image13

保湿クリ-ムでニキビをなくしてキレイな顔に!ニキビ跡や予防にも効果的?

image13
お肌の乾燥を防いで、潤いを与えてくれる保湿クリ-ムですが、保湿だけではなくてニキビを治したり予防することもできちゃう効果があるってご存知ですか?保湿クリ-ムは油分も含まれているから、逆にニキビができちゃうんじゃないかと心配で使わない人もいますが、今回は保湿クリ-ムが本当にニキビ肌の敵なのかどうかを検証してみたいと思います。

はじめに

image04
http://www.yirenyiyuan.com/entry6.html
ニキビ肌に、保湿クリ-ムのような油分たっぷりでベタベタするクリ-ムは大敵だと思ってしまいますよね。なるべくなら使わない方が良さそうな気がしてしまいませんか?

保湿クリ-ムの油分がニキビを悪化させることはなく、なんとニキビの原因となる菌は空気に触れる場所で繁殖するものではないのです。

ニキビができているからとか、できてしまうとイヤだからと保湿クリ-ムを使わなかったり、中途半端な使い方をしているとスキンケア不足で顔がベタベタしてしまい、保湿クリ-ムとは関係なくニキビができてしまうこともあるので気を付けるようにしましょう。

保湿クリ-ムでニキビを治す効果あり

image07
https://www.cosme.net/biche/articles/nG2O6
ニキビのできてしまったお肌に保湿クリ-ムを塗って、ニキビが治ったという人と、ベタベタし過ぎて自分のニキビには効果がなかったという人など意見が分かれると思います。

ニキビのできる年齢によっても異なる話なのですが、女性のニキビの原因って何でしょう?大人の場合、水分不足が引き起こす乾燥がニキビの原因です。

乾燥が原因なので、お肌に潤いを与えられる保湿クリ-ムを使うことで、ニキビを治せる可能性があります。ストレスや仕事で帰りが遅くなるなどの不規則な生活が原因で、ニキビができてしまった場合には保湿クリ-ムを使ってお肌を潤すことが大切です。

若い頃にできるニキビの場所と、大人になってからできるニキビの場所とでは皮脂の出る場所が異なるため、大人になってからのニキビはこと治しにくいような場所にできてしまうという特徴があります。

ニキビを治すためには、お肌全体をしっかりと潤すことと、ニキビができてしまった皮脂の多い場所での保湿クリ-ムの使い方を変えることが重要です。

保湿クリ-ムってニキビ肌でも使えるの?

美容 イメージ
http://xn--t8j4aa4n4gxdwqn62ssv1c.com/category3/entry9.html
ニキビ肌のために保湿クリ-ムを使うのであれば、保湿成分がキッチリしっかり配合されたものを使うようにしましょう。

保湿クリ-ムでニキビ肌のケアをする時には、高保水力でお肌の水分をしっかり蓄えてニキビの原因となる乾燥を予防して改善できるヒアルロン酸や、新陳代謝を活発にするはたらきと美白や若返り効果も期待できるコラ-ゲンが配合されているものが絶対条件です。

細胞間脂質の主成分であるセラミドはお肌を守る機能を回復してくれるはたらきと共に保湿効果も高いので、ニキビ肌をケアする際には忘れられない存在ですし、肌を柔らかくしてくれる作用のあるスクワランには、ニキビなどに対する殺菌効果もあるとされています。

子供に多いニキビ肌と違って、大人の場合には汗せんが多い額がベタベタしやすく、あごや口の周りには汗せんが少ないのでパサパサと乾燥しやすくなってしまう傾向にあります。

ニキビ肌にベタベタする保湿クリ-ムは塗りたくないと思うかも知れませんが、洗顔後に一番に化粧水を付けてから美容液をしっかりと付けて、その後お肌が乾燥しないように薄くでよいので保湿クリ-ムを付けましょう。

保湿クリ-ムを付ける時には手の中で少し温めてから塗るようにすると、伸びがよくなり薄く付けやすくなるのでお肌がベタベタするということがなくなります。

保湿クリ-ムでニキビを予防

image01
http://www.tampamarketinglab.com/?cat=4
毎日の洗顔後に保湿クリ-ムで徹底的に保湿をして、あなたの肌質を改善することができれば、お肌を守る機能が復活してニキビを予防することができちゃいます。

保湿でお肌を乾燥から守り、ニキビの原因となるひび割れからの細菌の侵入を防いでニキビを予防しましょう。

保湿クリ-ムでニキビを予防するのであれば、乾燥を防ぐために油分が少ないものを選んで、化粧水もニキビ予防のために作られているものを選ぶことがポイントです。これで油分の過剰摂取がなくなりベタベタし過ぎることがなくなります。

ニキビを予防するためには、保湿クリ-ムでの保湿だけに頼らずに生活習慣を整えたり、食生活を改善して便秘などにも気を付けるようにしましょう。

朝起きてから、必ず無添加せっけんなどの肌への刺激が少ないものを使って、寝ている間に知らずにかいた汗などをキレイに洗い流して清潔を保ちましょう。洗い過ぎもニキビ予防にはタブ-ですが、朝と晩に1日2回は丁寧に洗うようにするだけでも、ニキビを予防することが可能です。

枕カバ-やシ-ツなども、なるべくこまめに洗濯をして清潔を保つことにより、保湿クリ-ムを使ってのニキビ予防により一層の効果を期待することができるでしょう。

保湿クリ-ムでニキビあとがきれいになる?

image10
www.nikibido.com/nibk
ニキビあとは、ニキビができた時の色素沈着が原因ですので、保湿クリ-ムによっては肌のタ-ンオ-バ-を促進させたり、皮脂のバランスを整えたりするものがあるので、それらを使用することによってニキビあとが改善されるという効果があります。

どの保湿クリ-ムでもニキビあとに効果を発揮するということではありません。成分の配合が異なったり、配合されている分量などによっても効果は全く違います。

油分の多い保湿クリ-ムの中には不純物が多く含まれているものもあり、紫外線に当たることにより、不純物が酸化してしまい脂焼けを起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

保湿クリ-ムで逆にニキビができる?

image09
https://welq.jp/15418
保湿クリ-ムには油分がたっぷりと含まれているために、保湿クリ-ムを使用すると逆にニキビができてしまうのでは?と不安になることがあるかも知れません。

ニキビの原因は、乾燥以外だと、毛穴に余分な皮脂が溜まってしまうことによるものがあります。女性の場合、生理前にホルモンの関係で皮脂の分泌が多くなることも、ニキビができる原因となります。

個人の肌質によっては、確かに保湿クリ-ムを塗ることによって油分が肌に余分な脂を与えてしまいニキビができてしまったという人もいますが、保湿クリ-ムの他にも過度なストレスや睡眠不足などの要因が重なっていることに気付いていない人もいます。

冬場などの乾燥が厳しい季節には、保湿クリ-ムをしっかり使って十分に保湿をしないとニキビができる原因を作ってしまうので、自分の手の中でよく温めてから伸びが良くなった保湿クリ-ムで肌に丹念に潤し、しっかりと保湿しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?保湿クリ-ムを使って、気になるニキビが改善されるように自分に合った方法を見つけていきましょう。知らずに自分の顔を触ってしまう癖がある人は、保湿クリ-ムを塗った後などに自分の手でお肌を無意識に傷付けてしまい、ニキビを発生させてしまうことがあるためお気を付けください。

成分表示をよく見て、ニキビ予防につながるものやニキビあとに効果を発揮しそうなものなど、自分の肌質に合ったものを選んで、シチュエ-ションによって使う保湿クリ-ムを変えることも大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします