image14
Beauty

乾燥肌で肌がかゆい!かゆみの原因と解消する方法とは?

image14
Beauty
冷暖房を使う時期になると必ず乾燥肌に悩まされるという方、今日で乾燥肌による悩みを解消していきましょう。まず乾燥肌になる原因を知り、部分別の対処方法をご紹介致します。

はじめに

image13
http://hadalove.jp/dryskin-foods-20596
乾燥によって肌が痒いというお悩みをお持ちの方は、非常に多くいらっしゃいます。今回は、そんな乾燥肌によるかゆみを解消できるように対策法をみていきましょう。

乾燥肌によるかゆみの原因とは?

image17
http://hadalove.jp/dryskin-foods-20596
そもそも乾燥肌とは、肌のバリア機能が低下し、肌の水分が蒸発してしまうことによって起こります。まずは、あなたが乾燥肌かどうかセルフチェックをしてみましょう。

● 肌を触るとザラザラする
● エアコンのついた部屋にいる時間が長い
● ストレスがたまりやすい
● 便秘気味
● スーパーの袋が開けられない
● 化粧のノリが悪い
● 白い粉をふいている
● 静電気がよく起きる
● 肌がかゆくなる
● 唇が乾燥する

3つ以上当てはまる方は乾燥肌の可能性が高いです。また、乾燥肌によるかゆみが起きる原因とは、乾燥することによって皮膚の薄い目元や口元からかゆみを生じます。

痒みを取ろうとかくことにより、ヒスタミンという物質を誘発し、さらにかゆみがましてしまいます。乾燥肌によるかゆみは早めにクリームや、痒み止めによる処置が必要です。

乾燥肌でかゆい!湿疹を解消する方法とは?

image35
http://hadalove.jp/dryskin-foods-20596
乾燥肌でかゆみがあるときは、保湿クリームを塗ったり、薬を塗るなど外からの対処方法が多いですが、中から解決していく方法もあります。乾燥肌による湿疹を解決するための栄養成分のご紹介を致します。

● たんぱく質
● ビタミンA
● ビタミンB
● ビタミンC
● ビタミンE
● 亜鉛

この栄養成分が豊富な食べ物はアーモンドや、ササミ、豆腐などがあります。塗り薬に頼る前に一度食事を改めてみましょう。

乾燥肌の人は入浴する時に注意?

image27
http://hadalove.jp/dryskin-foods-20596
乾燥肌の方は入浴法を気をつけることが非常に大切になります。

入浴中に皮脂を奪われてしまうと乾燥肌になりやすくなりお風呂上がりに肌がかゆいという方はこれが原因です。

入浴中のポイントをまとめたのでみていきましょう。

● 熱い湯ではなくぬるま湯に入りましょう
● 体を洗う石鹸は低刺激なものにしましょう
● よく泡立て、泡で優しく洗うようにしましょう
● 柔らかいタオルで水分を拭きましょう
● 水分を拭き取り次第保湿をしましょう

乾燥肌によるかゆみを止める方法3選!

乾燥肌によるかゆみを解消する方法とは?

image08
http://hadalove.jp/dryskin-foods-20596
冷暖房を使う時期になると必ず乾燥肌に悩まされるという方、今日で乾燥肌による悩みを解消していきましょう。まず乾燥肌になる原因を知り、部分別の対処方法をご紹介致します。

かゆみを取る方法は、クリーム・飲み薬・塗り薬の3つがあります。ひとつずつみていきましょう。

1. クリーム

image15
http://hadalove.jp/dry-skin-itch-32233
保湿力もあり全身にいつでも塗ることができます。また、クリームを塗るとすぐに保湿され、かゆみがひく可能性が高いです。

2. 塗り薬

image37
http://hadalove.jp/dry-skin-itch-32233
お風呂上がりに水分をしっかり拭き取ってから塗りましょう。患部のかゆみを抑えてくれる成分が配合されているので、保湿だけではなくかゆみを抑える効果が期待されます。

3. 飲み薬

image05
http://hadalove.jp/dry-skin-itch-32233
かゆみがすぐに無くなる可能性が高いです。ただし、乾燥肌による飲み薬はなく、アレルギーによるかゆみ止めの薬が処方されます。副作用として、眠気や肥満などの影響がなあたかしっかり病院で確認しましょう。

乾燥肌で顔がかゆくなる原因とは?

image34
http://www.ci-labo.jp/skin-trouble/287/
毎年冷暖房をつかう時期になると、皮がむけて赤ら顔になったり、笑うと肌が切れてしまうなど、乾燥肌にいいことはありませんよね。顔が乾燥してしまう原因をまとめました。

1. 洗顔方法が間違っている

image31
https://misencil.com/2016/03/prendre-soin-de-soi-au-quotidien/
とにかく汚れを落とすためにゴシゴシ洗っては肌の大切な成分を落としてしまいがちです。

低刺激な石鹸を使用し、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。ゴシゴシしなくても汚れは充分にとれています。

2. 保湿方法が間違っている

image36
http://hadalove.jp/after-bath-moisture-52150
洗顔後に水分をタオルでしっかり拭き取り、化粧水を塗り、そのあとにクリームまたは乳液を塗りましょう。

クリームと乳液の塗りかたにはポイントがあり、塗りすぎも少なすぎも肌トラブルの原因になります。

塗りかたは。鼻・おでこ・両頬・あごに点でクリームをつけ、顔の全体に広げます。

3. ホルモンバランスのみだれ

image28
http://hadalove.jp/after-bath-moisture-52150
生理前や妊娠中など、ホルモンバランスの乱れによる肌トラブルはよくあります。

ホルモンバランスを整えるためには、体を冷やさないようにすることが大切です。暖かい飲み物を飲んだり、ゆっくりと入浴するなどしてホルモンバランスを整えましょう。

乾燥肌による足のかゆみを止める方法4選!

image12
http://hadalove.jp/after-bath-moisture-52150
足は皮脂分泌が少なく乾燥しやすいです。皮脂や天然保湿成分の分泌がすくなくなり肌を正常に保つバランスがとれなくなります。

足の乾燥肌によるかゆみを解消する方法をご紹介致します。

1. 保湿をする

image02
http://hadalove.jp/after-bath-moisture-52150
低刺激なクリームを使用料をまもって塗りましょう。

お風呂上がりなど皮膚が柔らかくなっているときにタオルで水分を拭き取り、保湿をしましょう。

2. かかないようにする

image33
http://hadalove.jp/after-bath-moisture-52150
かゆいとかきたくなりますが、かいてしまうと、炎症をおこし更にかゆみがでるのでどうしても痒い方は痒み止めを皮膚科でもらうようにしましょう。

3. こすれる服は着ないようにする

image19
http://babyfoot.co.jp/column1201.html
ポリエステルなどチクチクする服は避けましょう。

また、寝る前など身体が温まるとかゆみが増してしまうのでパジャマも気をつけましょう。コラーゲンパジャマというのも人気なようです。

4. 食べ物を気をつける

image32
http://hadalove.jp/true-wash-face-effect-1635
ホットコーヒーをよく飲む方は要注意です。コーヒーには利尿作用があり、体の水分を排出してしまう可能性があります。そうすると身体が乾燥しやすくなるため、コーヒーを飲む量を制限しましょう。

ビタミンをしっかりとることで肌トラブルを避けられるので、バランスのとれた食生活をするといいですね。

まとめ

image30
http://hadalove.jp/true-wash-face-effect-1635
いかがでしたか?

乾燥による肌トラブルはかゆみがあり厄介ですよね。かゆみがひどい場合には眠れないこともあります。

1番は乾燥しないように環境を整えることが大切ですが、環境を整えられない場合はしっかりと保湿し、乾燥を防ぎましょう。

また、食生活を見直すいい機会でもありますので、3食バランスのとれた食事をしましょう。みなさまが乾燥肌によるかゆみで悩まされないように快適に過ごせることをお祈りしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします