Love

一生幸せでいたいから。後悔しない結婚相手の選び方マニュアル

Love
二十歳を超えると「まだ結婚しないの?」と徐々に言われ始めます。周りは結婚していくけど、「どうして結婚したの?」と思ってしまうようなカップルも多くて夢を見れなくなってしまいがち。今回は一生幸せでいる為に後悔しない結婚相手の選び方をご紹介します。

一生の事だから妥協したくない、って悪い事なの?

image11
引用元:http://koi-lover.com/boyfriend/
周りから結婚を急かされるようになってうんざり…近年そういう女性が急増している事をご存知ですか?良い縁がなかったり、仕事が充実していたり、結婚に夢を見れなくなるような夫婦が多かったりと、理由は様々です。

一生の事ですから、結婚するなら幸せになれる相手を選びたいというのは当たり前な事です。おかしい事でもなんでもありません。

現実的ではない理想を持って婚活している人もいますが、そういった女性ばかりではありません。

結婚するからには離婚は避けたいですし、結婚相手を間違えたり焦った勢いで結婚して一生後悔…という事もしたくないですよね。

今回は、後悔しない結婚をするための結婚相手の選び方をご紹介します。

男女共に重視している結婚相手に望む条件

image12
引用元:https://mamapress.jp/magazine/happy%E2%88%92marriage
幸せな家庭を作るには、やはり「ベース」が重要です。最低限あって欲しいものが欠けていれば、それをフォローする事も難しいですしそこから大きな溝を作りかねません。

それでは、幸せな夫婦生活を送るために男女共に求めている結婚相手への条件とはどういったものなのでしょうか?

・生理的に受け付けない見た目をしていない
・服にお金をかけすぎていない
・仕事や家事への意欲
・言いたい事を言える関係である
・趣味や共通点
・お金の使い方に対する価値観
・価値観に対する理解が双方にある

基本的に金銭感覚や価値観を重視している人が多く、見た目や部屋の清潔度などは≪どうにかなる≫とあまり重要視されていない傾向にあります。

相手に何かを求めるというよりは、≪双方にとって居心地の良い環境を作る≫という点に重きを置いている人が多いようです。

後悔しないための結婚相手の選び方

image13
引用元:http://slism.net/love/common-hobby.html
結婚するという事は、生涯≪共に支え合い、助け合いながら共同生活をする≫という事。自分が生きていく上での生活のベースになります。そこを妥協してしまうと、一生涯を誓った相手でも後悔してしまうかもしれません。

そこで、幸せな夫婦生活を送っている女性がどのような基準で結婚相手を選んだのかをご紹介していきます。

・お互い「好き」という感情がしっかりある
・一緒にいて心が安らぐ
・焦りではなく自分が結婚したいと思っている
・自分の味方でいてくれる
・お金より愛
・同じような生き方をしている
・価値観が同じ・価値観に理解がある
・お金の管理がしっかりできている
・長く一緒にいても平気かどうか
・ありがとうとごめんなさいが言えるかどうか
・体の相性が良い

やはり、愛情というのは一番大きいです。「好き」という気持ちはいつか消えてなくなってしまうかもしれませんが、それでも好きな人と結婚するかそうでないかでは大きな差が発生します。

焦りや周りの目を気にして、そんなに好きでもない相手と結婚をした事で、結婚後に相手に嫌悪感を感じるケースが非常に多いのです。そうならない為にも、愛情があるかどうかは重要です。

一緒にいて居心地が良いか、長時間一緒にいて精神的に大丈夫かなども重要視されており、意外と多かったのが「自分の味方をしてくれるかどうか」。嫁ぐという事は、他人と家族になるという事です。

義家族は自分の事を昔から知っているわけではないので、自分の本当の家族のように味方になってはくれません。

結婚後に義家族といざこざが発生した時に、唯一味方の旦那さんまで義家族の味方になってしまっては心に深い傷を負ってしまいます。自分の味方でいてくれる、というのは意外と大きいのかもしれません。

結婚の≪決め手≫は存在するの?

image08
引用元:http://koi-lover.com/marriage/
男性は結婚を決意する時≪腹を括る≫と言いますが、決め手というものは存在するのでしょうか?また、その決め手の瞬間というものは一体どのようなものなのでしょうか?

幸せな夫婦生活を送っている男女の多くが、≪結婚の決め手があった≫と回答しています。基本的に結婚の決め手というのは≪タイミングと双方の結婚に対する願望の一致≫が起きた時に感じる事が多く、そのタイミングというのは様々です。

タイミングというのは一種の運命のようなもので、≪落ち着きたいとちょうど思っていた時に出会った≫という人や≪結婚を考え始めた時に子どもができた≫などの偶然が引き起こすものが多い傾向にあります。

≪結婚は縁≫と言われる理由はこういったところにあるのかもしれませんね。

結婚相手に顔などの見た目って重要?

image15
引用元:http://coemi.jp/uranai/1515/
結婚するにあたって、容姿は重要なのでしょうか?妥協して後悔しないか心配な女性も多いかと思います。世の幸せな奥様達は見た目についてどういった価値観を持っていたのか知りたいですよね。

見た目を重視すべきなのか?という質問の答えは、ずばり≪NO≫です。意外な事に、≪結婚相手を選ぶ時に妥協したことランキング≫の女性の1位は≪見た目≫なんです!

見た目よりも中身を重視する女性ってとても多いんです。ですが、あまりにも好みでない人と結婚をして後悔した…という声もあるので、≪重視はしないけれどほどほど≫くらいがちょうどいいのかもしれません。

男性の≪結婚相手を選ぶ時に妥協したことランキングの≫の中での≪見た目≫は結構下位だったので、男性は割と≪最低限≫の枠がしっかり決まっている傾向があります。見た目にはある程度気を使った方が良いようです。

結婚相手に対して幻滅・後悔する瞬間とは

image10
引用元:http://shirukatsu.com/work/regret-due-to-quitting-job-after-marriage.html
結婚後の後悔は、結婚した人にしかわからない問題。想像しようにも、具体的な想像ができませんよね。

結婚相手選びに失敗すると後悔する、とよく聞きますが≪後悔する瞬間≫とは一体どのような瞬間なのでしょうか?

・焦って結婚したせいで相手をよく知らない事に気付いた時
・結婚前には見せなかった本性を知った時
・自分よりも幸せそうな家族を目にした時
・自分の自由がない事に気付いた時
・パートナーや家族から相手にされない時
・家事・育児に協力的でない時

女性は特に≪結婚したい!≫という気持ちが先行しがち。歳をとるにつれてどんどん不安になってきますよね。

しかし、焦って結婚しても仕方ありません。焦って結婚した事で大きな後悔が生まれ、バツがついてしまう可能性も多いにあるのです。

相手をよく知らないまま結婚してしまうと、「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうケースが非常に多いのだそうです。

自分よりも幸せそうな家庭を見た時に後悔する事も屡々。結婚生活に不満を抱いていると尚更感じやすいものです。

その後悔は徐々に、独身でバリバリ働いている友人や見た目が若々しく日々充実している独身の友人が羨ましいという気持ちに変わっていきます。 そして「独身の時に劣等感を感じて焦って結婚しなければよかった」と感じてしまったら夫婦関係も益々上手くいかなくなってしまいます。「こんなはずじゃ…」と後悔する前に、しっかり相手を選ぶことが自分にとっての幸せにつながります。

まとめ

image09
引用元:http://www.madameriri.com/
いかがでしたか?結婚相手を選ぶにあたって、妥協は大事でも≪程ほどの妥協≫である事が後悔しない結婚に繫がることがわかりました。

自分の気持ちを大事にして、焦らない事が重要です。何事も焦れば焦るほど良い結果には繫がらない、とよく耳にしますが結婚も同様なのですね。

独身時代がよかった…と思ってしまっては悪循環です。高望みはせず、≪自分にとって心地よい環境を作れる≫という点を重要視していけば、幸せな結婚は誰にでもできるはず。

結婚は一生の事ですし、なるべく一生に一度の経験でありたいですよね。結婚後、後悔しないように、自分の気持ちを大事にして素敵なパートナーを見つけてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の最新情報をお届けします