Healthcare

もしかしてこれって爪水虫!?病院に行く前に症状を知っておこう!

Healthcare
「水虫はかゆみが出る」と思っていませんか?なんだか違和感があるけどかゆくないから水虫じゃない…と思ったら大間違いです!もしかしたらその足の爪、爪水虫にかかっているかもしれません!今回は、水虫の中でも特殊な「爪水虫」の症状についてご紹介していきます。

爪の異変にびっくり!これって本当に爪水虫?

image08
引用元:http://xn--k9j8byiugv38lnqggxo8n5aupan6k428d.com/entry75.html
水虫の症状で代表的なものはかゆみ。そしてふやけたようになったり乾燥したりと、水虫の症状を挙げる事は容易ですよね。ですが、爪水虫はどうでしょうか?

爪水虫はそこまで知名度は高くない上、どういった症状が出るかもあまり知られていません。

実は爪水虫は、普通の水虫と違ってかゆみがなかったりと、水虫とは思えないような症状が隠れていたりするんです!

足の爪がおかしい!と思ったらすぐ病院に駆け込むのが一番ですが、やはりなかなか踏み切れないもの。

今回は病院に行く前に知っておきたい爪水虫の症状について詳しくご紹介していきます!

爪水虫の初期症状はわかりにくい!?

image06
引用元:http://womens-footcare.com/usually-shoes.html
水虫というのは、カビの一種である爪白癬に感染し繁殖している状態を指します。その点は水虫も爪水虫も変わりません。

しかし爪に感染した場合は爪の中に侵入し、水分が多くて柔らかい爪甲下を好んで住み着くようになります。

爪水虫の初期症状はなかなか現れにくく、異常なかゆみなどの自覚症状を感じない傾向にある為非常にわかりにくく、判断が遅れてしまう事も。

感染した場合、まず一番多く現れる症状は爪の変色です。通常は半透明のようなキレイな状態の爪ですが、これが白く変色してきます。更に進んだ状態だと、ここから濁ったような黄色に変色します。

そして爪甲下で繁殖している為、進行した状態だとボロボロ剥がれおちる事もあります。酷い状態まで気付かず悪化してしまうと、爪の厚みによって靴を履いた時に圧迫痛を感じる事も。

特別かゆみや痛みなどがない為、注意深く見ていないと気付かない傾向にあります。爪が白く変色してきた!と思ったらすぐ医師に相談しましょう。進行すればする程治癒に時間がかかり、お金もその分かかってしまいます。

爪水虫の時間経過と症状

image11
引用元:http://binotetujin.com/asigakusaigenin-1370.html
初期症状をお伝えしましたが、注意深く見ていなければ爪水虫に気づかない事も多く、気付いた時の症状がどの程度進んでいるのか気になりますよね。

詳しい時間経過とそれに伴う症状をご紹介していきます。

初期症状では爪の変色が見られると先述しましたが、急に全体が変色するというわけではありません。爪水虫は爪の生え際から徐々に広がっていきます。

爪の生え際だけが白、または黄色に変色している場合は外用薬だけで完治させる事ができる場合があるので、おかしいと思ったら早めに専門医に相談しましょう!

変色した爪は徐々に広がっていき、変色部分は潤いが全くない状態になっていきます。そこから時間が進むにつれて、爪がかけてしまったりなくなってしまう事も。

誰にも見せられないような恐ろしく不潔極まりない爪へと変貌していきます。

爪と皮膚の間で血が滲んで赤褐色や紫色になってしまったり、爪がどんどん分厚くなっていきます。

そのうち分厚くなりすぎた事で、靴を履いた時圧迫によって痛みが発生してきてしまいます。

痛みが発生している状態というのはかなりひどくなった状態です。爪水虫は人に感染するので、早急な対処が必要になります。

爪水虫は手にも感染する!症状は?

image09
引用元:http://slism.net/beauty/simple-nail-care-everyday.html
爪水虫は足だけ、と思っていませんか?実は爪水虫は足だけでなく、手にも感染してしまうとっても怖い病気なんです。

手に感染する経路は単純です。それは、「足水虫からの感染」。足水虫というのは温泉やプールなどの足ふきマット、裸足で歩く事の多い体育館や廊下などから感染すると言われています。

基本的に感染してから24時間以内にしっかり洗えば感染は防げると言われてはいますが、個人の健康状態や免疫などの度合いにもよるので一丸には言えません。

水虫に感染している状態で触ったり、感染している足が履いた靴を触るなどした場合手に感染します。

手が爪水虫になった時、症状は足の爪水虫と特に際立って変わりません。足の爪水虫と同じように生え際から変色し、汚い状態になっていきます。

毎日爪は見ているはずなので、足の爪水虫より早い段階で見つける事ができるので、「おかしいな…」と思ったら専門医に相談しましょう。

そして基本的に足水虫から感染しているケース多いので、手の爪水虫になった人は足も水虫になっていないか検査してもらう事をオススメします。

爪水虫の症状の改善・治療はどうするの?

image10
引用元:http://www.biranger.jp/archives/130205
基本的に爪水虫になってしまうと、市販の外用薬では治癒できません。患部の状態によりますが、基本的には外用薬と内服薬の併用での治療になります。

初期の段階の場合は、市販の外用薬で治る場合もありますが爪水虫の場合は爪に外用薬が浸透しない為、外用薬だけでの治療が難しいです。

万が一治っても再度ぶり返してしまったり、治癒できないまま悪化の一途を辿る事にもなり兼ねないので安く早く治癒するには病院に行くのがベストです。

服用する内服薬は、肝臓に対して副作用が出てしまうので定期的に血液検査が必要になります。血液検査は病院や患部の状態にもよりますが、月に1回程度の血液検査を受ける事が基本とされています。

治療していくにあたって、爪水虫の場合感染している部分の爪を殺菌しながらすべて新しく生え変わるまで治療しなければならないので、治療期間は大体半年~1年程度と言われています。

なので根気強く治療していく事が、爪水虫の治療の上で必要です。

まとめ

image13
引用元:http://kirei-torisetsu.com/archives/36918
いかがでしたか?

「女子力」という言葉がよく使われるようになりましたが、女子力を意識していてもしていなくてもやはりすぐ素足になれる状態でいたいですよね。

爪水虫は人に感染しやすいので、食事会で座敷に座る事になってしまった場合や温泉、プールなど躊躇ってしまいがち。せっかくのお出かけも心から楽しめません。

爪水虫は症状が軽ければ比較的簡単に、内服薬の使用をせずに完治させる事も可能です。
「おかしいな?」と思ったら早めに皮膚科などの専門医に相談しましょう!

自信のある素足になって、お出かけもイベントも目いっぱい楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします