Beauty

UVケアが若さの秘訣!紫外線を通さない技!

Beauty
UVケアは一年中気を付けなくてはいけないものです。紫外線により皮膚がんになる可能性が高まったり、肌の老化を速めてしまったり。こんがり焼けしまうと、あとから大変なことになりかねません。若さを保ちたいなら紫外線を通さない技を身につけましょう。

はじめに

UVケアに大事なのは保湿と紫外線対策でしょう。健康的だな・・と思っても実はそれは肌のやけどと同じことです。

あとあと黒ずんで来たり、シミになったりしわになったりと良いところはありません。夏以外でも紫外線は必要ですし、外にいるときだけではありません。

実は移動中の乗り物や屋内でも日焼けの危険性があります。

大人も子供も紫外線対策が必要

http://www.uvcare1.com/2010/04/post-13.html
大人も子供も、昔はさほど気にならなかったようですが真っ黒な健康的な肌でいるよりも紫外線を浴びてしまったほうがあとあと悪影響を及ぼすということが浸透してきたのが今現在です。

夏に真っ黒に日焼けした子供たちを見ると健康的でいいな!と思うかもしれませんが、紫外線(UV)が害となると分かってからは大人と子供両方が紫外線対策をしなければいけないと認識しだしました。

紫外線は「シミ・しわ」の原因になるだけでなく、皮膚癌、白内障発症率を高めるともいわれています。

皮膚の感染症になりやすくなる、ともいわれており病気のもとになってしまうんですね。諸外国ではいかにして若いうち、子供、赤ちゃんの時からUVケアを行うかが、大事だそうです。

帽子、サングラス、日傘や日焼け止めなど様々な対策が必要となります。

外だけではなく家の中でもUVケアが必要

http://www.uvcare1.com/2010/05/post-17.html
家の中まで紫外線は届いているのでしょうか?

車は紫外線を浴びやすいとされているのでハンドルを握る際のアームカバーなども有名なUVグッズではありますが家の中ではどうなのでしょうか?

紫外線は窓ガラスを透過することがあるので、家の中にいても紫外線を浴びる可能性はあります。

できれば家でも軽いUVカット乳液などを付けることをお薦めします。

家事をやっていて洗濯物を干すときにもかなりの紫外線を浴びていることも多いのです。

毎日、少しずつでも浴び続けると、将来的にシワ、たるみ、しみなど美容に対して悪影響が出てしまう可能性があるのです。

少しの紫外線でも毎日、少しずつ浴び続ければ、紫外線の悪影響を受ける可能性が高くなります。

最近の車やマンションなどは紫外線を透過しない『紫外線カット(UVカット)ガラス』を採用していることも多いのでご自宅にこのガラスを取り入れるのも一つの手ですね。また紫外線をカットしてくれるフィルムや、UVカット加工されたカーテンなども販売されていますので活用してください。

もし、野外にでていて紫外線を大量に浴びて水ぶくれになったり、かゆかったり、皮膚の痛みが引かないような場合は早めに皮膚科で診てもらいましょう。

紫外線対策に良い食べ物は

http://www.uvcare1.com/2010/06/post-6.html
では紫外線対策に有効な食べ物はなんでしょうか?
毎日少しずつ摂取することでお肌を守る食品をご紹介します。

ビタミンB2が含まれている食品
・魚介類(うなぎ・さんま・かれい・ぶり)
・大豆(納豆)
・乳製品(牛乳・ヨーグルト)
・レバー
・卵
・ほうれん草
・モロヘイヤ


ビタミンC も大切です。
紫外線により破壊されていまいますが活性化されたビタミンCを摂ることにより予防や、その後の体調管理にも役立つでしょう。

・果物類(オレンジ・レモン・いちご)
・ほうれん草・ピーマン
・イモ類など
がおすすめの食品です。

野菜類はスープなどにすれば食べやすく摂取できますのでオススメです。夏ならジュースとかにしてもいいですね。このほか大豆やゴマなどもビタミンEをもたらす食品として有名です。

UVケアに良い食品を摂る際の注意

ビタミン類の他に、下記のような栄養素、食品も抗酸化作用があるリコピン(トマト)やカロチンを含んでいる緑黄色野菜など毎日摂りたいですね

ただし取り過ぎは禁物です。

どの食品でもそうですが、もちろん美容、健康に良いからといって同じ食品ばかりの食生活はよくありません。最も大切なのは偏った食生活ではなく、バランスのとれた食生活です。そして食べ過ぎももちろん体に排出する頻度を多くするので負担をかけます。

腹八分の食生活と睡眠を十分にとるなどの基本的なことが紫外線に打ち勝つ体を作るのです。

睡眠中に肌の代謝や体の細胞のリセットが行われるのはご存知かと思いますが、疲れた体のままでは紫外線に負けてしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ

http://www.uvcare1.com/
UVケアは永遠のテーマといってよいほど、肌の老化に関係します。もちろんお日様は大切なものではありますが、うまく付き合っていくことで肌や体にも良い影響を与えてくれるものなのですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします