image02

ダブル不倫で恨みを買わないキレイな別れ方とは?泥沼化した不倫に幕引きを!

image02
未来のビジョンのないダブル不倫。だからこそ楽しめたというカップルも少なくないようですが、このままダブル不倫を続けていく事を冷静に考えた時、未来のビジョンがないからこそ早い幕引きを…と考えている人も多いのではないでしょうか?不倫だからといって後腐れなく別れられるかと言うと実はそんな事はなく、トラブルが発生する事も珍しくありません。今回は、泥沼化したダブル不倫に幕引きを考えている人にキレイな別れ方についてご紹介していきます。

未来がないからこそ幕引きを

image13
引用元:http://www.men-joy.jp/archives/223349
夢見がちな乙女のような部分を持ちながら、時に現実的なのが女性。ダブル不倫は非常に刺激的で、日頃のストレスを発散したりパートナーへの不満を解消したりと良い事だらけ。

しかしふと冷静になった時に、自分を満たしているものはリスクに見合ったものなのだろうか?いつまでこの着地点のない関係を続けていくのだろう?全て失った時、自分はどうなってしまうのだろう?

と考えて自分のしている事に疑問を持つ女性も少なくないようです。実際、結婚という着地点がない為プレッシャーや焦りなどもない事がダブル不倫のメリットではありますが、だからこそ終わりのないずるずるした関係というものに疑問を感じてしまいますよね。

ダブル不倫に限らず不倫はずるずると泥沼化してしまうケースが多く、幕引きをするタイミングを逃しやすいのが特徴です。思ったが吉日、幕引きをするなら早いに越した事はありません。

不倫関係をキレイに終わらせる為に、キレイな別れ方を今回はご紹介していきます!

「不倫だから簡単に別れられる」は間違い!

image10
引用元:http://motejo.jp/couple/how-to-start-goodbye-talk-2.html
不倫関係の中でも、特にダブル不倫の場合はお互いの生活に理解があるから別れたくなったら簡単に別れられると思いがちです。

「いつでもできる」がダブル不倫における泥沼化を引き起こしている事は火を見るより明らかですが、一方的な別れ方では恨みを買ったり、せっかく隠してきた関係にも関わらず全てがバレてしまい最悪の結末になってしまった…という事もゼロではありません。

男性によっては不倫関係にも関わらず浮気ではなく本気になってしまっている場合や、体の相性が良いから失いたくないと思っている場合も大いにあります。
自分自身が不倫という形の恋に燃え上がる時期があったように、相手も同じように燃え上がるものです。

慎重にキレイな別れ方を選択しないと、「裸の写真をネットに流す」「旦那に全部バラしてやる」などと脅迫される事も充分にあり得る話なのです。

その為一方的に遮断するのではなく、なるべく激昂させない別れ方をする必要があります。 それではまず、キレイな別れ方をする為にすべき事をご紹介します。

ブレない気持ちを持つ事がキレイな別れ方の近道

image16
引用元:http://uranaime.com/1408/
思ったらすぐ行動、というのは非常に良い事です。不倫において関係を長引かせるという事は決して良い事ではありません。

ですが、相手に上手く丸め込まれてしまう可能性はゼロとは言えません。何を言われても絶対に別れる!という気持ちを持ち続ける事ができるでしょうか?

実際強い気持ちを持っているつもりでも彼を目の前にしたら言えなくなってしまった…という女性は多いものです。別れる時の言葉を考える事も大事ですが、その前に自分の気持ちをはっきりとさせましょう。

家族への強い罪悪感を感じる事が大事

image12
引用元:http://xn--88j6e570n.net/how-to-get-over-love-affair-1550
不倫関係は非常に刺激的ではありますが、その刺激は燃え上がっている時に感じるもの。
罪悪感がスリルになっているだけの事です。別れを考えているのなら「スリル」という感覚にすり替えず、罪悪感としっかり向き合って深く考えてみてください。

まずは不倫がバレてしまった時の事を想像してください。プロポーズして指輪を与えてくれた旦那さんが、一緒に幸せな家庭を築こうと言ってくれた旦那さんが、今まで向けてくれていた視線で二度と自分を見てくれる事はありません。聞いた事のないような暴言を吐かれたりもする事でしょう。

子どもがいる場合は、離婚する事になった場合親権を剥奪される可能性が大いにあり、場合によっては子どもと会う事すら許されない可能性があります。自分の気の迷いで、子どもを不幸にさせてしまう事は充分にあり得る話です。

明日バレるかもしれない、それは明日から子どもと会う事を許されなくなる可能性があるという事。自分にとって何が大事なのかよく考えてみましょう。

慰謝料の金額と不倫関係を天秤にかけましょう!

image17
引用元:https://uwaki-pro.com/columns/11/
バレてしまった時の慰謝料がどれくらいか把握していますか?「バレた時に考えればいいや」は非常に危険です!

慰謝料というのは、実際不倫関係においての状況や相手側の夫婦の環境などによって大きく変化があるのでこの値段です!とはっきり言う事はできません。しかし、大まかに計算するとダブル不倫の場合は200万円~400万円程度と言われています。

更に離婚して親権を剥奪された場合はこれにプラス生活費や養育費なども加算されていきます。今まで専業主婦をしていた人は離婚後この金額を自分で稼ぎ、自分の生活を維持しながら支払う事が可能かどうかよく考えてみましょう。

そしてその金額を支払う価値のある相手であるか考えましょう。そこまで人生を棒に振りたいと思う程の相手でしょうか?恐らく大半が「この関係にこれだけの金額を払うのはちょっと…」と思うはずです。

そう思ったらそれを不倫相手にそのまま伝えてみましょう。キレイに別れるには現実を突きつける事が一番効果的です。

キレイに別れるにはこの方法が効果的!

image19
引用元:http://www.katarite.jp/
自分の別れたいという気持ちをしっかりと固めたら別れ方を考えましょう。

まず不倫関係を持っているとはいえ、男性側に罪悪感や背徳感がないわけではありません。
当然女性と同じように罪悪感や背徳感が「スリル」にすり替わってしまっているのです。
家庭があるという手前、よほどの不仲でない限りは後ろめたさはあるもの。

キレイに別れる為には、その彼の感じている「後ろめたさ」を上手に使う事が重要です。

素直に別れたい事を伝える

image11
引用元:https://www.fruitvalefilm.com/2845
やはり別れを告げる時は、素直に別れたいと伝える事がベターです。ベストでない理由は、「言い方をしっかり考えなければいけない」という点。

別れを告げられた側は、例え不倫関係であったとしても傷つきます。修羅場に発展してしまうのも、この伝え方の良し悪しによるものである事が多いのです。

ここで先述した、「後ろめたさを利用する」という事が役に立ちます。別れの原因をどちらかの所為にしない事が重要です。

直接告げる場合は

・ダブル不倫はリスクが非常に高く、バレた時にお互いが不幸になりたくない
・未来がないからバレるまで続けてしまいそうで嫌だ、メリットがない
・お互いが離婚できないから、二人で生きていく事ができないから

と、「現実的に不可能な事」と「後ろめたさ」を改めて実感できるように説明しましょう。
しかしそれだけでは押しが弱いので、その上で「私がもうこの関係をやめたいと思っている」と伝える事で、しっかりした相手であればキレイに別れる事ができるでしょう。

徐々にフェードアウトする

image04
引用元:http://world-action.net/archives/14990
彼が激昂するタイプの人の場合は、直接告げるのは怖いものですよね。そういった場合は、自然に不倫関係を終わらせる事が良いでしょう。

徐々に彼への連絡を減らしていき、電話に出なかったり誘われても「予定があるから」と素っ気なくしていきましょう。ゆっくり離れていく事で相手も避けられている事に気づき、最初はしつこくしてくる事もあるかもしれませんがそのうち何も言わなくなってきます。

しかし、あからさまに避けている態度をとるのは厳禁です。器用にやっていきましょう。
フェードアウトして相手が何も言ってこなくなったら後は流れに身を任せるだけ。
きっとその頃には彼も別の女性と不倫関係を持っている事でしょう。

まとめ

image18
引用元:http://furin.couple.jp/
ダブル不倫のキレイな別れ方についてご紹介しました。参考になりましたでしょうか?

不倫というのは不思議なもので、初恋のように気持ちが盛り上がり幸福感で満たされるものです。つまり、決して冷静な状態ではありません。

不倫関係を持っている状態では冷静な思考に至る事が出来ないからこそ、不倫がバレてしまった時に大きな後悔を背負ってそれから長い人生を送っていく事になるのです。

どちらかを深く愛せば片方は蔑ろになってしまうもの。同じだけ2人の人間を愛する事はほぼ不可能です。ふと冷静になれたなら、それはチャンス。

もう一度、自分にとって何が大事なのか考えて倫理に反する事はやめてしまいましょう!不倫をしなければ夫婦関係を良好に保てないなんて事はありません。自分に自信を持って、良好な夫婦関係をもう一度築いてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします