image06

抜け毛と薄毛の悩みから解放されたい女性必見!美しい髪を保つ方法はこれ!!

image06
抜け毛と薄毛の悩みから抜け出して若い頃のようなボリューム感あるつや髪を取り戻したい…40代以上の女性なら多くの方が実感していること。どうにかして食い止める方法はないのでしょうか?

こんなに違う!男性と女性のヘア事情

image14
引用元:http://www.atama-bijin.jp/hair_care/basis/structure/men_woman/
20代の頃は薄毛なんて他人事と思っていた人も、今は当事者になっていませんか?あるいは見た目の減り方が男性ほどではないから薄毛もなかなか分かりにくいもの。

気づいた時には遅かったというパターンもありがちですよね。男性と女性の抜け毛・薄毛のメカニズムには何か違いがあるのでしょうか?

あるんです!決定的な違いが!

・男性の髪質は男性ホルモンの影響を受けやすく、意外に繊細、短命
・男性の薄毛は頭頂部や前頭部など局所的に起こりやすい

・女性の髪質は寿命が長く、本来老化しにくい
・女性ホルモンのエストロゲンが髪の寿命のカギをにぎっている
・女性の薄毛は分け目に沿ってじわじわ進行し、全体的に髪が細る

男性ホルモンと女性ホルモンが髪質に影響していることは皆さん知っていたと思いますが、男性の髪質の方が実は弱くて抜けやすいというのは驚きですね。

急増しているFAGA(女性男性型脱毛)

image07
引用元:http://www.skincare-univ.com/article/005411/
「なるほど、それじゃ女性の髪質は丈夫なのよね。」と安心してはおられません。現代では女性が社会進出したおかげで、女性にも男性型の薄毛になっている方が急増しているんです。

いまやその数1200万人を超えるといわれています。これは、男性ホルモン過剰による男性型脱毛症男性型脱毛(AGA)の女性版ということで、頭に「Female」をつけて女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

では、女性が男性ホルモンの影響を強く受けてしまうのはなぜでしょうか?実は女性でも血中には少量の男性ホルモンであるテストステロンが流れています。

髪を育てるエストロゲンとの比率が若い女性では1:20と通常は圧倒的に低く、女性の毛量を保ってくれています。

ところが、更年期に入ったり、若くてもストレスや生活習慣の乱れ・無理なダイエットなどで女性ホルモンが減り、逆にテストステロンの量が徐々に増えてしまいます。

その結果、下にあげた順序で男性型の抜け毛や薄毛が発生することになるのです。

1)血液中の男性ホルモン・テストステロンが酵母の働きでDHTという物質に変性し毛母細胞に入り込む
2)DHTは毛母細胞の分裂を阻害し、発毛を妨げる
3)さらに毛周期も乱し、成長する途中で髪が抜けてしまう

女性の薄毛・びまん性脱毛症を知る

image04
引用元:http://www.skincare-univ.com/article/005412/
男性ホルモン・テストステロンの影響を受けてのFAGAですが、実際に薄毛になるメカニズムはやはり男性とは異なります。

局所的、集中的なAGAに対し、女性のFAGAは全体的に髪が細り、分け目、頭頂部からジワジワと薄くなっていきます。女性特有のこれらの症状を《びまん性脱毛症》と呼んでいます。

進行が遅いため、自分でも気づきにくく、「最近抜け毛が多いなぁ」と思ったある日、合わせ鏡で自分の頭頂を見て愕然とすることがあるかもしれません!

後から大きなショックを受ける前に予防したり、対策を立てることは可能なのでしょうか?

びまん性脱毛症の原因

原因は一つではなく、以下のような現代人ならではの生活習慣があげられます。

・加齢によるエストロゲンの減少
・出産・ピル(経口避妊薬)の服用による女性ホルモンの急増と反動
・ストレスの影響で自律神経バランスの崩れによる血行不良
・過激なダイエットによる栄養不足
・加工食品などの質の悪い油のせいで頭皮が血行不良
・脱脂力の強いシャンプーやヘアケア製品による頭皮トラブルや乾燥

予防と対策

・ストレスをなるべく避ける
・極端なダイエットはしない
・過度なヘアケアも止める
・バランスのよい食生活と適度な運動をこころがける
・育毛用シャンプー、育毛剤を利用し、洗いすぎない
・体を冷やさず、お風呂でも湯船につかり血行を促す

育毛治療のプロ・皮膚科医プロデュースの薬用育毛剤が話題に!

image10
引用元:http://www.munoage.com/ikumou/
そうはいっても、すでに薄くなってしまった髪の毛全体、特にめだつ頭頂部や分け目、一刻も早く以前の状態に近づけたいですよね。

そこで強い味方が登場しました!

頭皮美容液と薬用葦毛剤のWステップクリニック並の育毛効果を実感するセット「MUNOAGE(ミューノアージュ)」

今までお話してきた女性特有の髪の細り、全体のボリュームダウンにクリニックで治療してきた今泉明子先生とミューノアージュ化粧品との共同開発で話題のヘアケアセットです!

なぜ育毛剤に美容液がついてくるの?

image13
引用元:http://www.munoage.com/ikumou/
はい、それにはちゃんとした理由があります。いったん弱って数も減ってしまった毛母細胞へ、育毛剤を振りかけても一向に栄養は届きません。

生活習慣や加齢による体質の変化だけでなく、カラーリングやパーマなどの過酷な環境にさらされてダメージを受けた毛母細胞はまず、修復が必要です。

そこで頭皮美容液の1剤で髪の元である毛母細胞を生成し、活性化させて、丈夫になったところで薬用育毛剤の2剤でしっかりと成長を促進させるのです。

早速試してみて、早い方では数日、平均でも2週間程度でうれしい実感のお声を頂いています。

良さそうだけど、どんな成分が入ってるの?

1剤の頭皮美容液、2剤の薬用育毛剤はそれぞれに有効成分がたっぷりと配合されています。
image15
引用元:http://www.munoage.com/ikumou/
1剤~頭皮美容液~オクタペプチド-2と5つの育毛有効成分

・毛母細胞の生成をサポートするオクタペプチド-2
・保湿成分のヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス
・抗炎症成分のシソ葉エキス

2剤~薬用育毛剤~5種類の育毛有効成分
・グリチルリチン酸ジカリウム
・センブリエキス
・酢酸DL-α-トコフェロール
・ピロクトンオラミン
・パントテニルエチルエーテル

その他保湿成分
・ニンジンエキス
・カキタンニンエキス

その他抗炎症成分
・イチョウエキス

さらにこだわり!肌と頭皮にやさしい6つの無添加

・無香料
・無着色
・アルコール無添加
・無鉱物油
・石油系界面活性剤
・パラベン(防腐剤)不使用

結局は頭皮もお顔と同じようにケアすることが大事だった!

image11
引用元:http://www.atama-bijin.jp/hair_care/basis/beauty_hair/
さて、ここまで見てきてわかってきたことがありますね。結局頭皮のお手入れにしても余分なものは排除して必要なものをたっぷりと与えてやる、まさにスキンケアと同じなんですね。

どうしてもお顔やボディに比べて過酷な扱いを受ける頭皮。頭皮のケアで愛情を注いであげることが大切です。朝晩2回の簡単使用で、みなさんにも確かな手応えを感じていただけますように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします