Beauty

見落としがちな部位こそUVケア!目・唇・手・髪のUVケア方法

Beauty
紫外線対策として、肌に日焼け止めを塗る人は多いですが、日焼け止めが塗れない部分はどうしていますか?日焼け止めが塗れない部位でも、露出しているとしっかり紫外線の影響を受けているためUVケアは欠かせません。今回は日焼け止めが塗れない部位のUVケア方法について紹介します。

はじめに

はじめに
https://pixabay.com/ja/%E6%89%8B%E3%81%A7%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E6%8C%87-%E6%97%A5%E6%B2%A1-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E7%A9%BA-%E6%B5%B7%E5%B2%B8-%E6%B5%B7-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81-615285/
人間の体に影響を与える紫外線は、長い波長のUVAと短い波長のUVBです。

UVAは天気に関係なく、窓ガラスまでも透過します。紫外線量は、春先から夏にかけて多くなり、冬でも夏の半分程度の量があります。
UVAは放射量に変化があるものの、一年を通して紫外線対策は必要ということです。

一方のUVBは春先から夏にかけて放射量は増えますが、秋から冬にかけて放射量が減ります。

紫外線対策には日焼け止め、日傘や帽子、UVカット素材の服など様々な方法があり、何らかの対策は行っているという人がほとんどだと思います。

肌は完全防備!と思っても、実は思わぬ部位が日焼けしていることに、あなたはまだ気づいていないかもしれません。その部位とは、目、唇、手、髪です。

目のUVケアはサングラスだけじゃない!

目
https://pixabay.com/ja/%E7%9B%AE-%E7%B7%91%E3%81%AE%E7%9B%AE-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99-%E7%B7%91-%E9%A1%94-1132531/
目から紫外線を吸収すると、肌が黒くなると言われています。また、紫外線により、目の乾燥、充血、異物感など様々な症状が現れます。目の紫外線対策は肌と同じくらい欠かせないものです。

サングラスは紫外線対策としてはかなり有効ですが、サングラスはちょっと抵抗があるという人も中にはいるでしょう。UVカット加工が施された伊達眼鏡もありますが、眼鏡が似合う顔立ちじゃないからつけたくないという人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、UV対策用の目薬です。日焼け止めのように紫外線防止剤が配合されているわけではありませんが、紫外線による炎症を鎮め、目の角膜を守る成分が配合されています。

コンタクトをしている場合は点眼できないので、裸眼でサングラスや伊達眼鏡をしたくない人、アウトドアの際にもおすすめです。コンタクトの場合は、UVカットコンタクトにすると良いでしょう。

日中の唇はUVカットリップクリームで守る!

唇
https://pixabay.com/ja/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E5%94%87-%E4%BA%BA-1834381/
リップクリームと言うと、乾燥から守る保湿に重点をおきがちですが、実はその乾燥は紫外線によるものかもしれません。肌も同じように紫外線の影響で乾燥しますが、唇は肌のように皮脂腺がないため、特に乾燥しやすい部位です。

乾燥が進み、紫外線のダメージを受け続けると唇にもシミができてしまいます。

そこでおすすめなのが、UVカットリップクリームです。UVカットリップクリームは、日焼け止めと同じように紫外線防止効果を示すSPFやPA値が記載されています。

日焼け止めを塗ったまま寝る人はいませんよね。UVカットリップクリームも日焼け止めと同じように、紫外線防止剤が含まれているため、夜に塗って朝まで放置すると荒れる原因になるので止めましょう。

肌も同じですが、紫外線を浴びた後はしっかり保湿することが大切です。日中はUVカット重視、夜は保湿重視のリップクリームを使うようにしましょう。

手は乾燥しないUVハンドクリーム!

手
https://pixabay.com/ja/%E6%89%8B-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BC-%E8%8A%B1-%E6%8C%87-%E7%88%AA-%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE-%E7%94%98%E3%81%84-%E6%84%9B-%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9-302802/
腕に日焼け止めを塗るとき、一緒に手の甲も塗るという人は多いと思います。しかし、水仕事などで落ちやすく、体や顔以上にこまめに塗り直す必要があります。中には、日焼け止め特有の乾燥から、あまり塗りたくないという人もいるかもしれません。

手の日焼け対策として、アームカバーもありますが、装着が面倒だったり、指先までしっかり隠れる物は少ないです。

そこでおすすめなのが、UVカットハンドクリームです。普通の日焼け止めと一緒のように思うかもしれませんが、UVカットハンドクリームには保湿力が加わっています。

手はケアしているかどうかは一目で分かり、女性であればガサガサな手で手をつなぐことにためらいがあると思います。こまめに日焼け止めを塗り直すのは億劫でも、ハンドクリームなら習慣のように塗れるのではないでしょうか。

こちらもリップクリーム同様、夜に塗ることは手荒れの原因になる可能性があるので止めましょう。

顔も髪も使えるUVスプレー!

髪
https://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E9%81%A0%E8%B6%B3-%E5%A4%8F-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%B3%B6-2000972/
紫外線の中でもUVBは髪の毛のメラニンを破壊し、色落ちや髪のパサつきの原因になります。髪の紫外線対策として日傘や帽子がありますが、頭皮は紫外線から守れても、髪が長くなると毛先までは守れません。

そこでおすすめなのが、UVカットヘアスプレーです。シャンプーやトリートメント、スタイリング剤にもUVケアできるものがありますが、スプレーなら手軽に使えて、持ち運びも可能です。

日焼け止めのように紫外線防止剤が配合されていながら、ヘアケアもできるスプレーや髪の他に顔にも使用できるスプレーがあります。

顔にも使用できるスプレーなら、メイクを崩さずに塗り直しできるので、カバンに一つ入れておくだけで便利ですよ。

まとめ

まとめ
https://www.photo-ac.com/main/detail/211651?title=%E7%9C%A9%E3%81%97%E3%81%84%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%A8%E9%9D%92%E7%A9%BA6&selected_size=s
紫外線対策というと、一番目につく肌に集中しがちですが、日焼け止めが塗れない部位や塗ってもすぐに落ちてしまう部位も日焼けはしています。

見落とすことが多い目や唇、手や髪もしっかり紫外線対策をして、潤いのある美白肌を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします