Beauty

キレイの敵・乾燥肌とは?原因と対策を知って冬を乗り切ろう!

Beauty
お肌の天敵「乾燥肌」。1年を通して乾燥に悩まされてる方は多いですが、1年で最も乾燥がきになる季節が冬。その「乾燥肌」とはいったいどういったものなんでしょうか。その原因や対策をご紹介していこうと思います。

はじめに

image02
http://curebi.net/articles/484
本来、私たちの肌の角質層には水分を保ち、紫外線から肌を守りバリアする機能が備わっています。

正しいスキンケアをきちんとしていれば、乾燥肌に悩まされるといった事は起こらないのに、それでも乾燥が起こってしまうのにはどういった原因があるのでしょうか?

乾燥肌とは?

young beautiful healthy woman and reflection in the mirror
https://cuta.jp/24193
「乾燥肌」とは、文字の通り、乾燥してしまっている肌のこと。肌に水分が足りなく、潤っていない状態ですね。

肌の表面は、汗や水分と皮脂が混ざり合ってできた「皮脂膜」で、覆われています。健康な状態だと、この膜が保湿クリームのような機能をもち、肌を乾燥から守ってくれています。

しかし、この皮脂膜が少なくなってくると、肌の乾燥をまねいてしまいます。

あなたの肌がこの状態なら今現在「乾燥肌」になっているかも!?

image13
http://www.tohko-do.com/biyoukolamu14.html
・肌がザラザラ、カサカサする
・肌についた跡がなかなか消えづらい
・化粧ノリがわるい
・唇がきれやすい
・肌が固く感じる
・しわが目立ってきたきがする
・洗顔後肌がつっぱる
・肌がかゆい
・化粧水やクリームを塗ったら肌がひりひりする
・肌に白い粉がふく

上記の中で当てはまるものが多い方は、現在「乾燥肌」がかなり進行中といえます。

肌を触ってみて、カサカサ・ザラザラと感じるのは、肌の水分が外に蒸発してしまっているからです。ひどくなる前に対策をとる必要があると言えます。

乾燥肌の原因って?

image19
http://kireiswitch.com/archives/4754
乾燥肌になってしまう原因はいくつか考えられます。考えられる原因は以下の通りです。

「偏った食生活」「間違ったスキンケア」「間違った生活習慣」「体質」「加齢」「体調不良」。これらが考えられますが、初めの3つの原因に関していえば、私たちの日常生活の行動・習慣のせいで、自ら乾燥肌を作ってしまっていると言えますね。

「偏った食生活」

ついつい偏った食生活をしてしまう方は、肌を作るタンパク質だったり、皮膚や粘膜を正常な状態に保つビタミン類が足りていないことから、乾燥肌になってしまうと考えられます。偏食の人は肌が乾燥していきますよ。

「間違ったスキンケア」

肌をゴシゴシと洗っては絶対にダメです!ふき取りコットンでもゴシゴシしたり頻繁に使用するのはダメ。肌の角質層に傷をつけていることになります。

「間違った生活習慣」

「寝不足はお肌の天敵」という言葉があるように、寝不足は乾燥肌をも招きます。そして、エアコンなどに長時間ふれてるのもよくありません。角質層の水分をどんどん奪われていくことになります。

乾燥肌が進むと乾燥ニキビも

image14
https://cuta.jp/9421
ニキビは、思春期・脂性肌の人だけにできるわけでありません。乾燥肌のため出来てしまう乾燥ニキビがあります。

ニキビには「肌に皮脂が多いから出来てしまう」みたいなイメージがありますよね?じゃあ、肌が乾燥して皮脂もないはずなのになぜニキビができてしまうの?実は、乾燥肌の状態だと肌を守ろうと、皮脂が過剰に分泌しだします。

その皮脂が、乾燥してる肌状態ででてしまうと、毛穴に詰まりやすく、結果それがニキビの原因になり、乾燥ニキビができてしまうという訳です。

それに加え、乾燥肌の人は肌のターンオーバーがうまく行われず、古い角質も毛穴に詰まりがちになってしまい、これも乾燥ニキビができてしまう原因となるのです。

乾燥肌の改善・対策方法

image17
http://beauty-matome.net/skin/dry-skin-spring.html
それでは、「乾燥肌」を防ぐための改善・対策をお教えします。大きく分けて、主に2つの事を気を付けて頂ければよいです。

水分補給

やっぱりなんといっても保湿が大事なポイントとなり、お肌の水分補給は欠かせません。

たっぷりの水分補給をしてあげ、その水分が蒸発し逃げてしまわないよう、乳液やクリームを最後につけましょう。

これにより、乾燥をしっかりと防ぐことのできる皮脂粘膜をつくってあげましょう。乾燥が気になる箇所は、特に念入りに水分補給をしてあげて下さい。週に数回のフェイスパックも良いですね。

また、乾燥がひどい方は朝夜の洗顔は、ぬるま湯で洗うだけが良いでしょう。

皮脂対策

皮膚の油を必要以上に、脂取り紙などでとっているとしたらやめて下さい。皮膚の油が不足していると体が勘違いをし、皮膚を守ろうと過剰に皮脂をつくりあげてしまいます。

肌を守るのには水分と皮脂が必要ですので、油分の取りすぎには気を付けて下さい。

どうしても皮膚の油が気になるのであれば、ミスト化粧水を軽く吹きかけ、ティッシュで軽くおさえる程度に行ってください。

この方法だと、化粧水で水分も肌に入れることが出来るので、保湿・乾燥対策の両方ができ、一石二鳥といったところでしょうか。

乾燥肌の人のためのスキンケア

image11
http://www.cassieryallsceramics.com/

①洗顔

毎日の洗顔は必要ですが、朝はぬるま湯のみで洗顔するようにしましょう。

夜洗顔時には、洗顔料をしっかり泡立てて、やさしく洗ってください。ゴシゴシ力強く洗うのは絶対にだめ!肌を傷つけ、角質層のバリア機能が低下しちゃいますからね。

②化粧水をよく浸透させる

化粧水は手でつけ、おさえ込み肌に浸透させるイメージで行ってください。パタパタとはたくやり方とでは、肌への浸透力に大きな差がでますので、じっくり押さえつけるイメージでやってみてくださいね。

③美容液の選び方

「セラミド」が配合されている美容液を選ぶとよいでしょう。セラミドは、高い保湿力が期待できるとされており、乾燥肌の人にとって最も大切な保湿成分ですので、セラミド美容液を使うことで高い保湿効果が期待できます。

乾燥肌の人に適しているファンデーション選び

image18
http://news.livedoor.com/article/detail/10474904/
乾燥肌の人に向いているファンデーションは、リキッドファンデやクリームファンデです。

粉のファンデーションは、乾燥肌の人には向いていません。ファンデを顔に載せたら叩き込む感じで伸ばしていってください。

ファンデを伸ばす際、手でやられる方も多いかとおもいますが、コットンで叩き込み伸ばしていくのをお勧めします。そうすることで仕上がりが全く違ってくるはずです。

まとめ

image12
http://nikibi-project.com/medical/4004
乾燥肌についての原因・対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

これからの冬の季節、乾燥肌になりやすい時期となってきます。是非、日々の生活習慣やスキンケアをみなおし、乾燥肌に気を付けてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします