Beauty

「上品な華やかさ」がポイント!30代女子のお呼ばれメイクとは?

Beauty
お呼ばれする機会も多くなる30代。どんなメイクをしたら良いのか分からないという方もいると思います。そこで、30代のお呼ばれメイクの心得と、上品な華やかさを演出できるメイクのポイントをまとめました。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%97%A5-%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%84%9B-1953681/
30代にもなると、友達の結婚式はもちろんのこと、同窓会や会社のイベントパーティなど、お呼ばれする機会が増えますよね。そうしたときは、いつもよりもドレッシーな服を着ていることが多いと思いますが、あなたはどんなメイクをしていますか?

いつもと一緒なメイクでは少し物足りなさがありますし、だからと言って過度に盛りすぎると、痛い人と見られることがあります。お呼ばれメイクのさじ加減はとても大切で、どんなメイクをしたら良いのか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで、30代女子が知っておくべきお呼ばれメイク心得や、上品な華やかさを演出するお呼ばれメイクのポイントを紹介します。

30代女子必見!お呼ばれメイクの心得

引用元: http://girlydrop.com/beauty/4935
30代女子は何かとお呼ばれする機会が多いお年頃です。メイクでは次の3つのことを心がけましょう。

盛りすぎない華やかさ

お呼ばれするときは華やかなシーンが多いからこそ、いつもと同じメイクでは服や雰囲気に負けて薄い印象になります。とは言え、結婚式なら花嫁より目立つことはNGなので、盛りすぎることはよくありません。

30代女子は、お呼ばれメイクで盛りすぎると、周りからは痛く見えることがあるので、どんなお呼ばれシーンでも盛りすぎには注意してください。目指すのは、写真映えするくらいの華やかさです。

服に合わせたお呼ばれメイク

お呼ばれしたとき、シーンによってどんな服を着ていこうか迷いますよね。結婚式ならパーティドレスや着物ですし、2次会なら少しカジュアルダウンした服でも良いでしょう。また、同窓会なら流行を取り入れつつ、品よく見える服はおしゃれ上級者に見えます。

服は毎回変えているのに、メイクは同じになっていませんか?お呼ばれメイクは、服とシーンに合わせて変えていく方がおしゃれ度はアップします。例えば、着物とドレスでは似合うメイクが違い、着物に合うメイクをドレスでしても野暮ったく見えることってありますよね。

TPOに合わせた服とマッチしたお呼ばれメイクで、20代には真似できない大人のこなれ感を出していきましょう。

メイク直しができない状況でも崩れ知らず

30代に限ったことではありませんが、お呼ばれシーンでは、なかなかメイクを直しにいく時間がありません。夏は汗や皮脂でベースメイクが、感極まるシーンでは涙でアイメイクが崩れやすくなります。

場なれしていない20代では、後で鏡を見てびっくり!という経験もあったと思います。でも、経験してきたからこそ分かる30代では、事前にメイクが崩れないように作り込んで20代との差を見せましょう。

お呼ばれメイクのポイント1~目元はナチュラルに盛る~

引用元: https://pixabay.com/ja/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E9%A1%94-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%92%AE%E5%BD%B1-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-2405024/
目元を強調するとなるとバサバサのつけまつ毛や、キラキラのアイシャドウをイメージしますが、上品さには欠けます。つけまつ毛は自まつ毛と馴染みが良いナチュラルタイプを、アイシャドウはパール感のあるものを選びましょう。

いつもは単色塗りのアイシャドウも、グラデーションをつけて立体感を出します。4色くらい入ったパレットは、薄い色から順に重ねると自然なグラデーションに仕上げることができますよ。

服や自分の肌に馴染みの良い色味であれば、何色のアイシャドウでも良いのですが、ダークな色はきつい印象になるので、あまりおすすめしません。アイシャドウを濃くしなかった分、 アイラインを強調してしっかりと引いてくださいね。

お呼ばれメイクのポイント2~ふっくら上品な口元~

引用元: https://pixabay.com/ja/%E3%83%9D%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%AD%E3%82%B9-%E5%94%87-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC-%E5%A5%B3%E6%80%A7-2208008/
口元で強調したいのは、ふっくらとして口角が上がった唇です。ふっくら、ぽってりとした唇に見せるために、グロスをコテコテに塗る方がいますが、脂っこい物を食べたような印象になるので止めておきましょう。

30代女子が唇でふっくら感を出すには、リップライナーで下唇の中央をややオーバーリップにすることです。リップライナーを使う前は、事前に唇の輪郭をファンデーションやコンシーラーで消しておきます。

リップライナーで下唇の中央を少しはみ出るくらいにラインをとり、口角までつなげ、上唇も山を描いたら口角につなげていきましょう。上も下もオーバーリップにすると、たらこ唇になるので注意してくださいね。

リップラインと重なるように口紅を塗り、ツヤと立体感を出すために中央だけグロスを塗ると色っぽく見えますよ。

お呼ばれメイクのポイント3~立体感を出して小顔に~

引用元: https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%B8%BD%E5%AD%90-%E7%9C%9F%E7%8F%A0-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89-hede-%E7%9B%AE-%E9%A1%94-%E7%9A%AE%E8%86%9A-%E8%A3%B8%E3%81%AE%E9%99%B0-1879905/
お呼ばれすると写真に撮ることも多く、写真映えするくらいの顔立ちになるようハイライトとシェーディングで立体感を出していきましょう。ハイライトは高く見せたいTゾーンや黒目から目尻の頬骨あたり、顎先にいれます。

ハイライトは高さを強調するだけでなく、ツヤ感も与え、華やかに見せることもできるので、お呼ばれメイクにはぜひ取り入れてください。パールやラメ入りのものを使うと、より強調できますよ。

シェーディングは影に見せたい部分にいれると、小顔効果が期待できます。基本的にはフェイスラインやおでこの両サイドにいれますが、輪郭によって陰にしたい部分は変わるので、鏡で見ながら隠したい部分にシェーディングをいれていきましょう。

鼻筋の側面にもシェーディングを入れると、ハイライトの効果もあって鼻が高く見えます。ノーズシャドウは、目のあたりから鼻先に向かって縦にラインを入れましょう。シェーディングは濃いと不自然になるので、薄くつけながら濃さを調整してくださいね。

まとめ

引用元: https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-%E6%98%94%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%A7%E3%81%99-1948332/
お呼ばれメイクは特別なときしかしないので、どうしたら良いのか迷う方も多いと思います。でも、30代女子が知っておくべき心得と、メイクのポイントを押さえておけば大丈夫です!上品な華やかさをキーワードにお呼ばれメイクに挑戦してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします