image04

デリケートゾーンの黒ずみを撃退!彼にもっと愛される私になるための方法

image04
「彼は何も言わないけど、もしかして気になってるんじゃ…」自信がないと、どうしても気になって落ち込んでしまいますよね。消えないと思いがちですが、しっかりケアすれば黒ずみも解消できちゃうんです!今回はデリケートゾーンの黒ずみの解消法をご紹介します。

彼にもっと愛されたい!

image05
引用元:http://www.mimischiffman.com/vio.html

恋する女の子は彼に喜んでもらう為に頑張る努力家さん。髪型を変えたりメイクを変えたり、大事な時の為に毛を脱毛したりと大忙し。

頑張ってケアしているけれど、自分ではどうしようもないと諦めがちのデリケートゾーンの黒ずみ…

仕方ないと思いつつも、彼が気にしていないか心配ですよね。

「綺麗になるなら綺麗にしたい、でも黒ずみって治らないんじゃ…?」

大丈夫です!黒ずみも日ごろのケアで改善できちゃうんです!今回は黒ずみの原因から改善法まで、徹底的にご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみの原因って?

image06
引用元:http://www.ci-labo.jp/bihakuoni/124/

気になるデリケートゾーンの黒ずみ。どうして黒ずんでしまうかご存知ですか?

改善するには、まず原因を知ることが大事。きっと「えっ、そうなの!?」と驚くはずです。

デリケートゾーンの黒ずみは私だけじゃない!?

image21
引用元:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/006764/

海やプールに行く機会の多いシーズン。

「こんなに黒ずんでいるなんて嫌!だけどあの子には相談できない…」

と悩んでいる女性が、意外とたくさんいるんです。

自分だけ…と思いがちですが、そうでもありません!実は日本人を含む東洋人の多くは、デリケートゾーンが黒ずんでいるんです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つである《メラニン色素》。メラニン色素は遺伝性が強く、人種や年齢によって差があるのです。

白人さんはメラニンの活性が低く、逆に黒人さんはメラニンの活性が最も高いと言われており、日本人などの黄色人種は白人さんと黒人さんのちょうど中間です。

また、黒ずんでいるから性経験が豊富である(遊んでいる)というのは真っ赤なウソです。専門家が断言しているので間違いありません。

黒ずみの3つの原因

image17
引用元:http://www.glockthebook.com/?p=368

デリケートゾーンの黒ずみの原因は3つ。

それは《メラニン》、《ターンオーバーの乱れ》、《ホルモンバランスの影響》。

メラニンとはシミの原因として紹介される事が多いですが、デリケートゾーンの黒ずみの原因にもなります。

メラニンが生成される原因というのが、主に《肌への刺激や摩擦》だと言われています。下着による摩擦などで刺激を受けると、肌は刺激から守ろうとメラニン色素を出します。

つまり黒ずみというのは、お肌が刺激から守ろうとした結果なんです!

そして黒ずんだ肌はターンオーバーを繰り返しながら徐々に元の肌の色に戻っていきます。ですが、ここでターンオーバーが正常に行われていないと黒ずんだ状態のままになってしまいます。

ターンオーバーとは、簡単に言うと肌の再生。古い肌から新しい肌に生まれ変わらせる働きがあります。

これはデリケートゾーンだけでなく全身で行われており、ターンオーバーが正常に機能していないとしみやシワができやすくなったり、肌荒れの治癒が遅くなったりします。

更にホルモンバランスが崩れてしまうとターンオーバーの妨げになってしまいます。ホルモンバランスが崩れる原因として、生理やストレス、生活習慣の乱れが挙げられます。

デリケートゾーンの黒ずみはどうケアしたらいいの?

image23
引用元:http://www.skincare-univ.com/article/017597/

黒ずみの原因が主にメラニンである事がわかりましたね!それでは、セルフで今日からできるケア方法をご紹介します。

黒ずみを悪化させない事が大事

image18
引用元:https://4meee.com/articles/view/882403

黒ずみを悪化させてしまうと、せっかくターンオーバーしても新しい刺激によっていつまでも黒ずんだまま。新しい刺激をなるべく与えないようにする事が大事です。

特にデリケートゾーンは常に衣服と接触している為、刺激を受けがち。締め付けのきつい下着を身に着けていると、締め付けられている部分が黒ずみやすくなります。

スキニーパンツなどは、通常のボトムスに比べて下着と肌が強く密着する為、黒ずみやすいので注意が必要です。スキニーパンツにこだわりがない人は、別のボトムスをチョイスしてみてください。

下着は、自分のサイズに合った下着を身に着ける事をオススメします。素材もポリエステルなどではなく、綿や綿の素材の下着にすると、刺激もぐっと少なくなります!

ビキニラインの黒ずみが特に気になる場合は、ボクサータイプの下着を身に着ければ普通の下着より刺激が少ないのでオススメです。

男性の下着としてメジャーなボクサーパンツですが、今はレディースでも可愛いものが販売されているので、一度チェックしてみてくださいね!

ターンオーバーを正常に!

image19
引用元:http://baltimorefreestore.org/kusumi.php

ターンオーバーで新しいお肌に生まれ変わる事を繰り返して黒ずみを解消していきますが、ターンオーバーの周期が乱れてしまっていると、その分改善には時間がかかってしまいます。

黒ずみを改善するなら早い方がいいですよね。ターンオーバーを正常にする為には、ホルモンバランスを正常な状態にする事が必要です。

ホルモンバランスの乱れはターンオーバーの乱れだけでなく、肌荒れ、顔や体のニキビの発生、抜け毛などにもつながってしまいます。

ホルモンバランスを整えるには

・バランスの考えた食事
・ストレスの発散
・質の良い睡眠

これらが大事だと言われています。

また、体の外側からもケアする事でターンオーバーを正常に近付ける事ができるので、黒ずみ専用のクリームなどを使う事が重要です。

デリケートゾーンの黒ずみに美白ケアは効果的?

image22
引用元:http://vincent-m.org/

デリケートゾーンに美白ケアは効果的なの?という疑問がありますが、答えは「イエス」です。

ですがここで注意しなければならないのは《デリケートゾーンの肌と顔の肌は質が違う》という事。顔や他の部位と違って、デリケートゾーンのお肌はとても薄くて傷つきやすいのです。

傷付きやすいという事は、色素沈着を起こしやすいという事なので顔や他の部位と同じようにすぐに効果が出るというわけではありません。ゆっくり気長にケアしていきましょう!

デリケートゾーンの黒ずみにはクリームが効果的!

image20
引用元:http://www.mottocutte.jp/beauty/00171/

「デリケートゾーンの悩み、本当は病院に行った方がいいのはわかっているけど恥ずかしくて行けない…」

そんな女性は多いはず。

なかなか行こうにも先生から笑われてしまうんじゃ…などすごく心配に。自分でケアできるならしたい…が本音ですよね。

自分でケアするなら、美白クリームが効果的です。美白クリームで外側からもケアしてあげる事で、肌のターンオーバーを正常に保つ手助けになるので黒ずみの解消もスムーズです。

しかし、美白クリームって市販のものはとても種類が多くて迷ってしまいますよね。

現在はデリケートゾーンの黒ずみに悩む女性が増え、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームなども販売されているので、デリケートゾーン専用の商品を使うと効果的です。

更に、そのデリケートゾーン専用のクリームの中でも《トラネキサム酸(美白成分)が配合されている》ものが効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみの解消はすぐに効果が出るわけではないので、使い続けられる値段のものを購入してくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみは石鹸や洗い方にも気を付けて

image15
引用元:http://www.xn--98jxdwg1b1bh0vtcydc31402a.net/%E7%9F%B3%E9%B9%B8.html

デリケートゾーンの黒ずみの原因は「肌の刺激」と先述しましたが、衣服などの擦れだけではなく、入浴中の間違ったケアで悪化させてしまう事があります。

ついデリケートゾーンをごしごしと洗いがちですよね。デリケートゾーンは他の体の部位に比べてとても肌が弱い為、他の部位以上に優しく洗ってあげる事が重要です。

手や泡立てネットでよく泡立てから、指の腹で優しくゆっくり慎重に洗っていきます。洗い残しのないようにしっかり優しくすすいでくださいね。

また石鹸も肌に刺激の少ない《天然成分が配合されたもの》や、《弱アルカリ性石鹸》、《界面活性剤(シリコン)の入っていないもの》を選ぶようにすると効果的です。

まとめ

image09
引用元:https://locari.jp/posts/9459

いかがでしたか?

やはり女性ならデリケートゾーンの黒ずみが気になりますよね。病院に行くのもなんだか気が引けてしまいます。

ですが、肌を傷つけない事を徹底して気長にケアしていくだけで元に戻る!という事を知ってとっても気が楽になりました。

ずっと治らないのでは…と思っている女性が多く、わたしもそう思っていました。自分でケアできるというのはとっても希望が持てて、喜ばしい事ですよね。

ぜひ記事を参考にしていただき、体の隅まで自信の持てる女性になってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします