそばかすの原因となってしまいます。メラニンの蓄積を防ぐためには肌の代謝を上げ、ターンオーバーを促すことも大切です。
https://pixabay.com

古くなった角質は美白の妨げに

肌のターンオーバーが正常にはたらいていないと、メラニンの蓄積と合わせて、古くなった角質がいつまでも肌に残っていることも美白の妨げになります。肌の細胞を活性化させて、古くなった角質を落とすことによって、夏の日ざしを受けた肌も徐々に白く透明感のある肌に近づいていきます。

シミやそばかすにもはたらきかける

メラニンの生成を抑えるだけでは、既にできてしまったシミやそばかすを消すことはできません。夏は紫外線だけでなく、日焼け止め効果の強いクリームも肌に負担をかけています。日焼け止めはしっかりとクレンジングで落とし、クリームでケアして疲れた肌の代謝を促すサポートをします。
https://www.photo-ac.com/

植物由来の酵素やペプチド配合のものを

肌の代謝を促す美白クリームとしては、植物由来の酵素やペプチド、各種アミノ酸などターンオーバーを促す成分が配合されたものを選びます。メーカーによってさまざまな配合のバランスがあるので、自分に合った使いやすいものを選びましょう。

消炎や保湿効果のあるタイプ

メラニンの生成や肌のターンオーバーを正常にするためには、肌の状態が健康であることも大切です。肌荒れを改善して水分量をキープするタイプのものも、美白クリームとして選びたいアイテムです。
https://pixabay.com

ニキビケア用クリームで美白に

美白を目指す前に、ニキビや吹き出物などの炎症は1番にケアしたいものです。ニキビの赤みや炎症を抑える薬用クリームや、必要なら皮膚科などを受診して早めに対処して、肌を健康に保ちます。ターンオーバーを正常に保つためにも、肌トラブルは早めにケアしておきましょう。
https://pixabay.com

カウンセリングを受けてみるのもおすすめ

炎症などのトラブルがなければ、しっかりと保湿して肌の水分量を適切に保つことは何よりも大切です。保湿には「美白」というよりも、保湿することによって肌の調子を整え、肌を元気にしてあげて代謝を促すイメージなので、乾燥肌や敏感肌など、自分の肌質に合ったクリームを選びます。 自分は汗かきでニキビが多いから脂性肌だ、と思っていても肌の内部は乾燥していたり、乾燥が原因でニキビができやすくなっていることもあります。特に夏から秋へと季節が変わる頃は、紫外線のダメージで肌の調子が変わりがちなので、クリームやスキンケアのアイテム選びで迷ったら、1度カウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

セラミドやヒアルロン酸配合でたっぷりと保湿を

肌を健康に保って美白度をアップさせるためには、食事や日常生活も見直す必要がありますが、ターンオーバーを促す美白クリームとしてはセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が配合されたものがおすすめです。使い方としては、入浴後たっぷりと化粧水を使った後に保湿成分の入った美白クリームを使います。
https://pixabay.com

まとめ

市販の美白クリームには、メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促し、保湿もしっかりできる3つのポイントを全て押さえたクリームが多いです。どのポイントが自分に必要かを見極めて、夏の疲れた肌をぷるんと美白に戻してあげたいですね。
venga
VENGA編集部
VENGA編集部です。コンプレックスを持つ女性に寄り添う記事をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします