Beauty

内外両方から毛穴の開きをケア!正しいケア方法を一挙公開!

Beauty
年を重ねるにつれ、いつの間にか毛穴が目立つようになったと気づくことはありませんか?毛穴の開きにも種類があり、全ての毛穴の開きが同じケア方法で改善するかと言えばそうではありません。それぞれにあった正しいケア方法を実践して下さいね。

はじめに

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%AF%9B%E7%A9%B4&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&crtsec=all&sl=ja
子どもの顔はうらやましいくらいに毛穴レスですが、人間は大人も子どもも同じ数だけ毛穴があります。それなのに、なぜいつの間にか毛穴が目立つようになったのでしょう。そこには次のような原因が考えられます。

・皮脂の過剰分泌
・ニキビ跡
・加齢によるたるみ

毛穴が広がると鼻は黒ずみ、ファンデーションは毛穴にめりこみ、余計に毛穴の汚さが目立って何とも憂鬱な気分になります。

今回は、憂鬱な気分を吹っ飛ばせるよう、正しい毛穴ケアの方法について紹介しましょう。

洗顔で毛穴ケア

https://www.photo-ac.com/main/detail/262755?title=%E6%B3%A1%E3%82%92%E6%89%8B%E3%81%AB%E5%8F%96%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7&selected_size=s
毛穴ケア始めようとしたとき、最初に考えるのが洗顔で毛穴の汚れを落とすことではないでしょうか?

皮脂の過剰分泌や、皮脂が関係してできるニキビなら、皮脂をしっかり洗い流せるタイプの洗顔料を選びたくなります。しかし、これは逆に肌の乾燥を招き、余計に皮脂が過剰分泌することになるのでおすすめできません。

また、毛穴の隅々まで汚れを落とそうとスクラブタイプの洗顔料でゴシゴシ洗うことも、肌には刺激となるため、皮脂が過剰分泌されます。

おすすめは余分な皮脂や汚れだけを落とす皮脂吸着タイプや、角栓を分解する酵素洗顔です

洗顔する際は、肌を傷つけないよう泡をしっかり立て、転がすイメージで行います。寒い季節はお湯で洗い流したくなりますが、お湯は皮脂を洗い流しすぎてしまうので、ぬるま湯で流すようにしましょう。

化粧水で毛穴ケア

https://www.photo-ac.com/main/detail/771275?title=%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%80%81%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E5%85%89%EF%BC%9A%E9%80%8F%E6%98%8E%E8%89%B2&selected_size=s
洗顔後、すっきりした肌には保湿と共に、毛穴の原因に合わせた化粧水を選ぶようにしましょう。

皮脂の過剰分泌タイプにおすすめの化粧水

皮脂の過剰分泌により、汚れが毛穴につまったまま酸化してしまうと黒ずみとなって現れます。そこでおすすめなのが、ふき取りタイプの化粧水です。

ふき取りタイプの化粧水は、洗顔でも落ちなかった汚れを更に取ることができます。コットンにしみ込ませた化粧水で優しくなでるようにふき取ります。擦りすぎると肌を傷つけてしまうので注意して下さいね。

ふき取り化粧水後は保湿化粧水で、肌に水分を与えましょう。汚れがきれいに落ちた肌は、次につける化粧品の浸透率も高まります。

ニキビ跡タイプにおすすめの化粧水

ニキビ跡の毛穴にお悩みの人は、皮脂の分泌を抑制するタイプの化粧水がおすすめです。しかし、保湿もできるものでなければ乾燥が進んで、余計に皮脂が過剰分泌するので注意しましょう。

美肌の万能成分として知られるビタミンC誘導体は、ニキビ跡にも効くだけでなく、皮脂の分泌を抑制する効果があるのでおすすめです。しかし、皮脂を抑える効果があるということは、乾燥しやすいという難点もあります。

ビタミンC誘導体配合と共に、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合された化粧水が良いでしょう。

毛穴のたるみタイプにおすすめの化粧水

毛穴のたるみは、真皮のコラーゲンやエラスチンが失われることで現れます。土台である真皮にコラーゲンやエラスチンの生成を促す化粧水がおすすめです。

毛穴ケアというよりは、どちらかというとアンチエイジングケアに近く、コラーゲンの生成を促すEGFやFGF、ビタミンC誘導体配合の化粧水が良いでしょう。

コラーゲンを生成するならコラーゲン配合の化粧水の方が良い気もしますが、選ぶなら真皮まで届く低分子コラーゲン配合のものにしましょう。

たまに行いたい毛穴のスペシャルケア

https://pixabay.com/ja/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F-%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%81%AA%E6%97%A5-%E7%B5%90%E5%A9%9A-%E7%A5%9D%E8%B3%80-%E6%99%82-%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88-2081269/
毎日行うには肌に負担がかかるのでおすすめできませんが、たまに毛穴の汚れを集中的に落とす日があっても良いと思います。

毛穴パック

鼻に濡らしたパックを貼り、乾いたらベリッと剥がす毛穴パックは、きれいに角栓が取れるので、剥がす時の痛みに耐えつつも病みつきになっている人もいるのではないでしょうか?

剥がす時に痛みを感じるということは、肌に刺激があるということです。毎日行うものではなく、2週間に1回を目安に行う方が良いでしょう

毛穴パック後は、保湿も忘れずにして下さいね。

ピーリング

鼻専用の毛穴パックとは異なり、顔全体の古い角質を除去するピーリングも、ターンオーバーが促進されることで自然と角栓が取れてきます。

市販のピーリング洗顔やピーリングジェルを使用する際は、使用方法を守って行いましょう。

一般的にピーリング薬剤の配合率が4%以上であれば、効果があると言われています。もっと高い効果を狙って配合率の高いものを選びたくなるかもしれませんが、素人判断で使用するのは止めましょう。思わぬ肌トラブルに繋がる可能性があります。

食べ物で毛穴ケア

https://pixabay.com/ja/%E6%9E%9C%E7%89%A9-%E9%87%8E%E8%8F%9C-%E5%B8%82%E5%A0%B4-%E6%A0%84%E9%A4%8A-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95-%E8%B3%BC%E5%85%A5-1761031/
毛穴ケアというと、外側からのケアに集中しがちですが、皮脂の過剰分泌やニキビは外側からの原因で起きているわけではありません。

糖質の摂りすぎは血糖値を急激に上昇させ、血糖値を下げるためにインスリンも大量に分泌されます。インスリンは男性ホルモンを活発にし、皮脂の過剰分泌を招く原因になります。

皮脂の過剰分泌やニキビ跡の毛穴にはビタミンB2やB6、たるみ毛穴にはビタミンEがおすすめです。

・ビタミンB2が豊富な食べ物:レバー、納豆、たまご、うなぎ、のり
・ビタミンB6が豊富な食べ物:ニンニク、マグロ、カツオ、鶏肉、バナナ
・ビタミンEが豊富な食べ物:ナッツ類、カボチャ、アボカド、モロヘイヤ、オリーブ

生活習慣を改善して毛穴ケア

https://www.photo-ac.com/main/download/ホテル 眠る女性12/232300?url=%2Fdl%2F%3Fp_id%3D232300%26sz%3Ds%26f%3Dd7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f
睡眠不足やストレス、偏食、間違ったスキンケア、喫煙、紫外線対策不足など、意識せずに行っている生活習慣が、毛穴の開きの原因になっている可能性があります。

毛穴ケアをスキンケアでどれだけ頑張っても、原因が改善されなければ十分な効果は期待できません。思い当たるふしがあれば、できることから改善していきましょう。

まとめ

https://pixabay.com/ja/%E8%8A%B1%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%92%AE%E5%BD%B1-%E9%AB%AA-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E5%96%9C%E6%80%92%E5%93%80%E6%A5%BD-1374221/
毛穴の黒ずみや開きで悩んでいる人は、自分の毛穴はどの種類の毛穴なのかを知って、適したケアを始めましょう。

内外両方からのアプローチが綺麗な引き締まった毛穴になる近道です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします