Healthcare

無理なく、健康的に痩せたい!夢のようなダイエット食品・青汁の魅力とは……!?

Healthcare
健康に良いといわれている青汁を使って、無理なくダイエット!身体の中から綺麗になりませんか?ストイックなダイエットをしたくない方・健康的に痩せたい方は必見です。ダイエット効果から、注意点、飲み方まですべて紹介します!

はじめに

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/d9/33/86/d933867d0d035d4cbdd41b0a648495a4.jpg
健康に良いことで有名な青汁ですが、ダイエット効果が期待できることはご存知ですか?健康的なダイエットをする上で、ランニングや筋トレなど運動をすることも大切ですが、「仕事で毎日が忙しい」「時間がなかなか取れない」など、なかなか続かないですよね。そんな方にオススメなのが青汁。1日の生活に取り入れて、効率よく健康な身体を目指しませんか?

・下っ腹のぽっこりが気になる
・便秘がち
・むくみが気になる
・食生活が不安定で野菜が不足しがち
・無理せず健康的に痩せたい

以上のどれかに当てはまる方は必見です!
青汁ダイエットで理想の身体を無理なく手に入れましょう。

そもそも青汁って何?

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/0d/84/ed/0d84edd025c5c83c2cbf5ed8cf7b734b.jpg
青汁とは、明日葉やケールなどの緑野菜を生で絞った汁のことを指します。加熱調理や加工をせずに生で絞ることで、野菜に含まれる栄養素を余すことなく摂取することができるといわれています。
以前は、栄養補給のドリンクとして親しまれていた青汁ですが、置き換えダイエットとして取り入れることでダイエット効果も期待できることから、今では若い世代を中心に再ブームが巻き起こっています。

青汁の効果

Female runner gazes across early morning landscape

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/0b/69/9d/0b699df7555b8fffe95bc546a818e650.jpg
青汁には、健康やダイエットに良い栄養素がたくさん詰まっています。その中でも、ダイエットに効果的だといわれている栄養素を詳しく紹介します。

青汁は、明日葉・ケール・大麦若葉の3種類の葉野菜が入っています。商品によっては、このすべてが含まれているものもありますが、それぞれに効能が違うので、自分の目的のあったものを選ぶようにしてくださいね!

◎ケール : エイジングケア、生活習慣病予防、便秘解消、美白
ケールの最大の特長は、βカロテンの含有量が野菜の中でもトップレベルなこと。βカロテンは、抗酸化作用があり、シミやそばかすを防いでくれるだけでなく、生活習慣病の予防にもなります。
また、メラトニンという神経ホルモンの一種が含まれており、睡眠の質を体内から改善してくれます。良質な睡眠は、体調だけでなく、肌の調子も整えてくれます。

◎明日葉 : デトックス、脂肪の燃焼、便秘解消、むくみ解消、美肌
食物繊維やナトリウムなど、新陳代謝をよくする栄養素がたくさん入っている明日葉。新陳代謝が上がることで、便秘解消や脂肪燃焼をサポートしてくれます。また、カルコンというポリフェノールは血液をサラサラにする作用があり、むくみを取る効果もあります。

◎大麦若葉 : エイジングケア、脂肪の燃焼
大麦若葉には、脂肪を分解する作用があるリパーゼや、チトクローム酸化酵素がたくさん入っています。これらの栄養素が、ミネラルやビタミンを活性化させ、肌の代謝を上げてくれるだけでなく、脂肪を燃焼してくれます。他にも、食物繊維やたんぱく質、鉄分も多く含まれているので、身体の中からエイジングケアも期待できそうです

以上、ご紹介した3種類の青汁以外の野菜が入っているものもあります。置き換えダイエットとして、青汁を活用する際は、栄養素が偏らないよう注意してください。

青汁っていつ飲めばいいの?オススメのタイミングとは

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/ec/33/b7/ec33b70799631faa8256a92073c28527.jpg
効果を見て、「青汁で痩せるぞ!」と気合いが入った方も多いのではないでしょうか?そこで押さえておきたいのが、「いつ飲むか」です。たくさんの栄養素が含まれた青汁ですが、飲むタイミングによって期待できる効果は異なるのだそう。今回は3つのパターンを紹介します!

1.食前に飲む
青汁には、血糖値の上昇をゆるやかにして、脂肪の吸収を抑える役割があります。この効果を利用して、食前に飲むことで、満腹感を得ることができ、食べ過ぎの予防にもつながるのだとか。
「つい、食べ過ぎてしまう……」という方にオススメです。

2.一食置き換え
置き換えダイエットのドリンクに青汁を取り入れることで、1日の摂取カロリーを抑えることができます。ただし、3食青汁など無理な置き換えダイエットは、身体の不調につながるのでお気を付けください。「マイナス〇〇kgになる!」など、明確な目標がある方や、朝食を抜いてしまいがちな方に、オススメです。

3.間食の代わりに
つい、小腹が空くとお菓子に手が出てしまう方、青汁を飲んでみてはいかがでしょう?痩せやすい体質づくりをサポートしてくれる上に、習慣にすると便秘やむくみ解消に効果があるといわれています。ストイックなダイエットが苦手な方や外食が多い方、食生活が乱れがちな方にオススメです。

飲むタイミングで効果が変わる青汁、ぜひ自分の目的に合った方法を選んで、上手に青汁を取り入れてください!

青汁ってどう飲むの?

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/5c/01/d5/5c01d508cdc51ea17fea793ce691aea1.jpg
青汁といえば、「牛乳や水で溶いて飲む」というイメージの方も多いと思いますが、現在では好きなフルーツや野菜と一緒にスムージーにして飲むアレンジレシピが増えているのだそう。そこで、今回は青汁と相性のいいものを紹介します。

1.牛乳や豆乳に溶く
青汁を飲むうえで、一番オーソドックスな形です。牛乳や豆乳に溶くことで、苦みがまろやかになり、飲みやすくなります。抹茶のような味わいになるので、お子様にもぴったりです。コーヒーと合わせることで、抹茶ラテのような感覚で飲むこともできます。

2.野菜ジュースやフルーツジュースと混ぜる
野菜ジュースやフルーツジュースは、もともと風味が調整されているので、味が同化しやすく、青汁独特の苦みを打ち消してくれます。また、青汁には含まれない栄養素も一緒に摂取できるのでオススメです!

3.はちみつやメープルシロップ、黒みつを入れる
「青汁の苦みがちょっと……」という方、多いですよね?そんな方にオススメなのが、はちみつやメープルシロップといった天然由来の甘味料を入れることです。青汁特有の苦みや臭みがなくなり、まろやかな味わいになります。砂糖ではなく、天然のものを入れることで、栄養価も上がり一石二鳥です。

4.フルーツと一緒にスムージーにする
朝食に置き換えるならスムージーがオススメです!豆乳や果物と一緒に混ぜることで、朝食代わりになります。特に、りんごとの相性はバツグン。りんごに含まれるペクチンという食物繊維が栄養の吸収をサポートしてくれます。他にも、バナナやいちご、オレンジ、キウイなどもオススメです。毎朝の気分で中身を変えることができるので、飽きずに続けられます。また、青汁の臭みが気になる方は、レモンやグレープフルーツなど柑橘類の果汁を入れてみてください。臭みが軽減され、ほのかな酸味で、飲みやすくなりますよ。

他にも、緑茶ハイならぬ「青汁ハイ」にして、晩酌に取り入れる方法や、ケーキなどのお菓子に入れて食べるレシピもあるので、ぜひ調べてみてください!

気を付けなければいけないこと

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/66/68/e5/6668e5cb65b011718d171c6afb60200b.jpg
ここまで、青汁の魅力をご紹介してきましたが、気を付けなければならない点もあります。青汁を有効活用するためにも、注意点をよく理解して、正しく取り入れましょう。

1.飲みすぎはNG
健康に良いとはいえ、飲みすぎると便秘や下痢、ミネラル欠乏症などを引き起こし、逆効果になってしまします。だいたい目安として、1日2~3杯までにしましょう。

2.軽い運動を心掛ける
青汁はダイエットをサポートしてくれるものなので、運動を定期的に行うと効果が表れやすくなります。ランニングやトレーニングなどの本格的な運動以外にも、階段を積極的に利用したり、一駅分歩く程度の運動でも効果は期待できます。

3.自分がおいしいと思うものを選ぶ
ダイエットに効果的とされていても、やはり自分に合わなければ意味がないですよね?スムージーにしても、まずいと感じてしまうと続かなくなってしまいます。口コミなどの評価を参考に、自分が積極的に飲めるものを選んでみてください。

4.1ヶ月以上続けられる価格のものを選ぶ
青汁の効果は飲んですぐに表れるものではありません。栄養がたっぷり入っていても、高すぎてなかなか買えない……。なんてことのないよう、価格と栄養素を比較して選んでくださいね!

5.医師と相談をする
持病をお持ちの方はもちろん、過去に腎臓の病気をした方など、栄養素と薬の関係上、青汁を飲むことで逆効果になることもあります。不安な方は、医師と相談をしてから青汁を飲むようにしましょう。

まとめ

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/bb/7d/8f/bb7d8f30d70dc386dc9a5a93df19bce1.jpg
健康だけでなく、ダイエット効果も期待できる青汁。昔は、「まずい!」ことで有名でしたが、現在さまざまなアレンジレシピが生まれています。今まで、ダイエットに失敗した方、身体の中から美しくなりたい方、ぜひこの機会に青汁にチャレンジしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします