Love

ダブル不倫の結末にハッピーエンドはない?バレた時の慰謝料は?

Love
結婚というゴールがないからこそ心地よい関係が築ける事が魅力とされているダブル不倫。しかしだからこそ、その結末も想像できないもの。一般的に不倫関係における「結末」というのは、良い未来・結末を迎えるというのは難しいと言われています。それでは、ダブル不倫を経験した人たちはどのような結末を迎えているのでしょうか?そして、ダブル不倫が発覚してしまった時の慰謝料はどれ位なのでしょうか?詳しくご紹介していきます!

「未来がない関係」は本当に幸せ?

image08
引用元:https://tanteisagashi.com/column/28/
結婚という焦りがない分、精神的に余裕を持って恋愛できる「不倫」。
特にダブル不倫においては家庭で足りない部分を埋めてくれる存在であり、明確な未来がないというのも魅力的だと感じている人も多いのではないでしょうか。

都合よく付き合える事から、肉体的な相性さえよければ長続きしやすいと言われている不倫。しかし、ふと冷静になった時に、

「いつまでこの関係って続くんだろう?」
「自分も彼も家庭があって別れるわけでもないのにこの関係って本当に必要なの?」

と考えてしまった事はありませんか?

不倫は都合が良い関係の為、ずるずると長引いてしまう事がほとんどです。
明確な終わりがやってくるのは、「大きなきっかけがあった時」だけ。

その大きなきっかけ、そしてその結末は一体どのようなものなのでしょうか?
ダブル不倫という関係に疑問を持ち始めている人は、是非参考にしてみてください。

ダブル不倫はどんな結末を迎えるの?

image11
引用元:http://xn--u9j1b003l72bcxrcwbjc8236d.com/entry32.html
不倫という関係は、なかなか周囲に相談する事もできずどのような結末を迎えているかも曖昧に感じている人が多いです。

特に女性は精神的な安定を不倫相手に感じている事が多いので、「何かあっても彼が支えてくれる」と夢見がちになっている事もあり、目を背けてしまいがちです。

しかし、恐ろしい結末を迎えてしまうまでずるずる関係を長引かせるのは身を滅ぼす危険性が大いにあります!

それでは世の中のダブル不倫経験者さん達が迎えた「ダブル不倫の結末」を、まずはご紹介していきます。

バレる前に関係を解消する

image16
引用元:http://www.tamahome.jp/info/tips/hints/002
お互いが既婚者であり、リスクが非常に高いと言われているダブル不倫。
そのダブル不倫という関係が迎える結末の中で、最も理想的であり誰も不幸にならない結末が「バレる前にダブル不倫の関係を解消する」というもの。

バレてしまったら彼だけでなく自分の家族、財産、職場などすべてを失う可能性があります。そう、全て自分の欲しいままに自分の欲望を満たすという事は、その分代償が必要になるんです。

結局不倫関係である以上、最終的には自分の持っている環境と関係を天秤にかけるもの。
バレなければ天国ですが、バレたら地獄より恐ろしい目に遭うかもしれません。

しかしダブル不倫というのは、お互い家庭があるからこそ自分や相手の生活を壊そうと考える人が極めて少ないのが特徴です。解消するときに修羅場になる事も極稀なので、意外とあっさり関係を解消してしまうカップルも。

関係について疑問を持ったら、早々に関係を解消する事が最も良い結末と言えます。

他の人を好きになり別の人と不倫関係に

image15
引用元:http://tanteikyoku.com/%E4%B8%8D%E5%80%AB%E6%9C%80%E6%82%AA
不倫というのは、現実的にできない事やパートナーでは満たせない欲求を満たす事を主に目的としている関係です。

深い愛情に発展してしまったとしても、旦那に対して感じられない愛情を不倫相手で満たしているものです。

それ故、関係にマンネリを感じてしまったら他の人と同じように不倫関係を持つ事が多いのです。ダブル不倫は互いに深く干渉する事があまりないので、比較的に別れられやすい関係だと言われています。

そして一度不倫を経験してしまった人は幾度となく繰り返してしまうケースが多く、泥沼化しやすいです。

「関係を解消し、他の人と不倫関係になる」というのは、ダブル不倫においてよくある結末と言えます。

関係の解消を伝えられた側は不倫関係を解消した時点で新しい不倫相手を探すのではなく、家庭に戻る方が賢明でしょう。

探偵や興信所に調査されたり携帯チェックでバレる

image03
引用元:http://cocoloni.jp/love/39427/
関係が長引けば、その分バレるリスクは上がっていきます。完璧に隠しているつもりでも、いつかはボロが出てしまうのが人間です。一度怪しいと思われてしまえば最後、彼といつものように密会している時に探偵や興信所に相談されてバレてしまう事も。

浮気調査や不倫調査を得意とする探偵や興信所も増えているので、まったく気づかないうちに証拠を掴まれてしまうケースも多々あります。

バレてしまったらもう大変。一気に地獄へと真っ逆さまです。普通の不倫と違い、ダブル不倫の場合は有責配偶者とみなされ、通常よりも高額な慰謝料の支払いに応じなければならなくなります。

更に近所や子どもの学校、職場にバレてしまったら居場所など当然なくなり、自費で引っ越したり自分の生活費を自分でまかない、子どもがいる場合は親権をはく奪され養育費を請求される事も少なくありません。

要するに、バレずに一生ずるずる続ける関係というのは現実的ではありません。バレないまま終わるか、バレて全て終わってしまうかのどちらかしかダブル不倫という関係においてはほぼ存在しないと言えます。

ダブル不倫がバレた時の慰謝料ってどれくらいなの?

image17
引用元:https://www.bengo4.com/c_3/c_1001/c_1350/
ダブル不倫が発覚したら、まず考えるのは慰謝料です。

バレてしまった時に自分が払うべき慰謝料を知って開いた口が塞がらないという人や、「こんな事ならバレる前に別れておけばよかった…」と初めて後悔する人も決して少なくありません。

しかし減額の交渉や、情に訴えて情状酌量にしてもらおうなど言語道断です。パートナーは決してそれを許してくれる事はありません。そうならない為にも、ダブル不倫が発覚してしまった時の慰謝料がどれくらいなのか知っておきましょう。

一般的なダブル不倫の慰謝料支払い額

image10
引用元:http://blog.payoneer.com/?lang=ja
不倫相手が独身だった場合の「シングル不倫」の場合は、被害者が1人であり責任や不倫関係での状態によってどちらが支払うのかが変わってきます。しかしダブル不倫の場合は、被害者が2人です。自分の旦那と、相手の奥さんですね。

そうなると、ある特別な条件下でない限りは、基本的に自分は旦那や相手の奥さんに支払いを求められる事になります。ダブル不倫である以上、支払いを免除してもらう事は基本的に不可能です。

そして不倫相手の家庭環境や夫婦状況、結婚生活における障害の有無などによって慰謝料は大きく左右されますが、一般的には100万円~500万円程度であると言われています。

不倫相手の奥さんから慰謝料請求をされた上、自分の旦那から離婚を言い渡された場合は別箇で慰謝料を支払わなければならないケースもあるようです。

慰謝料を支払えば終わりというだけでなく、不貞行為をはたらいた事が不利になり親権をはく奪される事もあり、養育費の支払いを命じられる事もあります。

ダブル不倫がバレてしまう事って、とっても恐ろしいですよね。

まとめ

image07
引用元:http://love-technique.net/entry95.html
普通の不倫に比べて別れる時に修羅場化しにくいダブル不倫ですが、バレた時に失うものはあまりにも大きすぎるのもまたダブル不倫です。

不倫は決して許されない関係。だからこそ燃え上がる事もありますが、ウソや悪い事はいつかはバレてしまいます。

不倫に永遠はありません。

だからこそ、関係に疑問を感じた時がチャンスです。できる事ならば何も失わず、ひっそりと後悔し反省し家庭に戻る事がベストです。その機会を失わないように、終わりのないダブル不倫という関係の結末について冷静に考えてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします