Beauty

美肌に見せるBBクリーム!選び方や使い方、メイク直し方法を一挙公開

Beauty
化粧下地からファンデーションまで、1本でベースメイクを完了できる便利なBBクリーム。カバー力がある反面、失敗すると汚肌になることもあります。そこで、BBクリームの選び方や使い方、メイク直しの方法をまとめました。

はじめに

http://gahag.net/005060-makeup-tools/
ベースメイクはメイクの中でも特に時間がかかり、忙しい朝はなるべく手間をかけずに肌をきれいに見せたいと思いますよね。そこで便利なのが、化粧下地やコンシーラー、ファンデーションの機能を全て果たしてくれるBBクリームです。

最近では日焼け止め成分や美容成分が配合されたものが登場し、進化を遂げています。販売するブランドも数が増え、時短メイクが叶うなら一度試してみたいと思う方もいると思います。そこで、BBクリームを使う前に知っておきたい選び方や使い方、メイク直しの方法を紹介します。

BBクリームの選び方

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E9%A1%94-%E5%86%99%E7%9C%9F-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-2346222/
BBクリームは主に次のような機能があります。

・日焼け止め
・化粧下地
・コンシーラー
・ファンデーション
・美容液

全ての機能を備えているものもあれば、どれか欠けていることもあります。機能の多さを重視して選ぶことも一つですが、各ブランドで大きな違いはなく、結局迷うと思います。そこで、BBクリームを選ぶ際は、次の3つことを意識してみましょう。

1:色が肌に合っている?

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E8%91%89-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95-%E9%BB%92%E3%81%A8%E7%99%BD-%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97-2190065/
BBクリームもファンデーションのように肌につけるものなので、自分の肌に合わない色だと首と顔の境が出て違和感がでます。ファンデーションは色の種類が豊富で、必ず自分の肌に合った色を選ぶことはできますが、BBクリームは選べる色がほとんどありません

明るい肌色や標準的な肌色という区別で色味を表現しているブランドが多いです。日本製の場合、自分の肌に違い色を選びやすいですが、海外製のものは日本人の肌色とは合わないことが多く、違和感が出ます。

感覚で選んで色が合わなかったということがないよう、お試しできるならフェースラインや首につけて色を確認することをおすすめします。

2:仕上がりはどんな肌になる?

https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89-%E9%AB%AA%E3%81%AE%E6%AF%9B-%E6%8F%8F%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%81%99-%E8%89%B2-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3-2470024/
BBクリームは化粧下地やファンデーションのように、なりたい肌によって選ぶことも一つです。つや肌とマット肌では仕上がりが全く違います。みずみずしい透明感とハリ感がほしい方はつや肌タイプ、陶器のように毛穴も見えないサラサラ素肌感を出したい方はマットタイプがおすすめです。

3:配合されている美容液成分や肌への刺激は?

http://girlydrop.com/beauty/4375
BBクリームの機能の中でも、各製品の違いが一番大きく現れるのが美容液として配合されている成分です。保湿や美白、エイジングケア成分など様々な種類があるので、肌悩みに合わせて選ぶと良いと思います。

敏感肌の方は、BBクリームで「肌荒れがひどくなる」というイメージがあるかもしれません。でも、パラベンや紫外線吸収剤など、敏感肌の方が避けたい成分が配合されていないものを選べば、肌に負担をかけずにきれいなベースメイクを作ることができます。

BBクリームで肌をきれいに見せる使い方

BBクリームは一本でベースメイクを仕上げることができますが、色むらや毛穴をカバーしようとするほど厚塗りになってしまいます。きれいに仕上がるどころか、メイクの崩れが激しくなることもあるので正しい使い方をしてください。

化粧下地として使う

http://girlydrop.com/beauty/4403
BBクリームにファンデーション機能があったとしても、よりきれいに見せたい場合は、化粧下地として使いましょう。薄く重ねた上にフェイスパウダーやファンデーションをつけます。こうすることで厚塗りにならず、メイクの崩れを防ぐことができ、より肌がきれいに見えます。

ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプの方がおすすめです。もし、BBクリームを塗って一部だけ気になる部分があるなら、BBクリームの次にコンシーラーを使って隠すと良いですよ。最後はフェイスパウダーを使ってくださいね。

スポンジを使って肌に密着させる

https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E9%A1%94-%E7%BE%8E%E5%AE%B9-2384059/
BBクリームを化粧下地や日焼け止めの感覚で、手にとって顔に伸ばしていきますが、最後の仕上げはスポンジを使うことをおすすめします。肌と密着してメイクが崩れにくくなりますよ。

1. 使用目安量を手にとり、両頬、おでこ、顎、鼻におきます。
2. 指の腹を使って内側から外側に向かうように伸ばします。
3. 面積の広い頬やおでこなどは手の平で押さえ、目の下や小鼻などの細かい部分は指先でトントンしながら押さえます。
4. 最後に何もついていないスポンジで全体を押さえ、余分な油分を取って肌と密着させます。

動きが多い目元や口元は、厚塗りするとよれてしまうので薄く伸ばしましょう。

BBクリームのメイク直し方法

https://pixabay.com/ja/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC-%E5%BF%83-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E9%8F%A1-2085193/
いくらメイクの崩れないやり方でBBクリームを塗っても、皮脂や汗でメイクは崩れます。日焼け止めは汗などで落ちるため、塗り直しましょうと言われますよね。だったら、「日焼け止め機能があるBBクリームも塗り直しが必要?」と疑問を持つ方も多いようです。

でも、メイク直しでわざわざBBクリームを塗り直す必要はありません。使っても良いですが、手は汚れるので外出先では不便です。メイク直しに使うならUVカット効果のあるパウダーが良いでしょう。

余分な油分をティッシュオフしてから、スプレータイプの化粧水を吹きかけ、化粧水が肌に馴染んだらパウダーで押さえます。

まとめ

https://pixabay.com/ja/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95-%E5%8C%96%E7%B2%A7-%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81-%E9%AB%AA-%E5%85%89-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-1721065/
BBクリームは、一本持っておくととても便利で、簡単に美肌がつくれます。でも、選び方や塗り方を失敗すると、厚塗りになって失敗するので注意してください。これからBBクリームを使おうとしている方は、自分に合ったものを選んで、正しい使い方をしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします