Beauty

若々しく上品に見えることがポイント!アラフォーメイク5つの心得

Beauty
アラフォー世代がいつまでも若い頃のメイクを続けていると、周りからは「痛い女」と見られることがあります。どんなメイクをしたら良いのか迷っている方もいるかもいるかもしれませんね。そこで、アラフォーメイクの心得をまとめました。大人の美しさを出すメイク法を実践していきましょう。

はじめに

引用元: https://pixabay.com/ja/%E5%8F%A3%E7%B4%85-schminkstifte-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-t-%E3%83%90%E3%83%BC-1239622/
20代とは明らかに顔の印象が変わるアラフォー世代。でも、昔と同じメイクを続けている方もいるのではないでしょうか?自分では気づきにくいですが、周りから見ると古臭かったり、実年齢以上に見えたり、はたまた若作りして痛い印象を与えている可能性もあります。

メイク方法を変える時期にさしかかるお年頃なだけに、どんなメイクをしたら良いのか分からない方もいるかもしれませんね。そこで、アラフォーメイクの心得を5つ紹介します。年相応の美しさを引き出すメイクで、大人の女性の魅力を発揮していきましょう。

アラフォーメイクの心得1:ベースメイクが全てを制す

引用元: https://pixabay.com/ja/%E9%AD%85%E6%83%91%E7%9A%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA-1504982/
アラフォー世代になるとほうれい線は年々深くなり、シミや小じわの数も増えてきます。何とかしたいと思って、コンシーラーやファンデーションを濃く塗りすぎていませんか?でも、隠そうとすればするほど厚塗りになり、老け顔に見えてしまいます。

「年齢は肌に現れる」と言いますが、まさにその通りです。ベースメイクは顔の面積の大半を占め、顔の印象を大きく左右するので、アラフォーメイクの中でも特に力を入れたいところです。

ベースメイクでは、化粧下地である程度の色むらやくすみを隠し、ファンデーションは薄く塗るようにします。パウダーよりもリキッドやクリームファンデーションの方がツヤっぽく明るい印象になりますよ。

コンシーラーは明るく見せたい部分と隠したい部分で色味を使い分けると、気になる部分をカバーしながらも、立体感のある顔に仕上がります。

頬の内側、目の下あたりには明るいコンシーラーを、シミなど隠したい部分は暗めのコンシーラーを使いましょう。最後はメイクが崩れないように、顔全体にフェイスパウダーで仕上げてくださいね。

アラフォーメイクの心得2:ふんわり柔らか眉で大人の余裕

引用元: https://pixabay.com/ja/%E4%BA%BA-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%A1%94-%E9%9D%92-%E7%9B%AE-%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%9F-%E7%9C%89-2572029/
眉にもトレンドがあり、アラフォー世代の若い頃は、細いくっきり眉が流行りました。でも、今やこれは老け顔やきつい印象を与えるので、アラフォーメイクではおすすめしません。

アラフォー世代は、描いていることを感じさせないふんわりとした自然な眉に仕上げましょう。アイブローパウダーを使い、眉山から眉尻を描いてから眉頭を描きます。眉尻は濃くならないようにスーッと伸ばしていきましょう。

途中で止めるとくっきり眉になるので、注意してくださいね。柔らかい印象にするためにはブラウンを使うと良いですよ。

アラフォーメイクの心得3:チークの色と位置が幸顔・幸薄顔の分かれ道

引用元: https://pixabay.com/ja/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC-%E9%8A%80-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%88-%E5%B9%B8%E3%81%9B-518268/
若い頃は笑顔を作って、頬が盛り上がった部分にチークを塗るやり方をしていたと思います。でも、全体的に下垂するアラフォー世代は、頬もたるみが出てくるので、下がった位置にチークを入れるはめに。

これでは、幸薄顔に見えてしまうので、アラフォー世代は、高めの位置にチークを入れましょう。黒目から下がって、頬骨にあたる位置から始め、内側から外側に向かってチークを入れていきます。

幸せ顔に見せるためには、コーラルピンクのチークを使い、アウトラインはパールの入ったハイライトパウダーでぼかすと良いですよ。そうすることで、ツヤっぽく、ふっくらとした大人可愛い印象になります。

アラフォーメイクの心得4:盛りすぎないアイメイクで脱・痛い女

引用元: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6-%E5%8C%96%E7%B2%A7-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-554639/
20代はこれでもか!というほど、コテコテのアイメイクをしていたかもしれません。でも、アラフォー世代がアイメイクを盛りすぎると「若作りした痛い女」と思われることもあるので注意してください。

アラフォーメイクでは、色味を抑えて立体感を出すことがポイントです。くすみがちなまぶたを明るく見せるために、ツヤ感のある発色の良い色を使います。おすすめは上品で明るい印象になる、ナチュラルブラウンとパールピンクの組み合わせです。

アイホールにナチュラルブラウンをのせたら、上まぶたの中央と下まぶたにピンクパールを重ねます。アラフォー世代はまぶたが下がり、目元の印象が薄くなるので、アイライナーは必ず引きましょう

目頭は細く、目尻は少し太くして、目尻を少し出るくらいまでスーッと流すように引きます。まつ毛の隙間もしっかり埋めてくださいね。

マスカラは重ねるほどにひじきっぽくなることがあるので、つきすぎには注意してください。最後にコームでとかすとダマにならず、きれいに仕上がります。

マスカラでひじきまつ毛になってしまう場合は、ナチュラルなつけまつげもおすすめです。バサバサしたタイプではなく、まつ毛に馴染みやすいナチュラルタイプを選んでくださいね。

アラフォーメイクの心得5:輪郭を意識したふっくらリップで若々しく

引用元: https://pixabay.com/ja/%E5%8F%A3-%E5%94%87-%E7%AC%91%E9%A1%94-%E8%B5%A4%E3%81%84%E5%94%87-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E5%85%89%E6%B2%A2-%E8%8B%A5%E3%81%84-%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%99-%E5%A5%B3%E6%80%A7-2361675/
アラフォー世代は口角が下がるので、ただリップを塗っても貧相な印象になることがあります。アラフォーメイクでは、唇をふっくら見せるリップがポイントです。

唇の輪郭をファンデーションやコンシーラーで消し、自分の唇の色に近い色のリップライナーで輪郭を描いていきます。下唇に厚みが出るように、少しオーバーリップにしましょう。唇の中央から口角に向かって描いていくと失敗しにくいです。

口紅はブラシを使ってリップラインに沿って塗り、中央にグロスを重ねると立体感のある唇になります。口角が上がったふっくらとした唇は、アイメイクを頑張らなくても若々しい印象に見えますよ。

まとめ

引用元: https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%92%AE%E5%BD%B1-%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9-%E8%8B%A5%E3%81%84-%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%8A-%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%99-%E4%BA%BA%E9%96%93-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-2401985/
どんなメイクをしたら良いのか、お悩み中のアラフォー世代の方は、5つの心得をもとにメイクをしてみてください。一つ一つ手間のかかるメイクですが、手をかけた分、魅力は発揮されます。アラフォーメイクで、年相応の素敵な大人の女性を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします