Healthcare

アロマで花粉症対策!その効果や使い方を知って辛い症状を緩和しよう!

Healthcare
花粉症に悩まされてる方、今年も厄介なこの季節がついに来てしまいましたね。目はしわしわ、鼻はぐずぐず、目の周りは赤くなり、こんな症状は、もううんざりですよね。そんな症状が「アロマ」で改善されるのはご存知でしょうか?アロマの自然の力を使って悩まされる花粉症の症状を和らげましょう。

はじめに

image17
http://style-knowledge.com/kafunaroma/
花粉症の厄介な症状のせいで、気分もどんよりとしてしまいませんか?花粉症の症状は鼻水や目のかゆみ、くしゃみのひどい症状だけでなく、精神的にもイライラしてきちゃうし、そのせいで集中力も損なわれてしまうのです。

これからの春の時期は、大気中に1番花粉が出ている時期とも言われており、多くの花粉症対策グッズや薬が売られています。

そんな中で今回注目するのはアロマ!なんと、アロマを使って花粉症の症状を緩和することが可能なのです。それを知らなかったあなたは必見です。

それでは今回は、アロマを使って上手に花粉症を乗り切る方法をご紹介していきます。

アロマが花粉症にもたらす効果とは?

image09
http://medinavigation.com/kafun-aroma-165
アロマににはいろいろな作用があります。アロマの精油にはたくさんの種類がありますが、その症状ごとに精油を選び、辛い花粉症の症状を緩和することが可能です。

アロマが花粉症の症状を緩和するわけ

image12
http://w.grapps.me/beauty/20160226-8/
そもそもどうして「アロマ」が花粉症を緩和してくれるの?こんな素朴な疑問がわくことでしょう。アロマには「免疫機能のバランスを調整」してくれる作用があります。その他にもアロマには「ストレス軽減」「リラックス効果」「不眠症改善」などの効果が期待されており、これはアロマの独特な香りからもたらされる効果なのです。

でもちょっと待って。「アロマを炊いたとしても、花粉症の症状で鼻がつまって、香りが分からないけど?」と疑問に思いませんか? 確かに鼻が詰まっているのではアロマの香りは分かりませんよね。ですが、香りがわからなくても、アロマの香りが鼻の粘膜に触れることで、アロマの効能を発揮するのです。
アロマの香りが鼻の粘膜に触れると、それが大脳に直接伝わり、脳内で香りを嗅ぐことができるので、鼻が詰まってても全く問題はございません。

それではアロマの使い方をご紹介していきましょう。

「鼻水・鼻づまり」対策ができるアロマの使い方

image14
http://www.nagomi-space.com/1801
花粉症による最大の症状とは、やはり「鼻水」「鼻づまり」でしょう。症状により効果をもたらしてくれるアロマ精油の種類・使い方があります。それらを行うことで症状が緩和する事間違いなしですので、一挙にご紹介していきましょう。

鼻づまりに効果があるアロマって?

image13
http://cocoloni.jp/love/571279/
「鼻づまり」「鼻水」に効果があるアロマは、ずばり「ユーカリ」「ティーツリー」「ペパーミント」の3つでしょう。これらのオイルには、細菌やウイルスの増殖を阻止する効果があります。特にユーカリ・ティーツリーは殺菌作用が高く、花粉症対策としてはかなり期待できるアロマオイルとなります。

では、実際にアロマをどう使えばいいのでしょうか。

<マスクにアロマを垂らす>
花粉症対策でマスクをされる方が多いかと思いますが、つけているマスクにアロマを2滴ほど垂らして使用してみてください。ただマスクをしているよりも、花粉症の症状が断然に緩和されますよ。

<ハンカチにアロマを垂らして吸入する>
外出先でも出来る対策として、ハンカチにアロマ精油を垂らし、この香りを嗅ぐという方法もあります。垂らす精油の量で、御自身で効果の強弱を調節して下さいね。

<洗面器でアロマ蒸気を吸入する>
洗面器に暖かいお湯をはり、精油を垂らします(量の強弱は調節して下さい)そこに顔を近づけ、上がってくる蒸気を吸入して下さい。吸入時間は5分程度で大丈夫です。

<枕元をアロマの香りに満たす>
枕元にアロマを含ませたハンカチやティッシュ、もしくはアロマディフューザーを使い、アロマの香りで満たして下さい。そうする事で、鼻づまりや鼻水が睡眠の邪魔をしてしまう問題を緩和することが出来ます。

アロマを使った目のかゆみ対策!

image11
http://www.nagomi-space.com/1801
花粉症の症状として次に悩まされるものが「目のかゆみ」ですよね。目のかゆみには、「カモミール」「ラベンダー」が効果的です。特にカモミールには抗アレルギー作用もあり、目のかゆみに効果的です。

では、対策方法をお教えしましょう。

<ラベンダーウォーターでコットンパック>
アロマ精油の中でも刺激が弱く、肌にも優しく鎮静効果を多く含む成分があると言われているのがラベンダーオイルです。ラベンダーウォーターは普通に市販されていますので、それらをコットンにプッシュして目の上でパックして下さい。かなりの症状緩和が期待できることでしょう。

<冷たいタオルを目に当てる>
冷たい水に、精油を2滴程落とします。そこにタオルを浸し、冷たいタオルを作り、目の上に当てます。香りを鼻から吸収する事だけでも効果はありますが、こうしてタオルを目に当てるのも症状をさらに緩和できるひとつです。

花粉症対策にはアロマスプレーを持ち歩くのがベスト!

image10
https://comorie.nifty.com/3403.htm
花粉症対策としてアロマスプレーを作り、持ち歩いたり・お部屋にひとつ置いておくことをオススメします。作り方はとっても簡単で、無水エタノールに30mlにアロマ精油を5滴たらしてスプレーを作ります。スプレーを作ったら、お部屋にシュシュっとスプレーするのも良いです。

お部屋がアロマの香りで満たされることから、もちろん花粉症の症状が緩和されるだけでなく、リラックス効果も得られます。外出時、ハンカチやマスクにスプレーを振りかけ、使用するもの良いですね。スプレーすることで、マスク自体の殺菌作用にもあるので、衛生面的にも一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

まとめ

image15
http://www.beauty-matome.net/body/aroma170214.html
花粉症に悩まされる季節がやってきていますが、アロマを使って対策をすることを習慣化すると良いでしょう。花粉症の症状でイライラしたり落ち着かない時があるかと思いますが、そんな時、アロマの香りがあなたの体も心もリフレッシュしてくれること間違いありません。

また、アロマ精油は精油100%ピュアなものをご使用ください。アロマオイルといえば、よく100円均一にも売られているもの、という認識があるかもしれません。しかしあれらは、オイルに香りをつけてるだけですので、香りはあっても、効果は得られませんのでご注意ください。皆さんの症状に合ったアロマを選び、辛い辛い花粉症の時期をうまく乗り切っていける事を願います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします