image07
Healthcare

五月病は食事レシピで改善できる?食から心を蘇らせる方法

image07
Healthcare
環境が変わって一月位経過。まだ馴染めないし、仕事も慣れない。一生懸命頑張ってるんだけどなんだか辛くなってきた…。こんな感じになっていたら、五月病になりかかっているかも?まずは食生活から見直しましょう!

はじめに

image12
https://www.photo-ac.com/
ストレス社会の現代において、一度環境が変わるとその状況に慣れるだけでなく、新たな課題が怒涛のように押し寄せてくることもあります。

そんな中で、私たちはしっかり自分の健康を、心身共に守っていく必要があります。特に文字通り、まさに「忙殺」された状態を放置すると、自分の身体と心が置いてけぼりになって、後で病院通いになることも。

心と身体は一体です。どちらもしっかりした食事で、早めの対応が肝心です。今回は特に心の健康、脳の健康にフォーカスして食事を考えましょう。

五月病と食事の関係性

image13
https://www.photo-ac.com/
「五月病と食事」というと、とっても限定的ですが、言い換えれば「メンタルヘルスと食事」ということです。

ということは、脳の健康とも切り離しては考えられません。五月病は放置して悪化すればうつ病になるとも言われており、うつ病といえば「脳の機能不全」です。

では、うつ病になって初めて脳の機能が落ちるのでしょうか?そんなはずはないと思いませんか?

もともと、五月病は診断書の上では「適応障害」か「うつ病」と書かれるのが通常です。最終手段として心療内科に行けば、うつ病の薬の穏やかバージョンの薬を出してくれます。

ということは、やはり脳の機能が低下しているという事。

必然的に脳の機能をアップさせる食事を摂り、機能を低下させるものを割けることはもはや必須です。

五月病対策の食事を考える

image08
https://www.photo-ac.com/
まず、どんなモノを「食べない」かを、先に考えましょう。

何故なら、どんなに良いものを摂取したとしても、その前にジャンクなものなんかを食べていたら、その消化にエネルギーが取られることくらい予想できます。

そう、まずはジャンクを避ける。理由は酸化しきった油と、クオリティの低い原料、過剰な砂糖、もっと悪いのは人工甘味料…。

ジャンクフードが何故安いか、一度考えてみていただきたいのですが、日本の食品には、ただでさえ海外では禁止されているような添加物や油がたっぷり使われています。

健康なときなら、たまに食べる程度であれば問題ないでしょうが、忙しくてランチがハンバーガーばかりとか、コンビニ弁当ばかりだと、自律神経が弱って身体の機能が全開でないのに、どんどんいろいろなものを溜め込みます。

それから、それほど食事のレベルが悪くないような人でも、何故か調子の悪い人にも、2週間試してほしいのが「グルテンフリー」。

昔の「古代小麦」と違って、近年の小麦のクオリティはかなり栄養評価が低いですし、小麦アレルギーでないとしても、実は「グルテン不耐症」という人は、不調のときだけでもグルテンを止めると気持ちまで明るくなったという報告があります。

そして油。最近「低リノール酸」が推奨され、代わりにハイクオリティなオリーブオイルなどが推奨されていますが、現代の日本人はサラダ油の普及により、世界一リノール酸を摂取しています。

本来、リノール酸は油の形でとる必要がなく、食品素材に含まれている形で摂るのが理想。酸化もしやすいので、アレルギーの誘引物質として注目されているほどです。

五月病対策の食事法

image10
https://www.photo-ac.com/
さて、取り合えず調子が良くなるまで「おあずけ」する食べ物は、前項で分かりましたね?いよいよ、「何を、いつ、食べるのか?」です。

世の中には健康食の方法として、あまりにもいろいろな食事法が出回っています。

まず、あなたが過去に試して調子が良くなった食事法があれば、「避けるべき食べ物」の内容を守りつつ、再開するのも良いでしょう。過去に自分に効果があったのであれば、効果は或る意味保証済み。

しかし、特にそういった経験がない場合は、質の良い油と魚や良質の肉、野菜を効果的に組み合わせて、食べ過ぎに気を付けつつ、楽しい食事をすることをおススメします。

そう。まずは一日のうち一度位は楽しみのある食事であるように。そしてあまりダイエット食的な感じにならないように、暖かく満足感のある内容が良いです。

インド医学では、うつ病的な不安感には暖かく、滋養ある食事が推奨されています。

例えば野菜を蒸しサラダなどにして、質の良いオリーブオイルと塩コショウで頂くとか、魚料理も良いですね。そして、不調のときには、普通のパスタではなく、古代小麦で出来ているパスタに切り替えると、グルテンフリーの効果を打ち消す度合は少ないでしょう。

そして、あまり身体が重たく感じる程、食べ過ぎることは控えましょう。そのときは良くても、食べ過ぎると、後で気分がダウンすることが多いのです。

それから、食事のタイミングですが、あまり不規則にならないように。

自律神経を整えるには、食事と睡眠の規則性に気を付けるのが簡単で効果的です。間食をする場合も、決まった時間に間食を適量摂るようにしましょう。

巷の五月病対策の半歩先を行く!

image09
https://www.photo-ac.com/
「ブレインフード(脳機能改善食品)」という言葉を聞いたことがありますか?

米国の神経科学のWenk教授や、米国農務省栄養研究センター所員の研究家の発言から、ご紹介します。

まず一番に重要なのは「例えば私たちが植物を食べると、植物自身が環境によるストレスに対抗するメカニズムを発展させてきたように、私たちの体内においても防衛機能を発揮する」という趣旨のことを述べているところです。

これは要するに、我々は食べた物を、その機能ごと流用しているとも言い換えが出来ます。身体を作っているのは食べ物、という概念は本当なのですね。

そして多くの人は脳を正常に動かすだけの栄養が摂れていないから脳が機能しないとも述べています。

食品が脳に及ぼす影響は、長期的なものと短期的なものがありますが、基本的にインスタントな効き目は期待するものではありません。

しかし、その中でも注目に値するのは「脳を修復する」と考えられているオメガ3です。代表的にはクルミや魚に多く含まれており、「魚はブレインフード」と言われる所以です。

また、抗酸化物質は脳内炎症も防ぐ効果があり、意識して摂取したい食品群です。特にベリー類や、ほうれん草、ブロッコリー、お茶などに含まれています。
念のためですが、「これがブレインフードだ!」とばかり、これらだけを摂取していれば良いというわけではありません。

最低限のブドウ糖類を摂ったり、食事自体にバリエーションを取り入れ、身も心も満足できる食生活が健康な食事と呼ばれて然るべきでしょう。

まとめ

image11
https://www.photo-ac.com/
一昔前のマニュアル君のデートのように、「こんなときはこれ」という決まりきった食事は、今回特に気を付けて避けるようにしました。

何故なら、五月病自体が人間であるが故の症状だからです。人間は、マニュアルでは動きません。あなたもそうですよね?

場面ごとにパターンは確かに持っているのですが、それでもひとつのことに対して、通り一遍の反応が返ってこないのが人間です。

だから、いろいろな食事法はありますが、それがストレスになっては意味がないですし、一般に良いと言われているものでも合わなければ無理しても仕方ないのです。

一番大事なのは、ストレスにならない範囲で、ということ。

もし、徐々にブレインフードを活用していけるようになったら、かなり楽になるかもしれませんが、食事としては嫌なら、サプリでオメガ3を摂取してもいいのです。

柔軟に、楽しさを取り戻していけるよう、気持ちを向けたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします