Love

不倫旅行の注意点をチェック!そのアリバイ、本当に大丈夫?

Love
女性の勘は鋭いと言いますが、果たして本当にそれは女性だけでしょうか?不倫旅行というのはいつも我慢している分嬉しくて仕方のないイベント。だからこそ、不信に思われてしまう可能性が非常に高いんです!気を付けるべきは旅行中ではなく、出発前と帰宅後。今回は不倫旅行をする上で注意したい点をご紹介していきます。

誰かに見られないように…よりも大事な事がたくさん!

image15
引用元:http://otokonokoibana.com/page/4
不倫旅行は、禁断の関係を持っている二人にとってはとても刺激的で嬉しいイベント。
まさに憧れですよね!

旅行先も決まってあとは行くだけ…だけど旅行先で知り合いに会っちゃったらどうしよう?なんて、考えていませんか?

実は、不倫旅行をきっかけに不倫がバレるケースよりも不倫がバレて不倫旅行もバレた!という事の方が多いんです。

旅行先での心配以上に、出発前や帰宅後の行動によって不倫が発覚しないようにする事が不倫旅行をする上で大事になってきます。

今回は、出発前に知っておきたい不倫旅行をする上での注意点をご紹介していきます!

不倫旅行に行く際の注意点4選

image19
引用元:http://girls-affair.info/
不倫旅行はバレたら一貫の終わり。旅行中もある程度気を遣う所は多いのですが、それ以上に旅行前と帰宅後は態度や対応によっては一気にバレてしまうリスクがあります。

そうならない為にも、旅行前から旅行中、帰宅後まで絶対に注意すべきポイントをご紹介していきます!

その1:アリバイはしっかり作る!

image14
引用元:http://xn--n8jp7a0731a35f4w2afu1d.com/fuyasu.html
最も重要と言われているのが「アリバイ作り」。むやみやたらに「友人と旅行に行ってくる~」と言ってしまいがちですが、そのアリバイは非常に脆く危険です。

今はSNSが普及しており、思わぬ場所で繋がりがあった!と驚いた経験がある人も少なくないはず。

「友人とパートナーは交友関係も面識もないから大丈夫」と思ってはいけません。

その気があれば検索して「本当に旅行に行っているの?」とコンタクトを取る事も難しくないのです。

更に、アリバイとして話した友人が不倫を知っていた場合、不倫に対して良く思っていない友人ならそのままパートナーに話してしまうかもしれません。

友人が他の友人に話してしまった場合、誰かがパートナーに言ってしまう可能性も十分にあるので、友人をアリバイにする事は非常に危険だと言えます。

また、予めアリバイとして言っていた場所と違う場所に行く事も危険です。

なるべく言い訳しやすいいつもの出張先や職場の本社がある場所を旅行先にして、「出張で行ってくる」という言い訳が一番かもしれませんね。

あまり人をアリバイに使わない、という事が不倫旅行をする上で重要になってきます。

その2:上機嫌になりすぎない

image16
引用元:http://motejo.jp/beauty/many-people-like-her.html
大好きなあの人と不倫旅行!という事になったら心が躍りますよね!

いつも嫌々していた事もなんだか楽しく思えたり、いつも不快に思っていた事もすんなり流せたりと、自分にとってプラスな事ばかりですね。

しかし身近な存在にとって、それは不信でしかないのです。

「いい事あったの?」と聞いて理由を知っても、「それでそこまで上機嫌になるの?」と疑問が募ります。

基本的に不倫がバレてしまうのは全て「疑念」がきっかけです。疑念を持たれた時点でいつバレてしまってもおかしくありません。

嬉しくて仕方ないかと思いますが、パートナーが不信に思ってしまう程あからさまに上機嫌になりすぎないように注意しましょう。出発前も注意すべき点ではありますが、帰宅後も同じです。

2人の思い出に耽りたい気持ちもあるかとは思いますが、感想を聞かれた時に雑な返答をしてしまったりすると疑念が不信に変わります。

上機嫌である事は問題ありませんが、パートナーから「どうしてそんなに機嫌がいいの?」と聞かれないように嬉しい気持ちはなるべく隠して生活しましょう。

その3:カードは絶対に使わない!

image11
引用元:http://www.she.hu/herself/20161121-randi-ferfiak-nok-parkapcsolat-ot-pasi-tipus.html
不倫の疑惑を持たれた時にまず調べられるのがカードの明細です。

カードの明細を見られた事によって不倫が発覚するケースが非常に多くリスキーなので、旅行先での支払いはカードではなく現金にするようにしましょう。

また、カード明細以外で不倫の証拠を掴まれる事が多いのがレシートです。

「普段こんなもの買わないのにどうして?」「お酒飲めなかったんじゃなかったの?」と思われてしまうだけでなく、バレた後に物的証拠として提出される事も多いものなので、旅行中に購入した物のレシート類はすぐに処分するようにしましょう。

その4:SNSには絶対に投稿しない

image12
引用元:http://loppo.net/2929
楽しかった不倫旅行。誰かに話したいけど不倫旅行だから人に話せない…だけどSNSなら偽名だし大丈夫!と思っていませんか?

仮に偽名を使っていたとしても、SNSへの投稿は非常に危険です。

複雑な設定を自分でオフにしない限り、メールアドレスや他のSNSのIDなどから簡単にアカウントを特定する事が可能だからです。

実際にSNSを日常で多く使っている人も「誰にも教えてないはずなのに同僚がフォロワーにいる」「友人にSNSやってないって言ったけどフォローされてバレてしまった」と嘆いている人も少なくありません。

設定も確実に信用できるものではないので、SNSに写真や思い出などの情報を発信する事はバレるリスクを大きく高めます。細心の注意を払いましょう。

不倫旅行の口実・アリバイはどれが一番バレにくい?

image18
引用元:https://www.malaysianfoodie.com/2015/01/share-love-chatz-brasseries-valentines-day-seafood-buffet-dinner.html#.WFdNpMOLQUE
不倫旅行へ行く時、口実やアリバイはどうしていますか?口実も場合によってはバレるきっかけになりかねないので、なるべくバレない口実やアリバイを使うに越した事はありませんよね。

世の中のカップルはどういった口実を使って上手に不倫旅行しているのでしょうか?

一番バレにくいのは「出張」

image13
引用元:https://www.drwallet.jp/navi/25347/
やはり口実にするなら「出張」が一番バレにくいと言われています。

いつもの出張先の近くに行く人も多いですが、出張先に近いと仕事での知人に見られてしまうリスクがあるので注意が必要ですが、本社や支社がある場所の場合は大きなリスクはありません。

そういった口実を使う場合は、現地集合・現地解散が鉄則となりますが、不倫相手にもスーツを着てもらうなどすれば万が一誰かに見られても「仕事で一緒にいるんだな」と思われやすいので、できる限り服装は合わせてもらうようにしましょう。

口実にした以上、本当に本社や支社などに行って写真を撮ったり近くでお土産を買うなどすれば信憑性も高くなり、パートナーにバレるリスクは大幅に減ります。

まとめ

image10
引用元:https://www.pairs.tw/3061
いかがでしたか?

不倫旅行は非常に楽しいものではありますが、細心の注意を払わなければいけないもの。

疲れてしまう事が多くても、その分今までなかった経験ができると思えば頑張れてしまいますよね!

注意点をしっかり押さえて不倫旅行を楽しんでいただけたら、と思いますが頻度は増やさない方が良いでしょう。

楽しい思い出があると「また行きたい!」という気持ちが強くなりがちですが、出張や実家に帰る事が急に増えたという事になると、やはり疑いの目からは逃れられません。

バレないようにする為には疑念をパートナーに持たせない事が重要です。

たまに独占できる時間がある、というだけでも十分嬉しいものです。しっかり注意を払って、旅行を楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします